• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

【おやすみの一曲】『Crayon/Caribou』カナダ・ロンドン

2011年11月17日

『Crayon/Caribou』




Caribou “Swim” | カリブーの5thアルバム『スイム』から紐解く、アートワークの重要性と必然性とは?(Qetic、2010年6月1日)

本名、「Daniel Victor Snaith」。2004年、諸事情ありManitobaからCaribouに改名。数学一家に生まれ、名門トロント大学で学ぶ。英大学で博士課程も取得している異色経歴の持ち主。

【インタビュー】CARIBOU ex MANITOBA(iLOUD)

本人が「僕はレコーディングに関してはコントロール・フリークだから、全てのディテールまで完璧でなくてはいけない」と話すように、カリブーのサウンドは計算され尽くしたかのようなサウンド・スケープで成立している。トロントの大学院で数学を学んだ経験が、そこでは活かされているのだろうか。

「いや、僕が学んだ数学は非常に抽象的かつ難解で、現実の世界のどんなことにも応用できるものじゃない。でも、僕のマインドをバネのように鍛えてくれたね」

さらに続けて、彼は言う。

「僕は、ただ自分の直感に頼っているんだ。制作中は本当に慌ただしくクレイジーで、物事を合理的に考えるなんてことは、僕をコントロール不可能なほどの怒りに追い込むからね。僕はこのアルバムのほとんどのパーツを目を閉じてつくったんだ。周りのスペースからアイデアをチャネリングするんだ」

Caribou-iTunes Store
Up In Flames/Caribou-amazonMP3

Up in Flames (Bonus CD)
*同曲収録アルバム『Up In Flames』。Manitoba名義と2種類あり。
oyasumi

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ