• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

債務危機のギリシャ、自殺率が倍増=日本の自殺率はその4倍の高さ

2011年09月21日

2011年9月20日、米紙ウォールストリートジャーナルは、債務危機に苦しむギリシャで自殺率が急増していることを伝えた。

ギリシャのGDPは今年第2四半期、前年同期比マイナス7%と大きく減少した。失業率は16%と2年前からほぼ倍増している。犯罪が増加しているほか、ホームレスや海外への移民、そして破産率も上昇傾向にあるという。

こうした状況で自殺率が急激に上昇している。慈善団体「Klimaka」によると、自殺率は10万人あたり6人と債務危機前から倍増した。ギリシャ衛生省によると、今年1~5月の自殺率は前年比40%増を記録したという。16日にはテッサロニキ市の銀行前で借金に苦しむ中小企業経営者が焼身自殺を図った事件も起きている。

20110921_Greek
*画像は鳳凰網の報道。16日、テッサロニキ市で焼身自殺を図った男性。胸に火傷を負ったが命は取り留めた。


自殺率の高さでは日本も有名だが、ギリシャとどっちが多いのだろうか。気になって調べてみると、10万人あたり24人!自殺率倍増のギリシャよりもさらに4倍という高水準で、世界6位の座についている。なお、1位はベラルーシ(35.1人)。以下、リトアニア(30.4人)、ロシア(30.1人)、カザフスタン(26.9人)、ハンガリー(24.7人)と続く。
(参照:「自殺率の国際比較」社会実情データ図録)

なおウォールストリートジャーナルによると、ギリシャ正教は精神障害者である場合を除き自殺者の葬儀を禁止しているため、実際には自殺であっても遺族が隠すケースが多いという。よって10万人あたり6人という数字をそのまま日本とは比較できないのだが、それにしても日本の自殺率の高さに改めて驚かされる。


トップページへ

トラックバック一覧

  1. 1. 混乱続く拡大ユーロ圏

    • [ぼくあずさは地球人]
    • 2013年04月30日 04:41
    •                                      .by ぼくあずさメルケルの妖計による拡大ユーロ圏作りがEU経済危機の遠因であり、ギリシャ債務危機のキプロスへの波及についてリンク先をお読み下さい。ギリシャの人口(2012年7月)990

コメント一覧

    • 1. 匿名
    • 2013年07月17日 03:23
    • Change.orgにて安楽死に関する署名活動を行っています。賛同いただける方はご署名お願いします。

      http://goo.gl/epuQJ

コメント欄を開く

ページのトップへ