• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

iPhone4S発売!中国ネット民からは「がっかりだ!」との反応―中国

2011年10月05日

2011年10月5日(日本時間)、米アップルは新型スマートフォン・iPhone4Sを発表した。噂されていたiPhone5ではなく、「マイナーバージョンアップ」にとどまったことで、中国メディア、ネット民の間には失望の声が広がっている。

捜狐網は「PCWorld:iPhoneをチェック=4S で実現しなかった噂の5大機能」を掲載した。米誌「PCWorld」の記事を翻訳、転載したもの。

・4インチのベゼルなしディスプレイはなかった。
・デザイン変わらなかった。
・4Gサポートなし。
・米Sprint社への限定供給って噂はなんだったの?
・結局、iPhone5じゃないんだよね。

という5点を指摘。

光明網は「画面サイズは5年間変化なし=iPhone4S発表会で残念だった10のポイント」を発表。

・iPhone5じゃない!
・画面サイズが変わってない!
・薄くなってない!
・アルミユニボディじゃない!
・プレゼンしたティム・クックがあんまりiPhoneを触ってくれなかった。ジョブスだったらぺたぺたいじりながら楽しくプレゼンしてくれたのに!
・音声アシスタント・Siriは中国語をサポートしないんだって!(英語、フランス語、ドイツ語のみ)
・クラウド音楽サービス・iTunes Matchは米国限定のサービスかよ……。
・メモリが512MBしかない!iPhone4と一緒やで!
・NFCと4G に対応してないじゃん!

とケチをつけまくり。事前に怪情報、飛ばし記事を流しまくっておいて、その噂が実現してないとがっかりするというすばらしいマッチポンプぶりを見せている。


Original iPhone + iPhone 3G + iPhone 4 / Yutaka Tsutano



■ネット民はがっかり派が多数

ネット民の声をひろおうと、マイクロブログ・新浪ウェイボーをのぞいてみたが、現時点(5日正午)ではiPhoneという単語がホットトピックに載っていない!代わりに第6位に「昇級版」(アップグレード版)というランクイン。「iPhone5じゃないじゃん、デザインすら変わってないじゃん、がっかりだよ!」という声が多数を占めている。

「スペックすげえじゃん、いいじゃん」とつぶやいている人もいるが、事前の期待が高すぎたせいか、がっかり派が多数を占めている。「4S」という名前があんまり変わってないよというイメージを与えた、「デザインが変わらないなら4S買っても気づいてもらえない、自慢できない」というのがポイントだろうか。


■「iPad2」祭りの再現か?!輸入業者は大盛り上がり

ちなみにiPhone4Sの発売日だが、米国や日本など7カ国は14日に発売。28日にさらに28カ国で発売され、その他の国は年内には販売する予定、とのこと。中国は「その他」に入っているので販売時期はまだ未定。先行発売国でバカ売れすると、どんどんずれ込んでいくのではないか、と。

この情報に喝采を叫んだのが輸入業者。人気のタブレット「iPad2」も長く品不足が続き、正規販売価格を大きく上回る輸入品がバカ売れした。その再現が狙えると盛り上がっているという(深圳晩報)。米国などのアップルストアに中国人が大挙襲来、iPhone4Sを買い占めるという状況が見られるかもしれない。


トップページへ

コメント欄を開く

ページのトップへ