• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

北京・上海間高速鉄道で再び停電事故=ネット民がマイクロブログで実況―中国

2011年07月25日

中国高速鉄道の追突・転落事故に注目が高まっている中、その前から話題となっていた北京・上海間高速鉄道の停電事故が再発している。財経網によると、25日には杭州発天津西行きのG44、上海虹橋発北京南行きのG4、G20、G164、天津西発上海虹橋行きのG213、杭州発北京南行きのG40、天津西発杭州行きのG43などの列車が停車する事態となった。

20110725_railway_accident_3_4

停車した列車の一つ、G44に乗り合わせていたネット民「孤単的深藍」さんがマイクロブログ・新浪微博で実況しているので、ご紹介する。


―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―
杭州発天津西行きの高速鉄道G44、今、徐州東駅に向かっていたところなんだけど、突然の停車。どうしたんだろ……。もうやめて、高速鉄道のヒットポイントはとっくにゼロよ……。

17時37分
(ヒットポイントはとっくにゼロ:ネット流行語「傷不起」の訳としてみた。もうとことん痛めつけられてこれ以上は傷つけようがないという意味らしい)

列車は臨時停車して停電。みんないったいなんだとざわついている。追突されるのかな?
午後5時45分

20110725_railway_accident_3_1


列車は現在、安全ネットを準備中。これを張った上で扉を開けるんだって。
午後5時54分

20110725_railway_accident_3_6


安全ネットの設置終了。扉も開けられた。全車停電中です。
午後6時8分

(7月10日以来、北京・上海間高速鉄道では停電事故が頻発。機密性の高い車内がサウナ状態となった。その 対策として扉を開けられるよう安全ネットを用意したのだろう。すばらしい対策と見るべきか、停電の理由を突き止めきれないのに運行を続けているのがすごい と見るべきか)

20110725_railway_accident_3_2

G44に乗っているみんな、助け合おうぜ。子どももいるんだし。扉のまわりに集まらないようにしよう。タバコは吸わないようにして、車内の空気を循環させよう。
午後6時17分

(いら立って車内でタバコを吸う人が出現。また新鮮な空気を吸おうと扉付近のポジション争いが行われているもよう)



今、必要なのは電力と水。だけど本当は立ち上がって状況を説明して、みんなの焦りを解消してくれる人が必要なんだ。
午後6時45分


心臓の具合が悪いと訴えている乗客がいる。もう少しして、日が落ちたら真っ暗になる。その時どうなるのだろう。全然予想がつかない。
午後6時56分


ある乗客が倒れた。女性車掌が運転室に連絡していたけど、「じゃ、どうしろって?!」と逆ギレされていた。
午後7時15分


唯一のいい情報。倒れた乗客が目を覚ました。おじいさんの健康が戻ればいいのだけど。
午後7時27分


日が落ちた。車内は暗くて、よく見えなくなった。
午後7時33分

20110725_railway_accident_3_7


乗客たちがまた落ち着きをなくし始めた。危険だ……。
午後7時42分


乗務員たちが乗客たちをなだめている。
午後7時54分


写真アップ
午後7時57分

20110725_railway_accident_3_8


さっき、非常灯が点灯した。
午後8時11分


写真アップ
午後8時14分

20110725_railway_accident_3_4


非常灯が消灯。また真っ暗闇に。
午後8時22分


携帯の電池が切れそう。乗客たちは暑さにやられている。
午後8時半


電力とエアコンが回復。みなが歓声。
午後8時40分

20110725_railway_accident_3_5


列車はまだ動きだしていないけど、(つぶやきを)注目し励ましてくれたみんな感謝。ありがとう。
午後8時43分


親愛なる友人たちよ、ぼくらの列車はまた動き出したよ!
午後8時52分


G44にお医者さんは乗っていないでしょうか?病気になった乗客がいます。助けが必要です。7号車まで来てください。
午後8時58分


記者のみなさん。分かってます。ニュースの報道はみなさんの仕事ですよね。
午後9時1分
(どういう意味かよくわからないつぶやき。コメント欄には余計なつぶやきをしないよう釘を刺されたのではと推測する人も)


病気になった乗客の状況は落ち着いたようです。リツイートしてくれたみなさん、ありがとう。
午後9時14分


徐州駅にご飯と水が用意してあって、乗客に配られるそうです。注目してます。
午後9時16分


乗客にソーダ水が配られました。無料。
午後9時36分

20110725_railway_accident_3_9


徐州東駅に到着。医療スタッフが倒れた乗客を降ろして、病院に連れて行きました。ご老人の健康をお祈りします。
午後9時47分
―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―

財経網によると、「孤単的深藍」さん以外でも状況を知らせるマイクロブログがある。

G166に乗り合わせていたネット民によると、「信号が受信できない。電力が供給されない」との理由で発車できなくなったとのこと。別のネット民によると、予定よりも1時間以上遅れての発車になったという。またそのネット民は25日朝にも高速鉄道に乗っていたと言うが、その時も車内は警報が鳴りまくり。修理を続けながら走るという惨状だったと話している。

上海鉄路局は、25日午後5時半、安徽省滁州市定遠県付近で、北京・上海間高速鉄道の配電設備が故障したため、一部列車が遅延していると説明している。

状況を伝えた財経網は皮肉っぽく、最後はこの言葉でしめくくっている。

中国高速鉄道の技術は先進的なもの。高速鉄道に対して、私たちはまだ自信を持っている。
王勇平・中国鉄道部報道官、7月24日夜の記者会見にて。


トップページへ

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ