• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

「トイレの神様」のロシア語版はありえるか?―ロシア駐在日記

2011年04月02日

「トイレの神様」のロシア語版、あり得ますか?

今日はヘンな天気です。晴れたかなと思うと、急に暗くなってものすごい吹雪が始まる。明日で4月というのに雪が毎日のように降っています。今年は春が遅そうです。

日本の状況が非常に気になります。私がこれだけ必死にニュース記事を読んでいるのは、ソ連崩壊前後のとき以来だと思います。それだけ今回日本で起きていることは日本の歴史の中で大きな出来事だと、私は思います。


how to use the japanese-style toilet / Yuya Tamai


1年半ロシアで暮らしている間に日本の流行からすっかり取り残されてしまいました。一時帰国の直前に昨年の「レコード大賞」のビデオを貸してもらって「トイレの神様」の歌を初めて聞きました。一時帰国で日本にいる間にもこの歌を何回か聞く機会がありました。聞いてて、これは絶対にロシア語で成立しない歌詞だと思いました。

*当記事は2011年3月31日付ブログ「ロシア駐在日記」の許可を得て転載したものです。

このブログの記事「日本のう○ち、ロシアのう○ち…」の中にも書いたように、ロシアではトイレの話は一般的に「汚い」部類に入るので、まともな会話にも歌にも「トイレ」という言葉はまず出てきません。

遊び感覚でこの歌のサビの部分をロシア語に訳してみました。何とも言えないヘンな響きでした。「神様」という意味のロシア語 Бог は基本的にキリスト教の神様のイメージだから、「トイレ」とは絶対関係ない。一緒に並べようものなら、冒瀆です、完全に。

「女神」という意味のロシア語 Богиня だったらキリスト教とは関係なくなりますけど、「美しく誇り高き」(というイメージの)女神はいったいなんであんなところにいなければならないのか?と、ロシア人たちの怒りの声が聞こえてきそうで、やはりこの歌詞はロシア語として成立しません。

以前、このブログの記事「ロシアのお笑いは「ツッコミ」がない?」の中にユーモアはなかなか訳せないことについて書きました。しかし、この歌詞はユーモア以上に難しいかもしれません。少なくともタチアナはその翻訳を絶対に引き受けません。

まあ、頼まれていませんけど(笑)

*当記事は2011年3月31日付ブログ「ロシア駐在日記」の許可を得て転載したものです。


トップページへ










トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ