• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

中国版「ゆとり世代」の学級崩壊動画がネットに流出=金持ち子息の脳天気な学校ライフ

2009年05月14日

あきれた授業風景がネット流出!隠れてチャット女子高生VS教師の動画に賛否―中国(Record China)

ちょっと気になったので元動画を捜してみました。

90后课堂实境实拍_下端警戒天狗_新浪播客

 レコードチャイナの記事には、「情けない」「クズ生徒ばかり」「授業中にチャットする生徒と動画撮影する生徒、寝ている生徒、注意しない教師。これが授業なのか?」というネットユーザーのコメントが紹介されていますが、確かに見事なまでの学級崩壊ぶり。明らかに不自然な体勢でチャットしていたので、教師もきっと問題には気がついていたのでしょう。こういうクラスで授業をしなければならない先生って本当に大変だと同情してしまいます。

 タイトルにつけられている「90後」とは90年代生まれの世代を指す言葉ですが、責任感がなく甘ったれた世代とも見なされています。日本でいうところの「ゆとり世代」的なレッテルでしょうか。まあただ名門学校ともなればむちゃくちゃハードに勉強する優秀な学生が多いですから、世代の問題というよりも中国が豊かになって、こうしたダメ学校が登場するようになっただけという見方が正しいように思います。

 ところで笑いものにされた女生徒ですが、使っているのはモバイルノートパソコン。これにデータ通信カードを挿しているという、なかなかのお金持ちぶり。動画も結構鮮明でかなりいい携帯電話なんでしょう。まだまだ貧しい人が多い中国で、この脳天気な生徒たちを見ているとちょっと許し難い気持ちになります。

バービー人形は文化侵略?まだまだ慣れない外国文化

2009年05月13日

 BBCの中国語ポッドキャストで面白い話があったのでご紹介。

 5月4日の放送でタイトルは「中国の子どもたちへバービー・ドリームを売る」。上海にバービー販売の旗艦店ができたというネタ(全部ではないですが、一部文字起こしされたものがこちら

 バービーの旗艦店開設、ついでにディズニーが2歳から12歳向けの英語スクールを開設したというニュースがセットで紹介されており、中国の子どもたちに早い段階で愛着を植え付けることで将来のビジネスにしようとしているとの戦略が紹介されている。

 女性問題の研究者からは、バービーは誕生当時からアメリカで問題視されていた。つまりナイスバディのブロンドバカ女的なイメージが理想化されるのはいかがなものかという批判であり、中国でも同様の問題が心配されるというもの。そこまで心配しなくてもいいだろ、という別の研究者の反論もセットで紹介されていた。


 考えすぎの一言で終わりそうなネタではあるが、、中国ではこうした「西洋の文化侵略」がたびたび話題となっている。昨年の北京五輪の際には、雑誌「プレイボーイ」が解禁されるのかどうかが話題になった。

 考えてみれば、中国は経済・社会の激変のさなかにあるが、その多くは「欧米化」と理解されており、その反発も根強い。核家族化、雇用環境の変化、性の低年齢化などなど全部ひっくるめて「欧米化」のレッテルが貼られるケースも少なくない。

 その反動で儒教ブームや唐服ブームが起きたりもするのだろう。ただ考えてみれば、自分が子どものころは下着モデルが金髪の外国人女性だったりと、日本でもそうした問題はより先鋭的だったように覚えている。日本も外国コンプレックスはいまだに強烈だったりするが、あまり意識されなくなってきているように思える。また「カワイイ大使」に象徴されるように、日本文化とかいってもすぐに江戸時代なり、伝統に飛びつくような短絡思考はなくなってきている。

 中国でも幼い時からこうした外国文化を普通に享受している世代がおっさん、おばさんになるころには、日本同様、「外国」に対する過剰な意識は消えるのではないかとは思う。ただ昨年の北京五輪開会式をはじめ、強烈にアピールされる「中国文化への反動」を見せられるたびに、まだまだ長い道程が必要だなと痛感させられる。

新車販売世界一、留学生強制隔離、誘拐組織大量摘発……―ニュースピックアップ

2009年05月12日

中国需要回復も、薄い恩恵:日経ビジネスオンライン
 中国は景気回復の光が見えてきたと伝えられるも、進出した日系メーカーの業績は芳しくないという話。「(日系メーカーが求められていたのは)先進国水準の機能や品質であって、今、中国の内需刺激策で盛り上がっている市場とは異なる」と総括しているが、本当に景気は底入れしたのか?中国メーカーはどうなのかという点が気になるところ。

中国、4月の新車販売115万台 4カ月連続「世界一」  asahi.com
 3月に続き過去最高を更新。小型車減税が効いているとのことです。

“逆デカップリング”に苦しむアジア:日経ビジネスオンライン
 なぜ金融危機の震源地・米国より、日本をはじめとするアジア諸国のほうが経済の落ち込みが激しいのか、という問題について。たんに米国の需要が下がっただけでは説明できず、在庫調整と設備投資減速が響いたという仮設になっている。

新型インフル、症状ないカナダ人留学生を強制隔離 中国  asahi.com
 メキシコ政府が「中国政府のやり方は差別的」と怒った報道もありましたが、このニュースを見ると今、中国で外国人がどのように扱われているか想像がつきます。近いうちに中国に行く予定でしたが、日本で新型インフルエンザの感染者が出た今、発熱していなくても隔離される可能性があると思うと、ちょっと行く気になれません。

中国など豚肉禁輸、米国・カナダ・メキシコがWTO提訴も(読売新聞)
 国内では風評被害が心配といっていながら、輸入は禁止というのは「豚肉が危ない」というのを政府自ら認めているようなものですが。。。

<四川大地震>一人っ子を失った女性1641人、妊娠許され再び母親に―四川省(Record China)
 四川大地震被災地の多くは発展の遅れた地域。子どもは老後の支えでもあり、心理的な問題のみならず、経済的にも大きな打撃です。

中国、人身売買目的の誘拐組織を大量摘発…女性、子供を保護 - MSN産経ニュース
「今回、公安省は全国規模で専門のプロジェクトチームを作り、各地の警察をまとめて統一行動を取ったため、大きな成果につながったという」とのこと。中国だと「**取り締まりキャンペーン」とかをやった後、大々的にプレスリリースを逃すわけですが、今回の「大量摘発」もそのたぐい。結局、氷山の一角でまだまだ同様の問題は残されています。
北京春秋 空母「毛沢東」!? - MSN産経ニュース
 

私は「毛主席の小戦士」だった―書評

2009年05月11日

私は「毛主席の小戦士」だった―ある中国人哲学者の告白私は「毛主席の小戦士」だった―ある中国人哲学者の告白
(2006/10)
石 平

商品詳細を見る

 中国の愛国主義教育、反日感情についての執筆活動を続ける評論家・石平氏の著作。

 同氏の本を読むのは『中国「愛国攘夷」の病理―吹き荒れる電脳ナショナリズム』以来。というのも『数字が証す中国の知られざる正体―「21世紀は中国の世紀」のウソを暴く』とか、『 「日中友好」は日本を滅ぼす!――歴史が教える「脱・中国」の法則』とか、おどろおどろしいタイトルを見るだけで、なにかげんなりしてしまう。

 中国本は「売らんかな」という気持ちが先走りすぎて、扇情的すぎるタイトルをつけているものが多いが、逆にそれで引いてしまう人もいるのではないかと思う。最近だと『China Price』が『中国貧困絶望工場』という邦題をあてられていたが、いい本なのにタイトル見ただけで「そんなの読んでいるの?」と眉をひそめられたこともあった。

 そういう意味では本作はてらいのないタイトルだが、それだけに手に取りやすいかも。図書館で目についたため、なんとなく借りてしまった。

 すると、石平氏が語る自らの体験はなかなか興味深いもの。文革期にあたる少年時代、学校で徹底的に毛沢東を崇拝するよう教育を受けたこと、授業をする女性教師が毛沢東の素晴らしさを語りながら涙ぐんでいたことなどが語られ、そこから民主化運動への参画と挫折しての日本留学と体験が語られていく。

 ほかにも、愛国主義教育にどっぷりつかった甥から、日本で稼いだ金は受け取れない、と小遣いを突き返され、中国の反日感情問題を告発することを決意したこと。漢方医だった祖父に論語を学んだエピソードは印象的。当時、封建思想の代表である儒教を学ぶことはきわめて危険な行為だった。そのため祖父は書き取りさせたノートを焼いていたという。その後、日本に留学後、多くの論語関連の本を目にし、中国が失った文化が日本に残っていることに感動して「親日派」となったのだという。

 本書ではそれ以外にも石平氏が他の著作でも説いている中国の愛国主義教育、反日感情の問題についても触れているのだが、そこには少し違和感がある。というのは石平氏の描く「ウルトラナショナリズム」に毒された中国人は、みな心の底から日本を憎悪しいきりたっている姿で描かれているためだ。

 私の交友範囲はそんなに広いものではなかったが、その範囲で知っている中国人の若者の印象とは全然違うというか。日本製品好きだし、日本文化にも興味あり。日本人と友達になることも屈託がない。ただそういう彼らがなにか事件があると不買運動だーと盛り上がったり、飲み会の席で日本の悪口を言い合ってみたりと変貌する。もちろんかちこちの反日青年もいるのだろうが、そうじゃない普通の感情しか持たない人が大多数ではないかというのが私の感じたところだった。

 つまり「反日」というのは誰かとおしゃべりしたり、盛り上がったりする時に消費される格好のネタの一つでしかないというのが私の読みだ。日本の悪口は中国人ならば誰でもすぐに文脈が理解できる格好の題材なのだ。

 日本を悪くいうこと、がそこまで広まっている社会こそ反日そのものではないか、と言われたらそれまでだが、そうだとしてもそれは江沢民以降の愛国主義教育の成果というよりも、抗日戦争映画などそれ以前から続いているものではなかろうか。

日本の携帯売り込み、政府ヤクザ、大学ランキング不正操作……―ニュースピックアップ

2009年05月08日

中国の3G携帯技術、協力に合意 訪中の鳩山総務相 - asahi.com
 日本が3G携帯を売り込んでいるという話は中国メディアからばかり流されている印象があり、本当かいなと疑っていましたが、ついに朝日にも関連記事が。世界最大の携帯市場である中国と日本とのプラットフォームが共通化できれば日本メーカーの世界進出にも道が開けるだけに頑張って欲しいところです。

【中国人民VS官僚】ヤクザも真っ青、警察が賭博場から「みかじめ料」徴収 [サーチナ]
 『北斗の拳』の続編マンガ『蒼天の拳』は上海マフィアの争いをテーマにしたマンガ。協賛中国成立以前はそうしたマフィアがたくさんいたわけですが、絶滅してしまいました。そうなると、中国最大のヤクザは政府自身。警察、工商局、都市管理局がそれぞれみかじめ料的なものを徴収しているのが現状です。ちなみに改革開放以後にヤクザも復活してきましたが、やはり当局の縄張りには勝てず、すき間で商売しています。

「大学ランキング」の制作者が大学側から金銭収受?公正さに疑問高まる―中国
 中国では「~~ランキング」というのが大流行ですが、なかでも大学ランキングは人気です。複数のランキングが公表されていますが、どれも公正性に疑問がもたれている状況。ランキングを頼りにする受験生が一番かわいそうですね。

武漢で“黒い救急車”暗躍―非正規営業、患者そっちのけ [サーチナ]
 救急車は日本では無料。ですが中国ではお金を取られます。記事によると武漢市の料金は「1キロメートル当たり6.8元で、その他に救護スタッフ出動料金が1人当たり15元、応急治療費70元が加算」とのこと。タクシーよりもずっと高いだけに、闇救急車がはびこるのも納得。もっとも日本は無料のためにタクシーがわりのように救急車を使う人もいるため、有料制もありかなとは思うのですが。

中国若年層のマンション購入、建築中より完成済みに注目 [サーチナ]
 以前、人から聞いた話なのですが、中国のマンションは「最上階まで組み上がるまで販売は禁止」との決まりがあるのだとか。そのためともかくまず最上部まで枠組を作るそうです。まあ日本でも完成品を見る前に買うのは一緒ですが、手抜き工事を筆頭に中国のほうが明らかにリスクが高いわけで、完成済みが人気なのも納得です。

台湾の世論真っ二つ 日本代表「地位未確定」発言 asahi.com
 「地位未定論」は民進党の陳水扁総統が台湾独立の論拠とした話。つまり国民党と民進党の敏感な話題に触れてしまったというわけで、斎藤代表のやり口はあまりにも軽率です。何気に尾を引く事件となりそうです。

やっぱり怖い!アウェイの中国戦―サッカーACL

2009年05月07日

 5月5日、6日はACLグループリーグ第5節が開催されました。鹿島対水原三星、山東魯能対大阪と2試合も見てしまいましたが、代表戦とはまた少し違う緊張感がありますね。

 さてついに中国でのアウェイ戦とのことで気になるのはラフプレーとサポーターの問題。憲剛、天津トレーナーに蹴られた!川崎、AFCに報告へ…スポーツ報知によると、「川崎は天津のラフプレーなどに苦しみ、後半39分にはMF中村憲剛(28)が天津トレーナーに蹴られるなど試合は大荒れ」「スタジアムは一気に反日感情むき出しに。「日本鬼子(リーベングイズ=くそ日本人)」を大合唱し、ライターも投げつけた」とのことです。




 山東の試合ではサポーターのブーイングはすごかったのですが、言葉までは聞き取れませんでした。アジアカップの時は「傻逼(シャービー)」という罵り言葉がはっきりと聞き取れたので、収録スタッフが工夫したのかもしれません。山東の選手も危険なタックルやシミュレーションを連発するなどお世辞にもフェアプレーとはほど遠いようすでした。
 テレビ中継で紹介されたところでは、ACLの中国開催試合で日本クラブは勝利したことがないとのこと。6日の大阪が初めての勝利となりました。厳しすぎるアウェイも勘弁して欲しいとは思いながらも、奇妙にスリリングではあります。

米軍への妨害、サッカーで蛮行、景気底入れ?……―ニュースピックアップ

2009年05月06日

中国漁船が米軍調査船妨害 黄海、「危険行為」と批判 - MSN産経ニュース
 3月の南シナ海に続き、今度は黄海で妨害活動。「先月から今月にかけ、ほかに3回、同海域で米調査船が中国側の嫌がらせを受けるケースがあった」とのことで、やる気まんまんです。冷戦時代のように、こうしたじゃれあいのような緊張関係が続くことになりそうです。

憲剛、天津トレーナーに蹴られた!川崎、AFCに報告へ…ACL
 あの重慶アジアカップを思い出させるひどい話。今日のガンバ対山東戦を含め、Jクラブは中国での試合を3試合残しているだけに、同じか、これ以上に大変な事態になる可能性は十分。選手やファンのみなさんの安全が確保できるか、不安です。

中国経済、大型景気対策が奏効し好転:日経ビジネスオンライン
 株価と自動車販売の好調など中国経済は底を打ったとの見方が喧伝されるようになってきました。ただ相当怪しいのではないか、と。銀行の貸出額の急増などが好意的に伝えられていますが、結局は政府の干渉が強まっただけのこと。数値は上向くかもしれませんが、貸出金の毀損など将来的に必ず副作用が現れるはずです。

アニメネタだけじゃない?!カオスで楽しい中国コスプレの世界

2009年05月05日

网球王子(中国COSPLAY超级盛典三强公布 <长安幻夜>夺冠――中新网)

 浙江省杭州市で開催されていた「中国COSPLAY超级盛典(中国コスプレ超級イベント)」が無事終了。
 サーチナに日本語記事がでていますが、地区予選を勝ち抜いた32チームが参加。賞金総額7万元(約100万円)が与えられたそうで。

 『中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす』に詳しいですが、中国ではコスプレが大流行。知り合いの中国人に聞いたところ、コスプレ部がある大学も少なくないのだとか。

 さて中国新聞網の記事によると、審査委員の一人にして、著名コスプレイヤー(中国語ではCOSERというそうです。縮めすぎな気がしますが…)の黄山さんは「最も注目すべきポイントは中国的要素」とコメントしたとのこと。32チーム中、半分近くが「中国的テーマ」を採用したそうです。

 こちらが盛龍組の優勝チーム・合肥徽動漫社による「長安幻夜」。ファンタジー解釈の唐代の世界を衣装と踊りで表現しています。
 
 

ソースコード強制開示、新型インフルエンザ、ブラホック外しのギネス記録……―ニュースピックアップ

2009年05月04日

中国、IT技術の開示義務化を発表 来春、政府調達品で (アサヒドットコム)
 ソースコード強制開示問題。とりあえず導入を一年延期。かつ対象を政府調達品に限定とのこと。
 大きな譲歩のように見えて、「中国政府の方針変更に対し、日系企業の間では一定の評価はしつつも、中国では有力企業の多くが国有企業であることから「『政府調達』の範囲を見極める必要がある」(電機メーカーの現地法人幹部)との見方が出ている」とのことなので、来年またもやバトルになる可能性が高い。

ASCII.jp:中国ソースコード強制開示 延期になったが大丈夫?
 ソースコード強制開示問題。「中国ネチズンはこの動きを知らない」のではとの指摘。「中国国内でこの話題がまったく報じられないのが意図的なものなのか、何にしても少々気味が悪い」と警告している。
 確かにびっくりするぐらい報道がなく、政府の規制が入っているのでは疑ってしまう。グーグル中国のニュース検索をかけてもほとんど報道がない。ひっかかった中国オープンソースソフトウェア推進協会副事務局長、北京大学の袁萌教授の記事では、「中国に汚名を着せようとする小日本の悪だくみ」などと口汚く罵っているものの、ソースは「読売新聞」のみというお粗末さだった。

失われた「黄金週」

2009年05月03日

 日本はゴールデンウィークですね。最も新型インフルエンザでそれどころではない、という気分でもありますが。万一、感染者と同じ便にでも乗り合わせてしまうとどれだけ面倒なことになるのか、などと考えるととても海外に行く気になれません。

 さて5月初旬といえば中国のゴールデンウィーク。すなわち「黄金週」です。正確にいうと、「でした」と過去形にするのが正しいのですが。

 以前は5月1日のメーデーから始まる長期休暇は1週間ありましたが、2008年からは3日間(土日含む)にまで減らされています。

 中国の「黄金週」制度は1999年に導入されたもの。長期休暇導入による内需拡大を目指してのものでした。旧正月、メーデー、国慶節の年3回、法定休日3日に前後の土日を振り返ることで1週間の休みとなりました。

 中国経済が急成長した時期と重なったこともあり、中産層を中心に「黄金週」の旅行は一大ブームとなりました。しかし旅行費用があまりに高騰する、渋滞が多い、観光地に人が多すぎて楽しめない、などの弊害も明らかになっていきます。「黄金週」が終わるたびに、「旅行社の説明とは全然違った」「現地についてみたらホテルがとれてなかった」などの文句がメディアをにぎわしていました。

 また中国の伝統的な祭日を休日にするべきとの意見もあがり、2008年に法定休暇制度は大きな変更を加えられます。旧正月と国慶節には変更がありませんでしたが、メーデーの休みは3日から1日に短縮。代わりに清明節 、端午節、中秋節が1日の法定休暇となりました(直近の土日を振り替え、3連休)。

 伝統的な祭日への意識が高まる、3連休という短い休暇で近郊旅行が増えるなどの効果が期待されていましたが、まだ施行から1年半。是非を論じるのは早い段階でしょうか。

 ところで中国の法定休暇のユニークなところは土日の休みを振り替えて、連続休暇にするところ。ある意味、合理的なやり方かとは思いますが(日本のような飛び石連休よりは…)、長期休暇の前後には下手すると10日連続での仕事が入る可能性が出てきます。わたしなんかはしばらく休みがないと、仕事の効率が激減するので、ちょっと勘弁という思いでした。

 
ページのトップへ