• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

【ネット検閲】真実味を増すホワイトリスト導入=経済混乱は必至―オレ的中国

2011年06月08日

迫りつつある中国の「海外サイトホワイトリスト制度」正気か?!

ブログ「傻逼秀」の記事「我党威武,境外网站“白名单”机制已启动!」(共産党スゲェ、海外サイトの「ホワイトリスト」システムはすでに指導していた)をご紹介。現在のネット規制は禁止リスト(ブラックリスト)掲載のサイトのみがアクセスできないという状況で無名の抜け穴サイトを見つけることが可能でしたが、ホワイトリストになれば検閲破りの難易度は一気に上昇します。以下は記事の抄訳です。


Message error 404 / CyboRoZ


*当記事はブログ「オレ的中国の実態」の許可を得て転載したものです。


■ホワイトリスト制度、真実味を帯びてきた噂

グーグルトレンドによると、2010年初頭「海外サイトホワイトリスト制度」が噂となっている。つまり中国政府が許可したホワイトリストに掲載されていないサイトはアクセス不能となるわけ。当初は「まさかぁ〜」「デマでしょ」「そこまでするか?」などと疑問の声が多かった。

その後、強まる一方のネット規制、そして複数の情報源の裏付けにより、「ホワイトリスト制度」は徐々に現実味を増してきた。IPv4のアドレス分配が終了し、IPv6への移行が迫っているが、現行のGFW(ネット検閲システム)は未だIPv6への対処法を備えていない。となれば、新規制を打ち出すのも必然的な結果だろう。


■ホワイトリスト制度の基本原理

「ホワイトリスト制度」の基本原理については、以下のようなものと考えられる。

1.現存のネット規制システム(俗に言う「GFWーGreat Fire Wall」)には変化なし。

2.ホワイトリストはすでにある程度完成していると考えられる。中国政府から見た「合法サイト」と海外大手サイトは自動的にリストアップされてる。たぶん、ある程度の試験運用した後、「新規リスト掲載申請窓口」ができるだろう。

3.「ホワイトリスト」以外の海外サイトは、アクセス規制を受ける。

1)IPの限定訪問、つまり特定地域のサイトへのアクセスを厳しく制限。これはPing値(簡単にいえば「接続スピード」)で分かります。300msの場合普通にアクセスでき、500msではサイトを開くのが遅く感じる、1000msはアクセス不能とほぼ同等。国内各地域で別々の時間で結果に違いが生じ、不規則なアクセスになります。

これによって、一回目は開けたのに、次の時は開けなかったり。始めは駄目だったが、リロードしたらアクセスできたりといった具合に。現在のGmailの状況に似てる。以下の画像で、リストに乗ってないサイトにアクセスする時、どこで妨害されたか分かる。

20110608_china_net1


2)「壁ごえ」で海外サイトが「ホワイトリスト」に影響されてるか分かる。 「壁ごえ」状態でアクセスできたが、もとに戻ったらアクセスできなくなった→リストに乗ってる。

3)「壁ごえ」に成功しても失敗しても、GFWに「壁ごえ」を探知されたら、一定時間全ての海外サイトにアク禁、また国内サイトへのアクセスも不安定になる。(今、話題のVPN封じ)

4.「ホワイトリスト」は主にドメイン名を探知してる。よって、同じIPの元での違うサイトでも、アクセス状況が違ってくる。この画像から、「頻繁に訪問」と「初めてに訪問」のユーザーへの扱いは違ってくる事がわかる。

20110608_china_net2
中国大手ネットショッピングモール企業から流出した「内部情報」を伝えるつぶやき。
・反動サイトなどの特殊なサイト
・VPNやプロキシソフトなどのネット検閲回避ツールの利用
・そして一定期間内における海外サイトへの訪問回数が閾値を超えた場合
のいずれかで規制システムが作動すると分析している。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

こうみるとかなり完成度高いですね、年内に実行されてもおかしくないほど……。経済へ及ぼす計り知れない影響や全世界からの批判も物ともせずに「ホワイトリスト制度」を実行に移したとしたら……。

中国はもはや「西朝鮮」へ一直線です。

国民のマインドコントロール、独裁者が自分たちの権力、統制地位を維持するためならどんな手でもお構いなし。地道にジョージ・オーウェルの『1984』の世界に似てきています。

この迫り来る「圧迫感」「絶望感」はマジ半端ない。脱出できる人は早いとこ海外へお逃げください。

ブログ「傻逼秀」は記事をこう締めくくっています。

「ホワイトリスト制度」は、あるいは強化が続くネット規制の氷山の一角に過ぎないのかもしれない。この制度によって独裁者の目的は一時的に達成されるかもしれないが、自由を求める人々の心まで封鎖することが永遠にできない。このような時代の流れに逆らう行動が繰り返されるたびに、共産党政権の終わりが近づいている

「傻逼秀」はこう力強く締めくくっていますが、私としては「ホワイトリスト制度」がメチャクチャ怖いというのが本心です。手も足も出ない、VPNが封じられたらまさに世の末。

*当記事はブログ「オレ的中国の実態」の許可を得て転載したものです。

トップページへ

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ