• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

「中国人を感動させたエピソード」「ダイソン氏の中国人留学生批判」「借金返済に腎臓売却」―2011年4月人気記事トップ10

2011年05月06日

2011年4月の月別人気記事トップ10です。

1位
中国人研修生を救った佐藤充さんのエピソードはなぜ中国人を感動させたのか―翻訳者のつぶやき



Aerial of Sendai, Japan, following earthquake. / Official U.S. Navy Imagery


2位
「革命的掃除機」発明のダイソン氏、中国人留学生の商業スパイ行為を批判―英国



Dyson Air Multiplier vs Conventional fan / michael.aulia


3位
借金返済に腎臓売却=中国臓器売買の闇―翻訳者のつぶやき


20110420_organ_trade2
大紀元の報道。

4位
コンテナ車運転手がストライキ=警察の暴行により1人死亡との情報も―上海市

5位
安易な誉め言葉はNG!知らないと恨まれるロシアの常識―ロシア駐在日記

6位
世界初!3Dポルノ映画「3D肉蒲団」、ついに公開=周防ゆきこ、原紗央莉が出演―香港・台湾

7位
「横浜の放射線量ってウチの国より下なの!?」データを見て驚く中国人たち―中国オタ事情

8位
公務員は聖人君子であれ!AVやら不倫は御法度だ=スゴイ市条例が話題に―中国江蘇省

9位
【動画】世界初の3Dポルノ映画「3D肉蒲団」予告編公開=日本からは周防ゆきこ、原紗央莉が参加

10位
【東北大地震】「四川大地震の時は日本人が助けてくれた」中国マイクロブログに広がる日本へのエール


1位は中国人研修生を津波から救った佐藤充さんのエピソードが中国で相当量報道され、多くの反響を呼んだことについて、その背景を考察した記事です。

2位は有名家電ブランド・ダイソン創業者による中国人留学生のスパイ疑惑(?)発言について。中国大使館が即座に反論したのですが、その迅速な対応は中国スパイ報道が繰り返し報道される中での「場慣れ感」を感じました。

3位は中国で蔓延する違法臓器売買についての記事。刑法上の問題、絶対的な移植臓器の不足が闇取引を助長させているとのこと。その後の関連記事では、重い腰を上げ正規ルート整備に動きだした中国政府の対応を伝えています。(関連記事「蔓延する闇臓器移植=急がれる正規ルートの整備―翻訳者のつぶやき」KINBRICKS NOW、11年4月28日)

それでは、今月も筆者が独断と偏見で選ばしていただくオススメ記事のご紹介です。トップ10漏れ記事からのご紹介となります。


kenyaのオススメ記事

「台湾にお礼しないなんてひどい!」は誤解?!菅首相の感謝状は何が問題だったのか?

そもそも新聞掲載という手法自体に問題があったのでは?というお話。単純に今までの慣習で「感謝状ならば新聞へ」と安易に決めてしまったのでしょうか。公平性を欠き、お金がかかる上に伝わりずらいというダメダメづくし。記者会見やWEBの活用などで、お金も使わず、もっと簡潔で効果的に謝意を伝える方法はあったはずです。有事の際なのは分かりますが、もう少しうまくできなかったもんでしょうか……。


Chinanewsのオススメ記事

結婚はしなくても子供は「産んでおく」=母子家庭が当たり前のロシア人の発想―ロシア駐在日記


「子どもを育てる」のはともかくお金がかかるもの。それだけに結婚に踏み切れなかったり、結婚してもなかなか子どもを産めなかったりしますし、シングルマザーだと経済的に大変というイメージがあったのですが、逆に老後のことを考えたらシングルマザーでも産んでおくという発想もあるそうで。意外な発想でした。

トップページへ



闘う日本 東日本大震災1カ月の全記録
産経新聞社
産経新聞出版
売り上げランキング: 15

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ