• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

「子供は風の子」なのは日本だけ!?ロシアでは大人より厚着―ロシア駐在日記

2011年04月07日

「子供は風の子」は日本だけの常識?

日本とロシアで正反対の常識があります、そして、またこれが不思議なのです。


Топ - топ... топает малыш... :) / Tanya.K.


例えば、子供に着せる洋服について「大人より1枚少なくしてください」と日本で何回も聞いたことがありますし、自分もだいたいそのようにしてきました。しかし、私たちが冬に撮った写真を私のロシアの家族に見せると、決まって怒られました。「自分が靴に靴下を履いているのに、どうして子供だけ裸足なの???」と。何回も怒られるから、ロシアの家族に送る写真を考えて選ぶようになりました。

靴下といえば、夏休みに故郷のイルクーツクに帰っている間に忘れられないシーンを見たことがあります。二人の若いお母さんたちが水着姿で日焼けをしている横で、ベビーカーから厚めの靴下をはいている赤ちゃんの小さな足が見えました。お母さんとのアンバランスにびっくりしました。

*当記事はブログ「ロシア駐在日記」の許可を得て転載したものです。

そのときのタチアナはもうすっかり日本の常識に染まっていました。日本の保育園では子供たちに靴下を履かせないことがほとんどでした。しかし、私のロシア人の友達はそのことを「鼻水の原因」だと考え、自分の娘が靴下で過ごせるよう、保育士さんたちと戦いました。ところが、保育園側も強気だったみたいで「靴下が必要だという証明を病院でもらってきてください」と言ってきたそうです(?!!!)。

友達の要求に小児科医がびっくりして「よかったら鼻水に効く薬を処方します」と提案したらしいんですけど、友達は「靴下を履かせたら鼻水も自然に治る」とその提案を拒否。結局お医者さんは証明書を出してくれたそうです。(きっとこのような証明書を出すのはその先生の経験の中で初めてで最後のケースだったと思います。)「ほら、鼻水が治ったでしょ」としばらくして報告してきた友達はとても満足そうでした。

今回は14年ぶりにロシアで暮らすことになりました。ある日、たまたま子供の洋服の話になったとき、うちのベビーシッターが言いました。


Ребенку надо одевать на одну одежку БОЛЬШЕ,чем взрослому.
(子供には大人より1枚多く着せるべきだ)


日本で言われていることとは正反対の言葉でした。
その後も何回かこの言い方を耳にしているので、どうもこれはロシアで一般的な常識になっているようです。ベビーシッターによると、これは特にベビーカーの中で昼寝をしている赤ちゃんの話だそうです。ベビーカーを押しながら歩いているお母さんより動かないで寝ている子供の方が寒い思いをしているという発想のようです。

ロシアは気温がマイナスの時期が長いので、洋服に関する常識が日本と違って当たり前です。しかし・・・個人差もありますけど、私の周りを見ている限り、比較的暖かい季節でもロシア人の方が日本人よりも子供たちに厚着をさせる傾向があると私は思います。

*当記事はブログ「ロシア駐在日記」の許可を得て転載したものです。


トップページへ





子どもの体温を上げれば、学力が上がる!
川嶋 朗
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 134549






トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ