• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

【タイ映画評】「チョコレート・ファイター」のジージャー、デビュー作?未曾有の大災害を元にしたラブストーリー『迫り来る嵐』

2010年12月16日

『迫り来る嵐 / Taloompuk』

20101216_taloompuk
2002年公開 2005年日本公開(映画祭)

「チーチャー(ジージャー)のデビュー作?」

日本では映画祭で上映されているが、劇場未公開。1962年にナコーンシータンマラート県を襲った台風をベースにしたサスペンス・ラブストーリー。「タルムプク」とは台風が上陸した岬の名前(本来は「杵」という意味)で、死者・行方不明者は合わせて1万人以上にも上ったという。

物語はイスラム教徒と仏教徒が対立する構図の中に、二組のカップルのラブ・ストーリーが描かれている。出だしはムスリムが多く住む南部地方の田舎の生活が淡々と描かれており、日本人にとっては異国情緒豊かで映像にも力があり楽しめる。

*当記事はタイ映画やタイに関する映画を思いのままに紹介するブログ「タイ映画つれづれなるままに」の許可を得て転載したものです。

残念なのはラスト。台風襲来のパニックシーンがよくわからないのと、いくら映画とはいえこのストーリー展開はないでしょうという結末。こ れがタイの映画のストーリー展開というものかもしれないのだが。もう少しラストを決めてくれたら高評価になったのにと思う。また、ラストをちょっと引っ張 り過ぎているきらいがあり、作品の上映時間が130分以上と長い。撮影にはかなりお金がかかっているらしい。全体的には悪くない作品です。

この作品は、「チョコレート・ファイター」<2008年/タイ>で日本でも人気のあるチーチャー<ジージャー/ヤーニン・ウィサミタナ ン>(JiJa/จีจ้า<ญาณิน วิสมิตะนันทน์>)の映画デビュー作でもある。さて、彼女はどこに出ているのか?1984年生まれということなので、当時、彼女は17 か18歳。

見ていてもよくわからなかったのだが、どうも、最初の方のラジオを修理している場面に出てくるお下げ髪で白い服の女の子がそう らしい。真正面は向いてくれないのでよく分からない。そしてもう一場面、ラストの方の台風襲来シーンで屋根?の上に乗って人を助けようと必死に腕を伸ばし ている、やはりお下げ髪の女の子もそうらしい。この場面は、顔は全く分からない。



(執筆者・asianet)

*当記事はタイ映画やタイに関する映画を思いのままに紹介するブログ「タイ映画つれづれなるままに」の許可を得て転載したものです。

チョコレート・ファイター [DVD]チョコレート・ファイター [DVD]
出演:"
東宝(2009-09-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

<過去記事>
<本日の動画>強いぜ!速いぜ!危なすぎるぜ!!過熱するタイ映画界期待のヒロイン、ジージャー・ヤーニン


【タイ映画評】あのオカマキックボクサーの半生をシリアスに描く=笑いなしの実録映画『ビューティフル・ボーイ』

【タイ映画評】タイならではの”第3の性”を描く=ミステリアスなラブ・ストーリー『ミー・マイセルフ 私の彼の秘密』

【タイ映画評】忍者なのに銃撃戦?!CIAの侍スパイ?!『マッハ! エンジェル くノ一 Mission』

【タイ・ニュース】「タイに渡った侍、山田長政を描いた映画『YAMADA』公開!」「赤服・黄服、予想通り国王誕生日後に活動活発化」

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ