• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

ソビエトの癒し系名作アニメ=のんびり屋の『汽車ぽっぽ』―ロシア駐在日記

2011年04月04日

ソ連の癒し系アニメ:"Паровозик из Ромашкова"

今日のニジニ・ノヴゴロドは+1℃~+4℃です。雪がだいぶとけてきています。そして、とけた雪の中から犬の糞やたばこの吸い殻などのゴミがいっぱい出てきて、とにかく汚い!!!

何もかも触りたがり歩きながらよく転ぶ下の子りなを外に連れ出すともう目が離せない・・・。玄関と靴の掃除も毎日大変です。

でも、やっぱり春の到来はうれしい!

20110404_train

さて、今日は、1967年にソ連で作られたある癒し系『汽車ぽっぽ』(Паровозик)のアニメをご紹介します!これは子供のときから私の好きなアニメの一つですが、こんなに古いアニメだったとは、今回インターネットで調べて初めて知りました。

*当記事は2011年4月3日付ブログ「ロシア駐在日記」の許可を得て転載したものです。

人を時間通りに目的地まで運ぶのが仕事なのに、この汽車ぽっぽだけは、途中、美しい花や鳥の鳴き声や日の出に引かれ、ついつい脱線してしまいます。しばら く自然を楽しんでから再出発をしますが、目的地に決まって遅刻。駅員さんにも乗客たちにも怒られ、毎回平謝り。しかし、次の日もまたまた脱線・・・。さ て、最後はどうなるのでしょうか?

YouTubeにありますので、ぜひ見てみてください。主題歌もとても有名です。



忙しい現代人にぴったりのアニメだと思います。

ずっとこの汽車ぽっぽみたいにしていると困るんですけど、たまにはいいかな?

*当記事は2011年4月3日付ブログ「ロシア駐在日記」の許可を得て転載したものです。


トップページへ





VCD チェブラーシカ
VCD チェブラーシカ
posted with amazlet at 11.04.04
メディコム・トイ (2010-10-23)
売り上げランキング: 3092





トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ