• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

歴史超大作が1~3位を独占=タイ映画歴代興行収入(2010年時点)―タイNOW

2011年09月28日

■タイ映画の歴代興行収入(2010年時点)■

1.レジェンド・オブ・スリヨータイ

2.THE KING 序章 ~アユタヤの若き英雄~

3.THE KING ~アユタヤの勝利と栄光~

4.トム・ヤム・クン

5.バーン・ラチャン

6.ナンナーク

7.バンコク・トラフィック・ラブ・ストーリー

8.ホリー・マン

9.フェーンチャンぼくの恋人

10.アンニョン!君の名は

11.キラータトゥー

12.フォウビア 2

13.心霊写真

14.マッハ!弐!!!

15.マッハ!!!!!!!!!! / Mach
*2010年時点。出典はThe future of Thai cinema by Sanchai Chotiroseraneeなど。

20110926_legend20110927_ayutaya

*左: レジェンド・オブ・スリヨータイ、右: THE KING 序章 ~アユタヤの若き英雄~

*当記事はブログタイランドNOW」の許可を得て転載したものです。


歴代興行収入の1~3位を占めるのは「レジェンド・オブ・スリヨータイ」「THE KING 序章 ~アユタヤの若き英雄~」。「THE KING ~アユタヤの勝利と栄光~」は、タイの王室が関係したある意味国威発揚映画です。5位の「バーン・ラチャン」は王室には関係ないですが、ナショナリズムに訴えかけた史劇もの。
(関連記事:「制作費30億円!都をセットで再現!すべてが桁外れの歴史超大作=『THE KING 序章 ~アユタヤの若き英雄~」―タイ映画評」KINBRICKS NOW、2011年2月16日)

THE KING 序章~アユタヤの若き英雄~/~アユタヤの勝利と栄光~ [DVD]
エスピーオー (2009-11-06)
売り上げランキング: 30852

4位の「トム・ヤム・クン」、14~15位の「マッハ!弐!!!」「マッハ!!!!!!!!!! / Mach」は、俳優トニー・ジャーの爆発的人気によるものでしょう。6位のホラー伝説の映画化「ナンナーク」はある意味異色で、ノンシー・ニミブット監督の力によるものでしょうか?

7位と10位の「バンコク・トラフィック・ラブ・ストーリー」「アンニョン!君の名は」は、最近はやりのロマンティック・コメディーの秀作です。8位のコメディー「ホリー・マン」はコメディーですが、タイらしくなくドタバタものではありません。

9位の「フェーンチャンぼくの恋人」は、タイの「スタンド・バイ・ミー」ともいわれているノスタルジック作品です。11位の「キラータトゥー」はアクション・コメディーでいい作品なのですが、何がここまで受けたのでしょうか?

意外なのは12位のオムニバス・ホラーの「フォウビア 2」。確かに映像が素晴らしいのですが、ここまで興収が伸びたのはなぜでしょう?しかもパート2です。13位のホラー「心霊写真」に関しては全く分かりません。作品的には出来は良くないと思うのですがね。





*当記事は
ブログタイランドNOW」の許可を得て転載したものです。


トップページへ

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ