• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

台湾でも韓流ドラマが社会問題に=韓国チャンネルと化したチャンネルに当局が改善命令

2011年08月27日

フジテレビに抗議する反韓流デモが話題となったが、日本同様、韓流ドラマの横行が「社会問題」となっているのが台湾だ。

今年1月には、野党・民進党の林淑芬・立法委員(国会議員に相当)が韓国ドラマばかりが放映される現状を嘆き、有線放送テレビ法を改正し、各局の放送時間のうち最低40%を台湾製番組にするよう義務づけるべきと呼びかけた。
(記事「台湾議員が「韓流ドラマ排斥」法を提出?!「バッシングされるほど人気がある」と自慢げな韓国メディア」)

20110827_dongsen1
*画像は東森ドラマ局のウェブサイト。韓流コンテンツがずらりと並ぶ。


■有線テレビ放送法改正案のその後

最もその後の動きは報じられていないので、法改正案の議会提出はできなかったようだ。8月2日付ゆかしメディアが「台湾メディアなどによると、台湾与野党立法委員が韓国、中国、日本など外国の番組を台湾で放送することを規制する法案が国会に提出され、政府官僚らが相次いで支持を表明しており通過する見込みだという」と報じているが、ざっと見たかぎり、7~8月にそうした動きがあったとの報道は見つけられなかった。

ちなみに今年1月の林淑芬提案だが、台湾での嫌韓ムードの高まりを反映していた。昨年11月の広州アジア大会でテコンドー台湾代表の楊淑君選手が失格処分となったことをきっかけとした台湾の嫌韓ブームだが、今年1月時点でもかなり薄れていた印象。現在ではなおさらではないだろうか。


■韓流ドラマしか流さないテレビ局に当局が改善命令

だが、先日来、また違った文脈での韓流ドラマ問題が取りざたされるようになった(2011年8月4日付民視)。8月初頭、台湾国家通信放送委員会(NCC)は各テレビ局の免許更新審査を実施したが、東森ドラマ局が放送する番組はなんと99%が韓国ドラマであることが判明した。上述のとおり、有線テレビ放送法では放送時間の20%は台湾制作にするよう求めている。

東森ドラマ局はこの規定を大きく割り込んでいるばかりか、残る1%の台湾番組も他局放送済みの再放送番組だったという。NCCは来年3月末までの改善を命じ、対応できなかった場合は許可証を取り消すと表明している。他のドラマチャンネルでもここまでの比率ではないが、韓流ドラマの割合が高いことが話題となった。

ヤフー台湾では「韓国ドラマの比率を引き下げよというNCCの命令に賛成しますか?」とのネットアンケートを実施したところ、79.5%が賛成と回答している。


■多チャンネル時代の悩み

さて、台湾の韓国ドラマ問題だが、最大のポイントは「ちゃんと番組を作る金がない」という点だろう。ケーブルテレビが普及した台湾では、ドラマ専門チャンネルの乱立も含め、チャンネル数が急増した。増えた放送時間を埋め合わせるだけの番組はとても作れない。そのため「そこそこ安価で、そこそこ評判がいい」韓国ドラマの大量輸入につながったようだ。

もちろん、米国ドラマ、日本ドラマ、タイドラマといろいろあるなかで、韓流が目立つのはそれだけ韓国が売り込みに成功しているということもあるのだろうが。
(最近、中国本土ではタイドラマが人気だという。参照記事

NCCが懸念するポイントも放送される番組が海外製ばかりになると、台湾の番組制作業界が滅んでしまうのではないかという点にある。かつては中国本土へのドラマ輸出が絶好調だった台湾も、最近はヒット作がなく、逆に「新環珠格格」など輸入された中国本土ドラマが人気だという。

人口2300万人と台湾の市場は決して大きなものではない。多チャンネル化時代を迎えた今、どのようにして予算を確保した高品質の独自番組を制作するのか。一朝一夕では解決しない悩みとなっている。


トップページへ

コメント一覧

    • 1. にゃー
    • 2011年08月28日 00:57
    • 日本どころの騒ぎではないね。
      でも日本と違って、意図的としか思えない親韓、反日(この場合は反台か)の偏向報道や番組進行がないだけ反発も少ないのだろうけど。
    • 2. たこ
    • 2011年08月28日 01:27
    • 個人的にはある程度の規制は必要だとおもう。
      何故必要なのか。それはテレビは影響力が強すぎるから。
      東国原や橋下がテレビ無しで知事になれただろうか?
      民主党はテレビのあからさまな自民攻撃と民主プッシュなしに政権与党になれただろうか?
      テレビに出て視聴者にうけるように必死になってる議員はなんだかんだいって選挙で表を上乗せできてる。
      つまりそれだけの影響力がある媒体で、特定の国のコンテンツをひたすら放送し続けるのは、危険過ぎる。
      特に韓国は日本とは歴史問題、領土問題を抱えている国。
      そういう国のコンテンツをしつこいくらい垂れ流し、くわえてその国自体をプッシュしてるのが今の日本のテレビメディア。
      そして、韓国プッシュがバラエティだけでなく、報道にまで影響が及んでいることが本当に問題。
      せめて報道くらいはバラエティとは一線を引いてほしい。
      日本のテレビメディアが批判されているのは、公益性を完全に無視して自分たちの私利私欲のためだけに番組を制作、放送しているからだとおもう。
      あのデモは確かに、単に嫌韓なだけで参加している人もいただろうけど、この問題の本質は日本のテレビメディアのジャーナリズムに対しての国民の不信だと思う。
      みなけりゃいいですむような浅い問題ではない。
    • 3. ( ^-^)_旦""
    • 2011年08月28日 08:55
    • 日本のメディアは、これも黙殺する気なのかな?
    • 4. しちやん
    • 2011年08月29日 00:32
    • 日台で対策に出ようとも東・東南アジア全体で韓流ブームの今、この流れは当分止めようがないかなと思います。
      この間は台北walkerの表紙がsuper juniorでがっかりでした、こっちは台湾の明星情報が知りたいのに。
      韓流には興味ないんで代わりに華流の波が来てくれないかな~と願うばかりです。
    • 5. Chinanews
    • 2011年08月30日 19:42
    • >しちやんさん
      華流は来そうな感じがしつつも、なかなか来ないですね~。残念。
    • 6. ダメダコリァ !!
    • 2011年09月12日 22:27
    • また韓国は経済破綻前で危機アルヨ
      それなのにビロー運動盛んあるね
      日本にカナダにそしてUSAではボロンチョだったね
      しかして その心は ハァ〜
      韓国は100年で4回も破綻

      1910年 日韓併合  (実態破綻で国家インフラの切売りと1800万円の国外債務で日­本が買い戻しと弁済)
      1965年 日韓基本条約  (朝鮮動乱後で経済破綻状態で困窮し日本が8億$支援した)
      1998年 第一回IMF   (経済破綻状態でIMF日米で計5兆円以上支援)
      2008年 第二回IMF 予定  (目下回避に全力投入 ちなみにIMF支援却下の可能性も)
      これ見たら分かると思うけど基本的に国家運営は無理みたい。日本­はこの他にも多大な資金援助と技術支援をしてる 。米国も小国の国家予算で資金援助してるし・・・・・ これまで韓国は日本から借りた金をほとんど返したことがないのだ­。また援助して貰った事も忘れる。韓国人の生物学的特性?バカな­のか分からないが、忘れるので感謝しない。

      でも台湾は親日あるから好きあるよ好き!好きよ!
      台湾 日本 万歳あるよ!!

コメント欄を開く

ページのトップへ