• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

13人目の焼身抗議者=チベット自治区内、妻子ある身では初めて―チベット(tonbani)

2011年12月02日

■再び焼身抗議13人目、チベット自治区で初めて■

*当記事はブログ「チベットNOW@ルンタ」の許可を得て転載したものです。


20111115_カルマ僧院_爆発_えん罪

チベット自治区チャムド地区カルマ郷近くのギンタン村で昨日(2011年12月1日)午後、元カルマ僧院僧侶テンジン・プンツォク(46)が中国政府に対する抗議の焼身を行った。

この情報は最初、中国のマイクロブログやフェースブックに流れ、その後亡命側やRFAに現地からの報告が数件入り確認されたものだ。

テンジン・プンツォは焼身前にスローガンを叫び、チラシも撒いたというが、その内容はまだ伝わっていない。ある情報によれば、火は駆けつけた警官により消され、チャムドの病院に運び込まれたという。その後の情報は入っておらず、彼の今の容態は不明。

彼にはドルマという妻と2人の息子、1人の娘がいるという。焼身を行う数日前、彼は友人たちとの話の中で、最近カルマ郷で起こった爆弾騒ぎの後、カルマ僧院の僧侶たちが弾圧され、多くの逮捕者が出て、僧院が閉鎖されるかも知れないということに対し、強い抗議の姿勢を示していたという。

「郷庁舎爆破事件は政府の陰謀だ」と現地住民=事件を口実に僧侶を弾圧―チベット(tonbani)
チベット自治区庁舎で爆発事件=現場の壁に「チベット独立」の赤文字(tonbani)

これでチベット内の焼身抗議者は13人目となるが、チベット自治区内での焼身抗議は初めてだ。また、妻子ある俗人の焼身も初めてである。

参照:1日付けRFA英語版チベット語版、1日付けICTリリース、2日付けphayul

関連記事:
「チベットの大義のため、他の建設的方法を」焼身抗議中止を訴える声明全文(tonbani)
ニューデリー中国大使館前でチベット人が焼身抗議=今年12人目(tonbani)
【閲覧注意】尼僧パルデン・チュツォの壮絶な焼身動画=祈りを捧げる人々―チベット(tonbani)
【閲覧注意】初めて公開された焼身抗議映像=強まる当局の圧力―チベット(tonbani)(2011年10月31日)

*当記事はブログ「チベットNOW@ルンタ」の許可を得て転載したものです。


トップページへ

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ