• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

常識を覆す新稲作手法「SRI」=節水なのに高収量、しかもおいしい(2)―インドネシア情報

2010年12月26日

お米に感謝 SRI農法で稲作 (下)

先日はSRI農法(System of Rice Intensification)を紹介しました。

<前編>
常識を覆す新稲作手法「SRI」=節水なのに高収量、しかもおいしい(1)―インドネシア情報

今回はSRI農法の指導および実践を行っているインドネシアのSRIアソシエーションの紹介とヒアリング調査を行った際のやりとりを綴ります。ヒアリングは2010年3月に実地したものです。

20101226_indonesia5

Q1 SRIを何年行っているか?
A1
2002年 Nagrak, Sukabumi, ナグラック、スカブミ 西ジャワ
2007年 Desa Bobojong, Kecamatan Mande, Cianjur, 西ジャワ

双方とも首都ジャカルタから車で3-4時間位の場所。 こちら以外でも、バリ島、カリマンタン島など、8箇所以上で行われています。 上記はアソシエーションが管理する田んぼ。

Q2 面積はどのくらいか?

A2
Nagrak, Sukabumi : 4500ヘクタール
Desa Bobojong, Kecamatan Mande, Cianjur :7.5ヘクタール
Q3 以前は何を作っていたか?
A3
お米です。SRI農法導入時に、半分をSRIにて、半分を従来の稲作で行い、SRI農法の効果を確認。
Q4 どんな品種を使用しているか?
A4
Sintanur, Ciherang, Cisokan, Inpari 1, Mekongga

現在最も使用されている品種はSintanurで、理由としては、最も味と香りが良いからだそうです。 Sintanurの品種を調べましたが、何に該当するのかが分かりません。
Q5 どんな土壌が向いているか?
A5
沖積土(Alluvial soil)がベストです。川の流送土砂は、肥沃で十分なミネラルを含んでいるので、SRI農法にも向いていると現在までのところは判断しています。通常の稲作用の土壌で、SRIを使用しても、特に問題はありません。

20101226_indonesia7

Q6 土壌においてのシルトの適用
A6
タンク・シルト(Tank Silt)<砂よりも細かく粘土より粗い沈積土>は、必ず使用しています。 1エーカー(約4047平方メートル)当たり、15-20カートロード(カートロードは荷車1台の荷)。

この土壌作りは、土壌に水分を保つためで、十分な収穫を得るのに非常に重要です。

20101226_indonesia6
インドネシア大統領のSRI農法視察風景。

Q7 土壌における肥料
A7
良く腐敗した堆肥はSRI農法でも非常に重要です。最低でも1エーカーあたり3トラクター分(約6トン)の肥料を土壌に与える必要があります。 結果として、高品質のお米の収穫が可能。

肥料は「ヤギや馬の糞が混じった肥料」や「動物の糞が混じっていない肥料」の両方を、シーズンや田んぼの土壌の状態によって使い分けています。

私見 : おそらくインドネシアの稲作は、通常でも二毛作ないし三毛作が当たり前なので、土壌の成分が枯れるのが早いせいだと思います。

非常にトラディショナルな方法になりますが、夜の間、馬、ヤギ、羊などを田んぼに放牧します。 雑草を食べたりし、糞や小便が肥料にもなるためです。

20101226_indonesia8

Q8 水の管理
A8
こちらに関してはそれぞれの国と土壌環境で異なるという前置きが先にありました。インドネシアでの方法を記しておきます。

田んぼは水で満たす必要は全くなく、苗は健康に根は地中深く育っていきます。苗を植えた間隔を満たすかの様に大きく成長します。たんぼの用水を時々切らしたり、乾かしたりすることによって、苗に有効な栄養価を十分に与えることの出来る微生物の力を利用します。

あまり十分に水を与えすぎると、これらの力を利用できないので、注意が必要です。水はたんぼに完全に満たささず、3/4(これは場所、国で異なる)程度くらいまで灌漑。それ以上の過分な水は放水して下さい。
Q9 年何回の収穫か?
A9
二毛作ないし三毛作です。 二毛作の方が多い筈です。
これは通常の稲作でも同様です。
Q10 田植えの際のイネの間隔

20101226_indonesia9
A10
こちらは非常に重要なポイントになります。25センチ x 25センチで苗を植えていきます。1平方メートル辺り16本の苗となります。
Q11 1ヘクタール辺りの必要人数
A11
1人が4-5ヘクタールの面倒を見る状況です。
Q12 1ヘクタールからの収穫量
A12
約10トンです。


20101226_indonesia5
インドネシアにおけるSRI奨励のアソシエーション
Nagrak Organic SRI Center (NOSC)

ALIKSA ORGANIC SRI ORGANIZATION,
(ALIKSAの方は、日系企業 NIPPON KOEI INDONESIAの協力があり)

Nagrakの方では、5日間Rp.100,000(約1,000円)にて、SRI導入を検討している農家、農民にトレーニングを行っています。

Youtubeの映像で観ると非常に分かり易いかもしれません。








インドネシア語で、田んぼの一部でSRIを始めたら、驚くべき収穫だったと話しています。

(執筆者・MASAKI)

*当記事はブログ「インドネシア情報局」の許可を得て転載したものです。


<参考記事>
SRI~怪奇をあばけ(キューバ有機農業ブログ)
SRIの歴史や各国の事例に関する紹介。

山の都農園
SRI農法を導入している日本の農家。

<過去記事>
三度の飯より米が好き?!政府が「米を食べ過ぎるな」と呼びかけるちょっと不思議なお国柄―インドネシア情報

鋭いロジックに感嘆、農水省の悪辣さに怒り=『日本は世界5位の農業大国』を読んだよ

揺れる遺伝子組み換え米問題=当局内部でも対立―中国農業コラム

中国7億人の農民が怯える「新農村建設」=中国各地で農民暴動が頻発する背景とは―中国

【亀梨くんの大好物】あこがれの日本料理「卵かけご飯」は中国人にとって恐怖そのものだった件

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ