• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

【やる気ゼロ】<続報>中国外交部、尖閣衝突事故の賠償請求に反応も……

2011年02月12日

10日、日本海上保安庁は、昨年起きた尖閣沖中国漁船衝突事故の中国人船長に1429万円の賠償を求める請求を送った(参考過去記事:「尖閣衝突事故、中国人船長に賠償請求=日本政府に備えはあるのか?」)。


Anti-China protest in Roppongi / ehnmark


12日、中国外交部ウェブサイトは、賠償請求に対する質疑応答を掲載した。

20110212_Senkaku
*中国外交部ウェブサイトより。

外交部・馬朝旭報道官、日本側からの「漁船衝突事件」中国側戦勝への賠償請求提出に関して記者の質問に応答

質問:報道によると、日本海上保安庁は先日、釣魚島の「漁船衝突事件」に関して、中国側船長に賠償請求を提出したそうですが。中国側はどのように反応しますか?

回答:釣魚島及びその付属島嶼は古代以来中国固有の領土である。日本側は今回の事件に関する行動を深く反省するべきであり、いわゆる賠償請求を求める権利はない。
とこれだけ。中国メディアも報道官のショートコメントを引用するばかりで、つっこんだ報道は今のところないようで。「今さら騒ぐネタでもないし、定番の反論で終わりにしておくか」という感じでしょうか。


*おまけ
20110212_Senkaku2
*画像はヤフー中国の報道

先日、「朝まで生テレビ」に出演したホリエモンが「尖閣諸島を明け渡しちゃえばいいじゃない。何か問題ありますか?」という件も、一応、中国メディアが報じています。が、反応薄し。ネット掲示板でも糞青(愛国心が強すぎ、排外主義的傾向にある若者を揶揄して使うネット俗語)的な反応しかないし……。旧正月休み明けで中国のみんな、動き鈍い?飽きた?

forrow me on twitter


トップページへ


尖閣戦争――米中はさみ撃ちにあった日本(祥伝社新書223)
西尾幹二 青木直人
祥伝社
売り上げランキング: 5124

コメント欄を開く

ページのトップへ