• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

<フィリピンバスジャック>中国ネチズン怖い……ジャッキー・チェンのたわいもない「失言」をよってたかってバッシング

2010年08月27日



※断じてイメージです。

2010年8月23日、フィリピン・マニラ市で起きたバスジャック事件。8人が死亡する惨事となりました。

Kinbricks Now:<続報><バスジャック>フィリピン警察の不手際、不謹慎な態度に香港市民の怒りが爆発」でもお伝えしましたが、香港及び大陸市民の怒りは、あまりにも手際が悪かったフィリピン政府・警察に向けられています。

記事中には「フィリピンへのバッシングが高まる中、香港保安局の李少光局長は、市民に冷静になって欲しい、決して香港で働くフィリピン人に八つ当たりしないようにと呼びかけた」とありますが、家政婦などフィリピン人労働者が多いだけに、フィリピン人差別にまで発展するのではとの懸念もあるよう。

こうした中、「おいおい、そこまでフィリピンをバッシングするのはどうなのよ?」とTwitterで苦言を呈したのが、我らがジャッキー・チェン(アカウントはこちら)。

以下がそのTweet。

香港に戻ってきた。そしてフィリピンでの恐ろしいニュースを聞いたよ。ところで、多くの問題については、自分の国で起きないかぎり、注意を払うことはないだろう。

I come back to hk & I hear terrible news about what happened in filippines. A lot of things dont happen to your own country you don't pay attention

だけど、こうした出来事は世界中で起こっているものなんだ。そして今回は香港市民の身を襲った。今や香港中の人々がこのニュースについて話している。それは本当に悲しいことだ。

this kind of things always happen around the world. It happened to hk's people, the whole hk is talking about it. Its really sad.


もしフィリピン警察が容疑者をすぐに殺していたら、みんなは「なぜ最初に交渉しないんだ」と文句を言うだろう。そして最初に交渉していたら「なぜすぐに殺さないんだ」と文句を言う。悲しいことだ。


If they killed the guy sooner, they will say why not negotiate first? If they negotiate first, they ask why not kill the guy sooner? So sad

香港は多くの異なる人々によって作られた「Nation」だ。心配しないで!ぼくたちに憎しみはない。

HK is a nation built by a lot of different people..don't worry! We do not hate!

先日、韓国でどのようにして人々は互いに愛し合えるかを話してきたんだ。そのことをよく覚えている。ぼくたちはもうすでに多くの自然災害に苦しんできた。台風、津波、全てだ。人類は団結しなければならない。互いに殺し合ったり、憎んだりするんじゃなくてね。

I remember the day before in korea we talked about how people should love each other. We already have so many natural disasters..typhoon, tsunami, everything. Humans should be united and not kill or hate each other
要約すると、「この事件でフィリピン人を憎むことはないさ。ラブ&ピース!」といったところでしょうか。ジャッキーのピースフルなバイヴあふれるメッセージに、フィリピン大統領府報道官は「ありがとう、ジャッキー。香港の市民全員があなたの用に考え、我々に友好の手をさしのべてくれることを望む」とコメントしたそうで。(25日付鳳凰網

そんなに変なメッセージじゃないと思いますが、これがなぜか大炎上。ネットには「被害者家族にもおなじことが言えるのか。謝ってこい」「フィリピンの『親善大使』だもんな」「香港代表の資格はないし」「フィリピンに帰れ」と罵倒で埋め尽くされたとか。(26日付財富贏家

27日にはジャッキーは声明を発表。つまみぐいすると以下のとおり。
「中国人として、100%の香港人として、今回の事件を悲痛に思い、被害者遺族に同情を表します。」
「私が言いたかったことは、今回の悲劇をきっかけにフィリピン人を憎むことはないということ。」
「フィリピン警察の不手際については追求しなければなりませんでしょう。それは専門家の仕事を待ちます。」
「以前のメッセージは助手が翻訳したもので、私の意図を完全に伝え切れていなかったかもしれません。そのことによる誤解と不満に改めて謝罪いたします。」

あるメディア関係者は、
・被害者への哀悼がなかったこと
・フィリピン警察の無能を叱責しなかったこと
・バランスをとろうとしたのだろうが状況を全く理解していなかったこと
が原因だったと分析しているそうで(26日付財富贏家)。まあ、確かに不用意だったことは間違いないと思いますが、そこまでバッシングする内容かなぁ。

ジャッキーの舌禍事件といえば、「中国人はやはり管理される必要がある。そうしないと台湾や香港のように混乱してしまう」が有名。中国本土の映画協会副会長になるなど中国政府に接近していると受け止められていたこともあって、激しいバッシングに。

こちらは字面だけ見ると、今回のバスジャック問題よりもよっぽどひどいように見えるのですが、後の釈明を読むと、「西洋的自由主義は東洋にマッチするのか」という、ごくごくありふれた話題を言いたかっただけのよう。たんに脇が甘いというか、不用意にコメントしてしまうキャラなんだろうなーと思っています。

「中国人管理発言」も「バスジャック発言」もジャッキーの問題というよりは、ある問題で激発した時のネット群集心理の凄まじさを示すケースではないでしょうか。

余談ですが、今回のTweetで問題発言を指摘するならば、むしろ「HK is a nation」というくだりじゃないかと。どう考えても「香港は国だ」と訳すしかないですよね?中国憤青のみなさんはここにこそ「香港は中華人民共和国の不可分の領土であり、その防衛は核心的利益」とか、つっこんで欲しいです。



(Chinanews)
*記事についての情報や間違いなど教えて頂けると大変助かります!コメント欄か、メール(21chinanews●gmail.com、●を@に変えてください)でお願いします。

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ