• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

台風8号の被害広がる=馬英九総統への批判強まる―台湾

2009年08月11日

・村を飲み込んだ大水


・濁流に呑み込まれホテルが倒壊


2009年8月8日より台湾南部では台風8号(モーラコット)の影響により大雨が続いている。11日、台湾内政部消防署の発表によると、現時点で38人の死亡、62人の行方不明が確認されたという。

高雄県甲仙郷小林村では少なくとも村民600人が土石流の生き埋めになったとも伝えられたが、11日付香港新浪網の報道によると、村民の多くは避難していることが明らかとなった。詳細な被害は今なお把握されていないものの、最悪の事態だけは免れたもようだ。しかし住宅の浸水や倒壊、橋梁及び堤防の破損、水道の寸断など各地で大きな被害が報告されている。台湾では600人以上の犠牲者を出した1958年の水害以来の規模になると報じられている。

今回の台風被害で評価を大きく落としたのが馬英九総統だろう。当初、これほどの大雨になるとは予想されておらず、軍の出動が遅れるなど後手後手の対応にまわった。思い出されるのが2005年に米国を襲ったハリケーン・カトリーナ。当時、休暇中だったこともあり対応が遅れたジョージ・ブッシュ大統領(当時)に批判が集中し、その後の支持率低迷に大きく影響した。11日、馬総統は総統府全スタッフに所得1日分を寄付させると発表したが、こうした対応で台湾市民を納得させることができるのか、注目される。

また市民の厳しい視線は企業にも向けられているようだ。11日付台海網によると、企業から寄付金の発表がないことにネットユーザーは怒りを募らせていたという。11日、台湾プラスチックは緊急記者会見を開き、2億台湾ドル(約5億9000万円)の寄付を発表した。しかし四川大地震に対して寄付した4億台湾ドル(約11億8000万円)の半分という金額に不満を見せるネットユーザーもいる。ネットでは「わたしたちはあなたたちを注視している」との文章が出回り、「四川大地震や東南アジアの津波の救済には熱心だったが、今回の水害にはそれほどの熱意が見られない」と批判している。


人気ブログランキング   にほんブログ村 海外生活ブログへ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
クリックしていただけると更新の励みになります!!!

コメント欄を開く

ページのトップへ