• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

住宅バブルの化けの皮=虚偽銀行ローン問題が明るみに

2009年05月25日

 中国の住宅バブルとはなんだったのか?その一端を教えてくれる記事があったのでご紹介します。

 5月25日付の中国不動産報は近年、不動産訴訟に占める虚偽銀行ローン案件が激増していることを伝えています。

 虚偽銀行ローンとはいったいなんなのか?記事ではある典型的な事例を紹介しています。

 2003年、高さんはある不動産ディベロッパーに就職していた。同社は北京市朝陽公園付近にマンションを建設していたが、銀行から獲得した資金を社長が博打ですってしまったため、高さんにマンションを買うとの名目で銀行ローンを組むように頼みこんだ(博打の件については高さんは知らなかった)。頭金及び返済はすべて会社が負担するという話だった。
 その後、転職し同社とは無関係になっていた高さんだが、2008年6月、銀行から電話がかかってきた。住宅ローンの返済が6か月も滞っているというではないか。慌てて調べてみると、不動産会社の社長は2008年初頭に逮捕されており、マンションも完成前に建設が中止されていた。

 中国不動産報によると、高さんの事件は「きわめて典型的な事件」であるとのこと。別に社長が博打で金をすったのが典型的なわけではなく、不動産ディベロッパーが人の名前を借りて銀行ローンを組むのが一般的だったというお話。

 なぜそういうことをするのかといえば、
・とりあえずの資金獲得
・値段のつり上げ(その後、中古住宅として販売)
・人気のある物件のように見せかける
 といった狙いのため。

 人の名義でローンを組んで返済はどうするのか気になるところですが、住宅価格が右肩上がりの状態ならばどんな形で借金してもそれ以上のリターンを生み出せるので問題なしだったわけです。高さんのケースにしても問題となったのは2008年と住宅価格に問題が発生してからのことですし。

 似たような話は中国にいくらでもあります。1つ例を挙げると、創業者が株価操作疑惑で逮捕された大手家電販売店・国美電器。ある報道によると、同社の収益源は決して家電販売ではなかったといいます。実際には流通を握っているという巨大な権力を生かし、家電の販売からメーカーへの支払いに数か月の時間差を設定、そこで手にした資金を投資することで莫大な利益をあげていたもよう。家電販売ではなく、投資が本業だったと批判されています。

 日本でもバブル期には企業の多くは投資に精を出し、本業なんてどうでもいいぐらいの利益をあげていたわけで、その意味では近年の中国は間違いなくバブルそのものであったと言えるのではないでしょうか。右肩上がりの成長が止まれば、こうしたモデルは崩壊するしかないわけですが、虚偽銀行ローン問題が浮上してきたのはそのシグナルの1つでしょう。

噂の「盗撮携帯」は実は超高性能マシーンだった

2009年05月23日

 サーチナに超強力“盗撮”機能付き携帯、人気に懸念の声という記事が。

 中国で、「史上最も邪悪な携帯電話」が話題になっている。無線で100メートル離れた場所から4つの動画信号の受信が可能。撮影用のカメラは電池の形状をしており、レンズは針の穴大だ。「盗撮用にどうぞ」と言わんばかりだとの批判の声も多い。

 とのこと。

 で、どんなものなのかとググってみたら、想像を上回る性能にのけぞった。販売しているネットショップ(写真あり)によると、

・12か国語、繁体字中国語対応
・無線分離式高画質300万画素カメラ
・モバイルQQ(チャットソフト)、JAVA、インターネットTV、ブルートゥース、FMラジオ
・TVの録画予約
・TVへの外部出力
・無線カメラの受信機能
・音楽や動画の市長も可能。
・ネットもできる
・USBメモリが挿せる、みたい
 とかとか。

 記事では電池と誤解を招く表現ですが実際にはバッテリー型のカメラが付属。放り出したように見せかけての盗撮が可能。また2.4GHz帯の無線カメラならば使うことができ、カメラ4台の画像を同時に受信可能とうたっています。

 これが「盗撮機能」と取り上げられたわけですが、ネットTVや通常のTVが見られたり、逆に携帯の動画をTVに写したりとやたら機能が充実。ともかくいろんな機能がてんこもりとなっています。

 これで気になるお値段はたったの898元(約1万2400円)。安すぎます。「本当に動くのか」とか「壊れやすいんじゃ」とかいろいろ気になるところはありますが、スペックを眺めていると、もうiPhone買ってる場合じゃない!とか盛り上がってしまいますね?!

ACLグループリーグ総括=中国クラブの異常な「内弁慶」力が明らかに

2009年05月22日

5月20日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグが終了しました。今年から制度改革が実施され、日中韓はそれぞれ4チームずつの参加。すべてのグループリーグで東アジア3か国対抗戦が行われるという楽しい事態に。以前にも途中経過をお知らせしましたが、グループリーグ終了時点で興味深い結果が得られたのでご報告します。

 日中韓のみの対戦成績を抜き出すと下表のとおりに。

1位・日本   9勝3敗4分
 対中国   4勝1敗3分
   ホーム  3勝0敗1分
   アウェイ 1勝1敗2分
 対韓国    5勝2敗1分
   ホーム  3勝1敗0分
   アウェイ 2勝1敗1分

2位・韓国   7勝7敗2分
 対日本    2勝5敗1分
  ホーム   1勝2敗1分
  アウェイ  1勝3敗0分
 対中国    5勝2敗1分
  ホーム   4勝0敗0分
  アウェイ  1勝2敗1分

3位 中国   3勝9敗4分
 対日本    1勝4敗3分
  ホーム   1勝1敗2分
  アウェイ  0勝3敗1分
 対韓国    2勝5敗1分
  ホーム   2勝1敗1分
  アウェイ  0勝4敗0分

インテル退団のルイス・フィーゴ、中国リーグへ移籍か?!

2009年05月21日

 5月16日、世界的なサッカー選手であるルイス・フィーゴが引退を表明しました。ジダンらとともに「銀河系軍団」レアル・マドリーの黄金期を支え、2001年にはFIFA最優秀選手賞を受賞した、サッカー史に残る名選手です。

 注目は現役引退ではなく、「最高の形で(キャリアを)終える。もう高いレベルではプレーしない」とコメントしていること。欧州以外への移籍に含みを持たせています。

 中国では「フィーゴが来るかも!」とちょっとした騒ぎに。それというのも中国スポーツ紙の取材に答え、フィーゴが「欧州以外からのオファーを待っている。アメリカや日本、それに中国スーパーリーグのすべてのクラブからのね。6月からオファーを受け付けることになるだろう。私は本気だ。それというのもまだユニフォームに未練があり、サッカーから離れられないからだ」とコメントしたためです。

 早くも気の早いメディアは江蘇、天津、山東などのチーム名を挙げて報道しています。ネックは400万ユーロ(約5億2000万円)もの年俸。中国スーパーリーグでは1チームの総年俸に匹敵する金額とのこと。いくらかは安くなるとしても金銭的なハードルが高すぎるため、実現は難しいとの見方が強いようです。

 一方で、一部中国人サッカーファンは来ない方がいいと意見しているとか。「中国スーパーリーグは荒っぽすぎるから足が折られてしまう」「来ない方がいい。一代の英雄が壊されてしまう」というネット掲示板の書き込みが紹介されています。

中国最強検索サイト・百度に異変、背後にはグーグルの足音が

2009年05月20日

 中国最強の検索サイト・百度に異変が起きています。今月、新評価制度導入をめぐりストライキを決行、新評価制度撤回の可能性が高まりました。グーグルやYahoo!の海外勢、網易や新浪網の中国勢を寄せ付けない圧倒的な実力を誇っていた同社に何が起きたのでしょうか?

 問題がよくまとまっている記事が百度面臨長大后的煩悩(成長後の苦しみに直面した百度(第一財経日報)。同記事を参照して百度の現状について紹介したいと思います。

 まずはストライキについて。このたび百度は成果報酬の度合いをより高めた新評価制度導入を決めたところ、従業員の激しい反発を呼びました。広州市、深セン市など華南地区の従業員200人がストライキを決行。従業員らは「新評価制度は目標が過大であり、人によっては給与が半減する」「形を変えたリストラ」と批判しています。現在、ストライキは終結し新評価制度については話し合いが継続されているもようですが、撤回される公算が高いとのこと。

 ではなぜ、実質的には給与削減の新評価制度を導入する必要があったかという点ですが、百度は2008年第4四半期に営業収入が初のマイナス成長、2009年第1四半期もマイナス10%という落ち込みを見せています。

 金融危機の影響もありますが、大きく影響したのが昨年11月の事件。中国中央電視台(CCTV)は、百度のキーワード広告で表示される企業の多くが怪しげな薬を売るウェブ商店などの広告で占められていると報道、大きな話題を呼びました。これを受け、一部広告を削除したことが収入減につながったもようです。

 また昨年9月には検索結果の不正操作疑惑も報じられ、ネットユーザーの信頼に大きな傷をつけることとなりました。さらに中国市場では百度に水を空けられていたグーグルが猛追、今年第1四半期には初めて市場シェア30%を突破しています。百度のシェアは59%とまだまだ圧倒的ですが、今後は差を詰められる可能性が高いと予測されています。

 今までやることなすことすべてが順調だった百度が初めて直面した苦境です。ただ自分はグーグルを使う機会のほうが多いですが、百度の斬新なサービスがグーグル中国の機能を豊富にしてきたのは事実。そういうわけで、リストラだけではなく、これまでそうだったように面白そうなサービスを乱発してネット界を盛り上げて欲しいところです。

確信犯?!の大誤報、華原朋美がAV撮影

2009年05月19日

 中国語のニュースサイトを眺めていたところ、なんとも不思議なニュースが。

 華原朋美下海毀身價 露毛寫真出版商只願出700萬(AV撮影で身を持ち崩した華原朋美、ヘアヌード写真のギャラもわずか700万台湾ドル) NOWnews(

 記事内容ですが、ある出版社が華原朋美にヘアヌード写真集出版を持ちかけたところ、当初のギャラは2260万台湾ドル(6580万円)を予定していたが、AVを撮影していたため700万台湾ドル(約2040万円)にまで下げられたとのこと。

 AVはすでに撮影済みでタイミングを図って販売するとのこと。華原朋美は撮影時に大胆な演技ができないことを恐れ、薬を飲んで撮影に臨んだため順調に撮影は進んだとの見てきたようなエピソードまで書かれています。

 ついでに元モーニング娘。の後藤真希がGカップのナイスバディのため、ギャラ1750万台湾ドル(約5090万円)でヘアヌードのオファーがあったとの話も付け加えられています。

 芸能ニュースにうといのですが、華原朋美ほどのビッグネームがAV出演となれば日本でも報道があるはず。とすると誤報の可能性が高いように思います。

 中国語のグーグルニュースで「華原朋美」と検索したところ、同様の記事は18件。一番古いものは4月29日の南都都市報でした。ただしギャラの話などはなく同紙が発端かは分かりません。

 ともあれ、中国語圏での意外な朋ちゃん人気に驚きです。日本語のグーグルニュースでも「華原朋美」と検索すると出てくるのはほとんど中国語の記事。日本で今、話題にならないなかで、なぜか中国語圏での(ちょっとした)ホットニュースです。

炭鉱で鍛えた強靱なボディ!「ミャオの拳王」熊朝忠選手が内藤大助選手に挑戦

2009年05月18日

 5月26日、上海市でWBC世界フライ級タイトルマッチ、内藤大助選手対熊朝忠選手の試合が行われます。偉大なチャンピオン・ポンサクレックを破り世界王者として一躍スターダムにのし上がった内藤選手。対するはほとんど情報がない中国の未知の強豪。「(155センチという低身長に)打つところがない」とか、「(高地で育ったため)体力は驚異的。長引けば危ないため早期決着狙う」といった情報が伝えられています。もちろんアウェー・上海開催というのも内藤選手にとっては不安要素でしょう。

 中国??拳?第一人出炉 ?山拉煤?得好身板(中国プロボクシングの第一人者が出撃、炭鉱で鍛えた見事なボディ)では、「未知の強豪」熊朝忠選手の経歴が紹介されています。

 熊選手は1982年、雲南省出身の26歳。少数民族・ミャオ族の生まれです。貧しい家庭に生まれた熊選手はなかなか仕事を見つけることができず、炭鉱で石炭を運ぶ仕事についていたとのこと。そのため155センチの小さな体にもかかわらず、見るものを驚かせるような筋肉の塊へと成長したそうです。

 3年前から昆明でボクシングを学びはじめ、2008年にはWBCアジア王座のベルトを獲得しています。戦績は12勝(8KO)1敗1分。「小タイソン」「ミャオの拳王」との異名をとるそうです。現在、熊選手は世界14位にランク。3大団体(WBC、WBA、IBF)の世界戦に中国人が参加するのは初めてとのこと。

 中国の動画サイトでは熊選手がベルトを獲得した試合の映像(上の動画は大会の説明、下の動画は熊選手の試合)を見ることができます。1R末にワンパンチでKO勝利を納めています。

 とはいえ映像を見る限り内藤選手との実力差は圧倒的。そもそも無理なマッチメークという気もしますが、中国の巨大市場開拓を狙う世界ボクシング評議会(WBC)が試合を持ちかけたと伝えられています。もっとも内藤選手もランク1位との指名試合を回避することで防衛記録を伸ばす絶好のチャンスであり、悪い条件ではないのかもしれません。

 ただし油断は禁物。熊選手と同じ大会で夏玉欽選手と日本の畠野幸雄選手と対戦、ダウンを奪われ大流血したにもかかわらず、「大波乱」の判定勝利を納めています。日本人との対戦ということで会場もヒートアップするでしょうし、何が起こるかわからないという意味でも大注目の一戦です。

巨大Tバック、財政収入急減、鉄鋼業の生産過剰……―ニュースピックアップ

2009年05月17日

唐双宁:慎言经济“已经回暖”(唐双寧:「経済が「すでに回復した」と言うにはまだ早い」
 1・銀行の不良資産問題、2・今後のインフレ問題、3・財政赤字問題を見極める必要があるとのこと。特に今年1~4月の財政収入は前年同期比マイナス8.3%と減少しているのに対し、支出は34%と激増していることに警鐘を鳴らしています。

<中華経済>1-4月の財政収入13%減、支出は23%増、困難続く―中国(Record China)
 同じく財政問題。こちらの記事のほうが収入減少の幅が大きくなっています。

中国:主要都市の住宅販売価格が5ヶ月連続で下落 サーチナ

中国工業部が鉄の生産抑制を指示 サーチナ
 過剰投資で鉄製品価格が続落しているようです。「現在中国の製鉄業が、質の伴わない鉄鋼の供給過剰と鉄鉱石の輸入の急増により経営上の大きなリスク抱えていることが指摘された」とのこと。かなり無謀なチキンレース状態に突入しています。

そそりたつ巨大Tバック!「性」のテーマパーク、低俗すぎると話題騒然―重慶市
 <続報>「性」のテーマパーク、低俗批判で取り壊しが決定―重慶市
 中国のニュース(動画)
 写真のインパクトが強烈。舞台となった洋人街はファンシーな街並みやキッチュなモニュメントで有名。ほかにも「パリを再現した街」などテーマパーク的都市開発はありますが、洋人街ほど突き抜けている場所はないのではないでしょうか。

映画「南京!南京!」予告編、楽々中国語の開発中止―ニュースピックアップ

2009年05月15日


 南京大虐殺を題材にした話題の映画「南京!南京!」のトレイラー。

オムロンソフトと高電社 中・韓文書作成ソフトで協業 [サーチナ]
 業界大激震、ですね。私は入力は谷歌拼音输入法(グーグルピンイン入力法)を使っていますが、チャイニーズライターもインストール、辞書引きに使っています。競争がなくなるとソフトの進化が止まりそうなだけに残念。

【韓国の検索ワード】饅頭に洗剤混入、中国のずさんな食品安全管理 [サーチナ]
 蘭州市内で販売されているマントウ(具なし肉まんみたいなもの)について抜き取り検査を行ったところ、22%から粉洗剤の成分が検出された。発酵させる際に重曹の代わりに用いたものらしい。激安食品を実現するためには、こうした健康被害も顧みない「企業努力」が必要なようで。。。

中国経済の怪しげな回復=需要低迷は変わらず

2009年05月15日

 米国をはじめ各国で株価が反転基調となり景気回復の期待が高まっていますが、なかでも中国はその牽引車としての活躍を期待されている存在。ただし以前から本ブログでも主張しているとおり、その回復には危うさが見え隠れしています。

物价降幅为何有所加深_新华网(物価下落はなぜ加速しているのか 新華社)
 4月の消費者物価指数(CPI)が前月比0.3ポイント減のマイナス1.5%、生産者物価指数(PPI)が0.6ポイント減のマイナス6.6%とデフレ基調が鮮明になっています。比較対象の昨年が激しいインフレが続いていた反動との見方もありますが、足元の需要が厳しいのは事実。

 頼みの外需も厳しい状態です。
中国輸出が予想以上の落ち込み、景気回復の先行きに疑問 ニューズウィーク日本版中国の輸出、6カ月連続減少  asahi.com

 では何が景気回復の下支えになっているのかよく分かるのが下の記事。
<中華経済>1-4月都市部固定資産投資は30%増、増加ピッチ上がる―中国(Record China)
中国:新規貸出額 4月は5918億元 [サーチナ]
 どちらも政府の介入の影響が大きく、「社会主義」の面目躍如といった感があります。特に銀行貸出は予測を上回る水準で推移してきたため、4月は引き締めるのではとの観測も上がっていましたが、相変わらずの拡大ぶり。

 ただこうした政府主導の対策が本当に景気回復につながるのか、疑問の声も。
中国、景気回復への道:量的拡大から質的向上へ 2009/05/14(木) 10:56:14 [サーチナ]
 同記事は「仮に、その刺激策がインフラの重複建設や過剰生産を生み出すことになれば、需要はあくまでも一時的なものに過ぎず、本格的な需要拡大にはつながらないばかりか、過剰生産はますます深刻になるだろう」と警鐘を鳴らしています。

 結局は需要が拡大するや否やがポイントとなります。小型車減税の効果(といわれていますが…)による自動車販売の好調や消費券といった試みも行われていますが、まだまだ不安感漂う怪しい状態が続きそうです。
ページのトップへ