• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

上場を控えた『人人網』が首位=SNSアクティブユーザー数シェア(11年第1四半期)―中国微博情報

2011年05月06日

2011年第1四半期中国SNSアクティブユーザー数シェアレポート

5月3日に易观智库から《2011年第1四半期中国SNSアクティブユーザー数シェアレポート》が発表されました。

20110506_microblog1

*当記事はブログ「中国マイクロブログ(微博)雑記」の許可を得て転載したものです。

ニューヨーク証券取引所への上場を控えている人人网が25.1%と首位に立ち、开心网が19.4%、腾讯朋友18.1%、51.com 10.1%、豆瓣网 5.9%という形で続いていきます。

上位5位のうち51.comを除く4サイトは先日報告した「情報共有ツイート数ランキング」でもトップ10入りを果しているサービスなので、順当な結果と言えるかもしれません。

人人网のアクティブユーザー数は1.17億人と言われており、毎月2~300万人のペースでアクティブユーザーが増えているそうです。

中国のSNSは先日お伝えした「2010 ~ 2013年SNSユーザー規模予測」でも年平均成長率が25%前後と予測され、2013年には4.25億人の登録ユーザー数になるとも予測されていますし、最近は"中国脸(ChinaFace)"や"经纬网"などの新しいサービスも開始されてますので、微博を含めたソーシャルプラットホームという観点で、こちらも目が離せないですね。

情報元 : 计世网

*当記事はブログ「中国マイクロブログ(微博)雑記」の許可を得て転載したものです。


トップページへ


シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略
レイチェル・ボッツマン ルー・ロジャース
日本放送出版協会
売り上げランキング: 402

コメント欄を開く

ページのトップへ