• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

共産党の末端からトップまで一部で選挙導入を=高級幹部子弟グループが驚きの提案―翻訳者のつぶやき

2011年02月08日

暗躍する太子党

台湾メディアから気になるニュースが入ってきました。「延安児女聯誼会」(公式サイト)が先ごろ会議を開催し、政治改革の推進、および一部党代表の直接選挙による選出を呼びかける内容の意見書を来年の第18回中国共産党全国代表大会(18大)に提出することを決定したと報じたのです。(参照リンク:「中国共産党の太子党、政治改革を推進=直接選挙試行地域指定を呼びかけ」(中時電子報、2011年2月8日)


人民大会堂/Great Hall of the People/人民大會堂 / kanegen


この「延安児女聯誼会」は、延安で生活し、共産党の活動を行っていた新中国建国時の政治家・軍人の子女から構成される組織です。

*当記事はブログ「中国語翻訳者のつぶやき」の記事を許可を得て転載したものです。

延安児女聯誼会とは?

メンバーの中には、毛沢東元国家主席の娘である李敏氏、周恩来元総理のめいである周秉徳氏、有名な歴史家郭沫若氏の娘である郭庶英氏など100人余りがおり、いわゆる「太子党(高級幹部の子弟)」の人たちの集団ともいえます。ただメンバーのほどんどは、ビジネスの世界にも、政治の世界にも属していないため、特別金持ちでも、地位が高いというわけでもないようで、「在野の高級幹部二世」とも呼ばれているのです。(参照リンク:「おしりが脳みそを決める延安児女聯誼会」(一五一十部落、2011年2月1日)

この「延安児女聯誼会」の中共中央に対する影響力というのは知り得ることはできないのですが、意見書を中共中央に提出できるぐらいの力を持っているわけですから、並みの影響力ではないことは容易に予測できます。

そのような一見保守的なイメージをもたれている「北京延安児女聯誼会」が、政治改革推進や、直接選挙を提案したわけですから、香港台湾メディアは一様に驚きを持ってこのニュースを伝えているのです。


政治改革の提案書

先の台湾メディアの報道では、この「延安児女聯誼会」が取りまとめた「われわれの18大に対する提案」と題する意見書は、

①中央紀律検査委員会を中央委員会と同じレベルにまで格上げし、腐敗取締りを有利に進められるようにする②中央政策委員会を設置して、党の制度政策に対する論証や企画を行うようにする
③全人代や全国政協を真に民意を代表する機関にする

などの内容が含まれています。

さらに驚いたことに意見書では、

末端の党委員会から中央委員会、政治局委員会、政治局常務委員会(中国共産党の最高指導部)まですべての委員会で、まず定員の二割に対して直接選挙を実施し、これを逐次拡大していき、最終的には定員すべてに対して直接選挙を実施するようにする。18大以降に直接選挙を試験的に行う。選挙については選挙監視委員会を組織して公正明大に行う

と提案されているのです。


政治改革提案の背景を読む

これらの提案はどれも非現実的であり、しかも太子党の人たちが提案すること自体驚きのように見えます。ただこれまで、中国政権内における太子党の勢いというのはそれほど大きくはありませんでした。胡錦濤国家主席を初めとした現在の中共中央政治局常務委員の中でも、明確に「太子党」と呼べる人は習近平国家副主席ぐらいだったのです。

しかし来年の18大を前にしてこのところ、太子党の影響力は増してきています。習近平国家副主席(習仲勲元国務院副総理の子)が次期指導者に内定したことを初め、薄一波元国務院副総理の子である薄熙来重慶市党委書記、劉少奇元国家主席の子である劉源総後勤部政治委員などは次期政権で要職につくこともささやかれているわけです。

「延安児女聯誼会」はこのような状況を背景にして、直接選挙で委員が選ばれることになれば、「開国の元勲の子孫」という最も大衆の人気を勝ち取りやすい太子党の人たちに、多くの人たちが投票してくれるだろうと見込んでいるのでは、とわたしは考えています。

太子党の影響力はこれからどうなるのか。興味深いところでもあります。

*当記事はブログ「中国語翻訳者のつぶやき」の記事を許可を得て転載したものです。


forrow me on twitter


トップページへ

2013年、中国で軍事クーデターが起こる
2013年、中国で軍事クーデターが起こる

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ