• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

政治的混乱続くマダガスカルで違法伐採が横行=98%が中国向けに輸出―COP10

2010年10月28日

先日、中国木材バブルの記事「今度は高級木材バブル!アフリカやベトナムに手を伸ばす投機マネー―中国」をご紹介したばかりですが、今度は現地側視点に立った国際NGOの報告書が発表されました。前回の記事が「木材ギャンブルでいっちょあててやるぜ」という中国人投資家の話だとするならば、今回は彼らがアフリカでどんな事態を招いているのかといった具合の記事。読むと想像以上の事態に頭を抱えます。


Madagascar / luc legay


――――――――――――――――――――――――――――――――――

2010年10月26日、中国の木材需要の高まりと現地の政治的混乱に伴い、マダガスカル共和国での違法伐採が深刻化しているとの報告書が発表された。27日、BBCが伝えた。

26日、名古屋で開催中の生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)で、報告書を発表したのは国際NGOのグローバルウィットネスと環境調査機関(EIA)。アフリカの島国・マダガスカル共和国では2009年、クーデターが発生。政権が交代したものの、なお政治的混乱が続いている。

混乱につけこみ、現地では違法伐採や野生動物の乱獲が相次いでいるという。報告書によると、従来はひそかに実施されていた違法伐採が大規模化し、今や国家森林公園まで大規模な伐採が実施されるようになった。切り出されたマホガニーなどの木材のうち98%は中国向けに輸出されるという。

マダガスカル共和国政府も木材輸出の規制を始めている。最後の輸出許可証は1年前に発行されたもの。また中国政府も昨年、海外における木材企業の行動準則を策定したが、NGOの調査では中国企業は明らかに準則を守っていない。違法伐採はたんに環境破壊をもたらすのみではない。最終的にマダガスカルが得る富は木材最終価格の1%以下にとどまっている。なお、COP10に参加している中国代表はこの件についてコメントしていない。

*上記記事はレコードチャイナの許可を得て転載したものです。


(Chinanews) Twitterアカウントはこちら
*記事についての情報や間違いなど教えて頂けると大変助かります!コメント欄か、メール(kinbricksnow●gmail.com、●を@に変えてください)でお願いします。


<過去記事>
・「日本の森林が中国人に買われていく」?!ええ話じゃないですか、ば
んばん売ったれ―「クローズアップ現代」

・<日中GDP逆転>中国成功の秘密と未来の不安―謝国忠論文(1)

・中国経済は間もなく崩壊する?!間違え続ける中国経済悲観論者はなぜ絶滅しないのか?―米誌

・お金持ち中国人が先進国を救う!ロンドン不動産市場に投資家殺到―米紙

・政府「レアアース生産量削減だっ!」中国人「じゃ、勝手に掘るよ(^。^)」―中国

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ