• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

「官僚になったら汚職以外にすることないだろ!」汚職官僚のありえない言い訳ベスト10

2010年08月28日

2010年8月28日、シンガポール華字紙・聯合早報は記事「“不贪污当官干啥”、“不捞钱感孤独”...... 中国问题官员有十大荒唐借口」(「官僚になったら汚職以外にすることないだろ」「お金をためないと孤独だった」……中国問題官僚のありえない言い訳ベスト10)を掲載した。

IMG_5625


・文強(元重慶市司法局局長)
「昇進できなかったので、汚職した」

・張新昌(元江蘇省徐州市雎寧県水利局局長)
(部下から金銭を受け取っていたことについて)「わいろを送ってきた人はみんな、受け取って欲しいと涙を浮かべているんです。受け取らないと悪いと思いました。」

・徐晶(元北京工業大学コンピューター学院パソコンインターフェース実験室責任者)
「国家のため、人材を育てるため汚職しました(キリッ」
90万元を横領したが、うち30万元は海外留学中の娘の学費として支払っていた。

・劉松涛(元重慶市第三人民医院院長)
(130万元を収賄、多くの女性と関係を結んでいたことについて)「私を好きな女性が多すぎたのです。仕方なかった。」

・範文華(元重慶市渝中区環衛二所所長)
(範は「史上最も不運な汚職官僚」と呼ばれている。30万元を収賄しようとしたところ、罠にはまり、逆に口止め料として40万元を支払うこととなった。)「私も被害者です!」

・張暢鈺(元甘粛省慶陽市慶城県委書記)
(収賄に対する弁解として)「彼は私のオフィスに来て話し合いをした後、5万元をぽんと置いていったのです。もし追いかけて返せば、我が県の民間企業経営者の自尊心を傷つけたでしょう。それでもしプロジェクトが頓挫すれば、それこそ人民に対する罪ではないですか!」

・王根平(山西省呂梁市上水西村村支書王根平)
(話し合いを求めてきた村民に対し)「汚職しなかったとしたら、官僚になって何をするんだ?」

・彭晋鏞(元湖南省常徳市委副書記、紀委書記)
(収賄と横領で110万元もの財産を築いたことに)「他人がお金儲けしているのを見ていると……。私もお金を集めないと、孤独だと感じたのです。」

・丁仰寧(元福建省南平市政和県委書記)
(売官、買官、贈収賄の容疑で無期懲役となった。その丁が妻にした内緒話。)「(買官で)権力を大きくすれば、それだけ利益も大きなものになるんだから。」

・張二江(元湖北省天門市委書記)
(ぜいたくざんまいの女好き。出張に行くと、部下に「街できれいな子を見繕ってこい」と命じていた。その張の弁解とは)「皇帝には多くの妃がいたでしょ。私に2、3人女性がいたってどうってことないじゃない。」

中国の汚職官僚の多さは有名ですが、みんながやっているだけに罪の意識がないんでしょうか。ここですっぱ抜かれている一言に本心が見えてしまっているような……。

よく言われていることですが、やはり権力を監視するシステムが欠如していることが最大の問題でしょう。「民主化」は中国において、国民の権利要求であると同時に、社会経済的要請でもあると言えます。

しかし、一度、「赤信号みんなで渡れば怖くない」とシステムの底が抜けた状態になってしまうと、回復させるのはえらい大変でしょうね。どこから手を付けたらいいのやら。中共の偉い人に腹案はあるのでしょうか?

(Chinanews)
*記事についての情報や間違いなど教えて頂けると大変助かります!コメント欄か、メール(21chinanews●gmail.com、●を@に変えてください)でお願いします。

トラックバックURL

コメント一覧

    • 1. りえたん
    • 2010年08月30日 11:27
    • 選挙資金にしか使わないおざー先生が清廉潔白に見えますね。
      文強は死ぬ前に賀国強や汪洋の時代に彼らが何をしていたか話すべきだと思いますが。
    • 2. Chinanews
    • 2010年08月31日 01:07
    • >りえたんさん
      おっしゃるとおり、小沢一郎の悪さとか、中国人には理解できないかも(笑)
      文強の死刑は執行されてしまったそうで。薄熙来の「打黒キャンペーン」にもやりすぎるなよと釘を刺されたという話もあり、過去の問題は藪の中となりそう。残念。

コメント欄を開く

ページのトップへ