• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

建設中の劇場が倒壊、1人死亡=工事中止命令を無視した無認可業者―広東省

2011年10月04日

2011年10月3日、広東省湛江市雷州市調風鎮圩区で建設中の劇場・南天戯楼で倒壊事故が起きた。建設作業員1人が死亡、7人が負傷した。4日、羊城晩報が伝えた。

写真を見てもどこが壊れたのかわかりづらいが、ショベルカーがある中庭のようになっている部分が全部倒壊したとのこと。ひものように垂れているのが鉄筋らしい。倒壊面積は100平米に及ぶ。

20111004_leizhou1
*画像は羊城晩報の報道。


事故が起きたのは3日午後2時。屋根部分にモルタルを流していたところ、木製の支えがずるずると傾斜し、建物が倒壊した。建設作業員はモルタルと一緒に高さ13メートルの屋根から落下し、多くが重傷を負った。

ある匿名の政府関係者によると、劇場は施工資格を持たない業者2社が担当していたという。鎮政府の検査によって危険性が指摘されており、工事中止も命じられていた。しかし施工業者は通知を無視。先日の台風上陸で政府に「隙」ができたタイミングを見計らって工事を強行し、今回の悲劇を招いたという。記事では業者の問題だけがとりあげられているが、中止命令を無視して強行させたのは施工主の意向だろう。地元政府のお偉いさんあたりが怪しそうだが……。

3日夜、雷州市政府は同市住宅建設局の羅局長、安全生産担当の蘇副局長、都市建設担当の柯・調風鎮副鎮長の免職を決定した。今後、さらに調査を進めて、関係者の責任を追及する方針だ。


トップページへ

コメント欄を開く

ページのトップへ