• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

【タイ映画評】タイの犬は演技派?!子供向けと思いきや案外アダルト『捨て犬マッカムの大冒険』

2010年12月08日

『捨て犬マッカムの大冒険 / Mid Road Gang』


20101207_Mid Road Gang
2007年公開 日本未公開


タイではとても珍しい、動物が主人公の作品。飼い主の奥さんである猫好きの夫人に捨てられてしまった犬マカーム(日本語字幕ではマッカム)が主人公となって繰り広げる、犬たちの物語。舞台は中産階級が住む新興住宅街で、ローイクラトン(ロイカトーン)の祭りなども舞台設定として出てくる。

足をけがしてびっこをひいたり二本足で立って物陰に隠れるなど犬たちの演技はなかなかなのだが、残念なことにストーリーがちょっと弱い。泣かせる部分もあるのだが、もう少し盛り上げて欲しかった。

お子様向きの内容かというと、そういうわけではないような気がする。雄犬が雌犬のお尻を追いかけるシーン等が結構あり、セリフも柔らかくはしてあるものの内容は大人の世界のものも多い。

*当記事は
タイ映画やタイに関する映画を思いのままに紹介するブログ「タイ映画つれづれなるままに」の許可を得て転載したものです。

犬たち同士の争いの場面で一方が大きな壺の中に隠れるシーンがあるが、その中から突然犬たちが飛び出してくる。何が起きたのかと思いきや、壺の中からおばさんが現れる。日本人には何が何だかわからないが、このおばさんはピー・ ポープというお化け役で有名な女優のナタニー・シッティサマーン(Nattanee Sitthisaman/ณัฐนี สิทธิสมาน)だ。つまり、壺の中にピー・ポープ(お化け)がいたから逃げだしたのだ。

アメリカから来たという設定の犬が英語とタイ語を話していたが、アテレコは本当に西洋人がやっているのがおもしろい。原題の意味は不明。





(執筆者・asianet)

*当記事はタイ映画やタイに関する映画を思いのままに紹介するブログ「タイ映画つれづれなるままに」の許可を得て転載したものです。

<過去記事>
【タイ映画評】あのオカマキックボクサーの半生をシリアスに描く=笑いなしの実録映画『ビューティフル・ボーイ』

【タイ・ニュース】「タイに渡った侍、山田長政を描いた映画『YAMADA』公開!」「赤服・黄服、予想通り国王誕生日後に活動活発化」

<本日の動画>強いぜ!速いぜ!危なすぎるぜ!!過熱するタイ映画界期待のヒロイン、ジージャー・ヤーニン

<上海高層マンション火災>「中国版忠犬ハチ公」と「老父を救ったボランティア」=悲劇の中で生まれた感動の物語???

ベンツにポルシェにBMW、高級車部隊がお出迎えた「お犬様」、そのお値段は3600万円ナリ―中国・河北省

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ