• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

「トイレのドアが開かない……」ぶち破り脱出!欠陥だらけのロシア住宅(タチアナ)

2011年11月30日

■キックで脱出■

*当記事はブログ「ロシア駐在日記」の許可を得て転載したものです。


20111129_ロシア_トイレ
Russian toilets / magical-world
*image

ひさしぶりにパパからの書き込みです。
(ロシアはニジニ・ノヴゴロド在住、タチアナさんの日本人の旦那様です。)


以前のエントリ「新築マンションはただの箱」の中にも書いたように、ロシアではマンションを購入するときは何もないコンクリートのままの部屋を購入するのです。よく日本でマンションを買うとき、「空間を買う」と言われますが、まさにそれです。それから各々で壁紙を張り、ドアをつけて、キッチンを……と言う感じで、自分たちの城を作っていくわけですが、ここが一つの分かれ目です。
(関連記事:「ロシアの新築マンションはただの箱=自分たちで作るマイホーム―ロシア駐在日記」2011年4月8日)


■見かけはいいが欠陥だらけ

業者に任すのか、あるいは自分たちでやるのか……。私どもの部屋の大家は年配の方で、どうも業者任せにしたようで、見た目は良い品物を使って部屋を作ったようですが、取り付け方などがむちゃくちゃです。このことについてはすでに「ロシアの手抜き工事」と「「やぐい」物たち」の中にも書いていますけれども、トイレのドアは無理やり引かないと閉まらないし、鍵も掛からない。

20111129_ロシア_欠陥住宅_220111129_ロシア_欠陥住宅_1

寝室の扉の枠は外れてくるし、部屋中のコンセントは外れて来ます。おまけにドアノブが外れてくるし、外そうにも取り付け時に電ドルでネジ山をつぶしているので、ほとんどの部屋のネジというネジは外れません。


■そして起こった!トイレ監禁事件


そこで、先日ある事件が起きました。夜中に私がトイレに行きました。そして、出ようと思うと扉が開かないではないか……!「落ち着け……」と自分に言い聞かせて一旦出るのをやめて、歯を磨きました。気を取り直して「えい!」やはり開かないではないか!何度もドンドンしていると、うちの奥さん、奥さんの妹、うちの子供と、妹さんの子供たちが、トイレの前でてんやわんやとなりました。

妹さんは男勝りなので期待していたのですが、外からあれこれやっても何の効果もなく、ついに私は「壊すからみんなを離れさせて!」と奥さんに指示しました。2、3回思いっきり蹴飛ばして脱出成功しました。ドアはカギの部分が壊れ、ドア本体も一部が粉々になりました。
(タチアナさんの旦那様はプーチン首相もやっていたロシアの組み技格闘技、サンボの元選手……。)


Emelianenko Fedor
Emelianenko Fedor / JaeYong, BAE

*一時は人類最強の男と言われたヒョードルも元サンボ選手。かわいそうなドア(笑)

原因はドアのノブを回すと、出たり入ったりする部分(名前はなんていうんだろう??)が、うちのトイレのドアはドアノブと直結されておらず、ドアノブはただ、「ドアを引くための道具」となっていたのです。ただ、問題の部分は通常セロテープでひっこめられていたのですが、今回それが緩み、ドアを閉めたときに飛び出してしまったようです。通常、回せば当たり前に引っ込むのが、引っ込むわけがない!直結してないのだから。これが事件の一部始終です。


■クレームせずに直しちゃうロシア人


結局、ロシアの方々はユーザークレームをあまりしないようで、

新車買を買った→問題個所発見→日曜日に自分で直す→無事修理成功→おとがめなし

などと言うのがあたりまえのようです。

Long-Jugan gas-plant
Long-Jugan gas-plant / zabaraorg

*image


■器用すぎるのもたまに傷


今回の部屋のケースも同じようで、ドアの取り付けねじの本数が少ない!コンセントが外れてしまう等の後々発覚する問題を「さもありなん」と言った感じで各々で器用に直してしまうのです。ロシアの生産業において、一向に品質のレベルが向上しないのは、このあたりにも問題があるのではないかと思いました。

やはり、新車、新品など呼ばれるものを買う時には、値段+信用分を払っているわけで、それに反する行為はちゃんとユーザークレームとして問題視しないと、工場側には伝わらないかと思いました。なにわともあれ、そんな品質の低さから家のトイレで監禁されたとは……、自慢にもならない出来事でした。

関連記事:
「おから工程」より脆い「粉末レンガ」=低価格住宅1000万戸が危ない―中国(2011年9月26日)
冷蔵庫の上にテレビ!?ロシア住宅の不思議な風景―ロシア駐在日記(2011年9月4日)
橋の真ん中で車が故障!ロシアで車のトラブルは日常茶飯事―ロシア駐在日記(2011年8月17日)

*当記事はブログ「ロシア駐在日記」の許可を得て転載したものです。

トップページへ

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ