• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

500円でインド映画!福岡国際映画祭2006-2009「福岡観客賞」受賞作品上映会 イン東京―インド映画通信

2011年01月23日

アジアフォーカス・福岡国際映画祭 in 東京

アジア映画巡礼からの情報です。

アジアフォーカス・福岡国際映画祭2006-2009「福岡観客賞」受賞作品上映会 イン東京


2008年『神に誓って』(パキスタン) 2月26日(土) 13:20~
2006年『私はガンディーを殺していない』(インド) 2月27日(日) 16:20~

20101219_india2
『神に誓って(Khuda Kay Liye)』 監督:ショエーブ・マンスール(2007)・パキスタン映画

会場:東京渋谷 映画美学校 2F シアター (東京都渋谷区円山町1-5)
(渋谷駅から徒歩10分、文化村交差点左折)
料金:500円/回(当日料金のみ、入替制)

*当記事は映画から、ニュース、イベント、カレー、旅行など様々なインド・トピックスを扱うブログ「インド映画通信」の許可を得て転載したものです。

毎年数少ないインド映画を上映している福岡国際映画祭の作品がついに東京上陸。この映画祭はなかなかシブい作品のチョイスでも知られていて、でも悲しいことに他都市での上映はなかなか実現されていなかった。今回はなんと渋谷で500円で観ることができる。

『私は~』の方は未見だが、アルツハイマーをテーマにした作品。アヌパム・ケールとウルミラという実力派の掛け合いが楽しみ。

『神に誓って』は先日私のブログでめでたく“鬱になるインド映画”の1本に選ばせて頂いた作品(正確にはパキスタン映画だけれど)。DVDではもう観たくないが、大きなスクリーンでは今一度観てみたい。

『マイネームイズ ハーン』もイスラム教視線で描かれていた作品だが、この作品ではよりリアルに描かれている。ラストのズシーンとした重苦しさを是非味 わって頂きたい。歌は美しく、パキスタンの農村部の風景、わずかな望みを持たせる終わり方など、なかなか良い作品ではある。

また、2月4日(金)(2月3日深夜)0:45~NHKBS2で『タハーン』が放送される。これも娯楽作品ではないが、少年とロバのかわいさとカシミールの政治的な残酷さとの対比が美しい風景と共に描かれている。

20周年記念 アジアフォーカス・福岡国際映画祭全作品 1991-2010
アジアフォーカス・福岡国際映画祭実行委員会
書肆侃侃房
売り上げランキング: 135169



*当記事は映画から、ニュース、イベント、カレー、旅行など様々なインド・トピックスを扱うブログ「インド映画通信」の許可を得て転載したものです。


カレーセット (大) マダム SAN1418
サンアート
売り上げランキング: 123095





トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ