• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

西洋の侵略者を秘剣で撃退!アクション時代劇『秘剣ウルミ』(インド映画通信)

2011年10月24日

■『秘剣ウルミ バスコ・ダ・ガマに挑んだ男』■

第12回NHKアジア・フィルム・フェスティバル上映作品。初日最終回の上映だったが、まずまずの入り。1日で全4作品観たという人もちらほらいるようだった。

マラヤーラム語映画史上2番目の巨額を投じて作られた、サントーシュ・シヴァン監督の2011年公開作品。2年前にこのフィルム・フェスティバルで上映された「タハーン」の監督である。


■バスコ・ダ・ガマが悪役

インドの香辛料にまつわる利権を得ようとして攻め入ってくるバスコ・ダ・ガマの一群に両親を奪われた主人公が敵をうち、自分の土地ケララを守るために戦う物語。歴史に詳しくない私などはバスコ・ダ・ガマと言えばインドを発見した冒険家くらいの認識しかなかったが、そんな歴史上の人物をインドの侵略者として悪役に仕立てて描いたところが面白かった。

20111024_urumi
2011年インド公開 『秘剣ウルミ バスコ・ダ・ガマに挑んだ男』*オフィシャルサイト(英語)



*当記事はブログ「インド映画通信」の許可を得て転載したものです。


■おなじみの温古知新のインド話から環境問題まで……


ストーリーは主人公の末裔が先祖の土地をデベロッパーに高値をつけられ、売却しようとするところから始まる。それを現地の男に「おまえの先祖は命がけでこの地を守ったのだという」という語りで過去を振り返る手法だ。過去の名もなき人々が戦ったからこそ今のインドがある、というメッセージはすごくインド的だと思った。その一方でそれを環境問題にまで発展させたのはいささかテーマを広げすぎのような気もした。


■日本版は40分カット!醍醐味である踊りが……

脇の登場人物の描き方がなんだか雑のような気がして後で調べてみたら、原作は160分であり今回の上映は120分。40分のカットであった。主人公がバスコ・ダ・ガマの侵略により両親を失ったことから恨みを持つのはわかるが、その他の人物がなぜ、どういう理由によって何を憎んでいるのか……という説得力がいまひとつこちら側に伝わってこない気がした。

多くの曲がカットされていたようだが、せっかく主人公の親友役が古典舞踊も修めたダンスの名手なのだから、もっと彼の踊りが見たかった。上映時間の制限もあろうが、こういう映画祭だからこそノーカットで上映してほしかった。


■大作らしいスケール感、迫力の映像

とはいえこのようなスケールの大きい映画がマラヤーラム語映画で上映されていたことに驚いた。船がインド大陸に迫ってくる映像は重厚で迫力があった。カシミールの自然を背景に少年とロバを描いた「タハーン」の牧歌的な映像も美しかったが、このギャップはさすが撮影監督もつとめるだけある。


■「秘剣ウルミ」が物足りない

カットされている部分が多いので正確なところはわからないが、今回の上映のみを見た感想でいえば、もっと「ウルミ」という秘剣を使い、歴史的冒険活劇に徹した方がよかったような気がした。長くしなやかな剣というだけで、秘剣というにはちょっと存在感が弱い気がした。時に悪魔のような危険な魔力を持つ、制御しきれない生きもののような剣にした方が面白かったのではないか。
(ウルミ:インドの武術、カラリパヤットで使われる柔らかい鉄で作られた長剣wiki


ちなみに見たことがある顔があるなと思ったら、ヴィディヤ・バランが出ていた。良い意味で存在感が大きすぎないところが幅広い作品においてどんな役でもこなせる。現在も息長く活躍しているタブーのような女優さんになるのではないかと期待している。

1年後には日本でテレビ放送されるはずであるが、来年も是非インド映画が上映されることを願っている。



関連リンク:
【秘剣ウルミ】(Urumi, 2011, Malayalam)を観てきました!(むんむん's Diary、2011年10月18日)
ランダムサウス029(Togetter)

*当記事はブログ「インド映画通信」の許可を得て転載したものです。


トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ