• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

雑誌レイアウトそのまんま、無料の電子雑誌「中国新聞週刊」で写真も広告も楽しめる―中華iPhoneアプリ紹介

2010年08月09日

昨年10月、中国でiPhoneが正式に発売されました。あれから10カ月が過ぎ、中国系アプリもかなり充実してきました。「Kinbricks Now」でも紹介していきたいと思います。

今回は第一弾「中国新聞週刊」です。

20100807_Zhoukan_2


雑誌『中国新聞週刊』は新華社と並ぶ中国二大通信社の一つ・中国新聞社が発行する週刊誌。日本語版の『月刊中国ニュース』も発行されています。官製メディアの雑誌なんてと思う方もいるでしょう。確かにチベット暴動など第一級のメディア規制が敷かれるテーマに関しては当局の意見そのまんまということもありますが、他の問題については行政批判を繰り広げたり、民主化の必要性を主張したりと読み応えがあります。

また1冊100円程度と日本の物価からすれば安いですが、中国ではそれなりのお値段。ターゲットは新中間層なだけに、おしゃれなラグジュアリー製品や高級マンションの紹介記事も結構楽しめます。

さて、前置きが長くなりました。今回ご紹介するiPadアプリですが、なんと雑誌そのままのレイアウト。完全無料で広告も含めて(これ重要!)、雑誌が全部読めます。

アプリを起動すると、iBooksライクな選択画面に。読みたい号をタッチするだけ。

20100807_Zhoukan_1


雑誌と同じレイアウトなので、大判の写真もじっくり楽しめてしまいます。
20100807_Zhoukan_4

20100807_Zhoukan_3

20100807_Zhoukan_5

日本の雑誌ほどには凝ってないレイアウト。ただ、日本のiPad版電子書籍を読んでいると、電子書籍では凝ったデザインの必要性はあまりないのかな、と。じっくり写真を見たい時は拡大させて見ればいいだけですし、テキスト主体でもさくさく動くほうが読みやすい。

その意味では「中国新聞週刊」はかなり失格。動作が鈍く、ページをめくる際にはフリーズしているんじゃないかと疑うほどです。しおり機能があったり結構頑張っているんだけど、もう一息だったかな。

それでも中国の週刊誌を、海外にいながらにして無料で読めるというのはすばらしい(はず)!パソコンでも読めるとはいえ、雑誌読む時までは仕事机に座りたくないし!iPadで読めるというのはそれだけで幸せ。iPadで普通のウェブサイトを見たほうがもっと動作がさくさくしているという反論は受け付けません(笑)。写真と広告、大事ですよ!

(Chinanews)
*記事についての情報や間違いなど教えて頂けると大変助かります!コメント欄か、メール(21chinanews●gmail.com、●を@に変えてください)でお願いします。

<過去記事>
Kinbricks now★:世界一の電子書籍大国は中国なの?!デジタル読書を支える海賊版コンテンツ

Kinbricks now★:販売不振のiPhone、5月に続き再度値下げか=無線LAN非搭載で魅力半減―中国

Kinbricks now★:iPhoneが絶対にアンドロイドに勝てない理由=中国パワーが世界を変える

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ