• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

罠にはめられたアップル?!全面敗訴で中国でのiPad商標を失う

2011年12月06日

2011年12月5日、広東省の深圳市中級法院は、米アップルの請求を棄却し、中国本土における「iPad」商標がアップル社の所有ではないとの判断を示した。


ipad
ipad / Sean MacEntee


2011年12月6日付南方都市報財経網を参照した。


■発端

事件の発端は2000年、まだiPadの影も形もなかった時にさかのぼる。当時、世界第4位のディスプレイメーカーだった唯冠国際の台湾子会社が世界各地で「iPad」の商標権を獲得した。2001年、中国本土の子会社である唯冠科技(深圳)公司が中国本土での商標権を獲得している。
(2011年12月7日追記:唯冠国際の英語社名はProview。)

そして2006年、アップル社がiPadの発売を計画し始めた時、すでに唯冠が商標を取得していることに気がついた。アップル社は、製品を出さないまま商標が放置されていると主張。商標撤回を求めて、唯冠台湾子会社を英国で起訴したが、司法は唯冠に軍配をあげた。結局、2009年にアップル社は3万5000ポンド(約426万円)を支払い、世界の「iPad」商標権を獲得した。

これで問題が解決したはずだったが、思わぬ落とし穴が待っていた。ちょっとややこしい話なのだが、中国本土以外のiPad商標を持っていた唯冠台湾子会社と、中国本土の商標を持っていた唯冠深圳は、親会社は同じとはいえそれぞれ別個の会社。唯冠台湾が中国本土商標を勝手に売却することはできないというのが唯冠深圳側の主張だ。


■裁判と唯冠の狙い

ほとんど罠にはめられたような形になったアップル社は訴訟に突入。中国本土における「iPad」商標がアップル社にあることの確認と調査費用及び弁護士費用の計400万元(約4800万円)の支払いを求めた。

しかし、深圳市中級法院は全面的に唯冠深圳側の主張を認め、アップル社の訴えを却下した。今回の裁判は一審でまだ上訴することは可能だが、そこで敗訴してしまえば「iPad」商標を失うことが決定的となってしまう。ゆえに前回同様、金を払って商標を買うという展開も考えられそうだ。もっとも「iPad」がこれほどのビッグブランドになった今、400万円程度では許されそうにないが。

ちなみにこの唯冠社だが、栄光の時代ははるか過去のこと。今では債務に苦しみ、破綻寸前の状態にあるという。最大の取引相手であった米ポラロイド社が2008年に破綻し売掛金未回収の損失が出たこと。今年初頭に米国の複数の液晶ディスプレイメーカーから独禁法違反で訴えられ、裁判所から賠償命令を下されたことが要因だという。

この危機を救う唯一の希望が「iPad」の商標だと報じられており、金銭で解決するにしても安売りはしてもらえなさそうだ。アップル社がどう判断するのか興味があるところだが、ここは一つ、思い切って中国本土では「iPad」という名称を使わないというのはどうだろうか。代わりの名称として、一つ考えてみた。「爱板多」(Aibanduo)とか格好いいと思うのだが、どうだろう?

*2011年12月11日追記
続報記事を書きました。「【続報】中国でのiPad商標を失ったアップル=相手企業は1200億円を要求

関連記事:
アップル、中国ユーザーを切り捨て?!有料アプリがタダになる「ブラックカード」対策導入
【写真】本物より早くニセモノが完成!ニセiPhone5絶賛発売中なり
iPhone価格の秘密=アップルのボロ儲けと中国で異常に高い理由―中国
海賊版に激怒し中国市場撤退を決めた東野圭吾と東野を嘲る中国ミステリ業界(阿井)
【動画】なぜか関羽大暴れ!面白CMから中国版iPhoneの混沌が見えてきた
<中国タブレット市場>iPad首位を堅持=平均価格下落、庶民にも手が届く!?(11年第3四半期)(osschina)
iPadよりもよっぽど使える!?噂の中華Padを買ってみた―中国
「iPadが欲しかったから」17歳の少年、両親に内緒で腎臓を売る―中国湖北省
誌レイアウトそのまんま、無料の電子雑誌「中国新聞週刊」で写真も広告も楽しめる―中華iPhoneアプリ紹介


トップページへ

トラックバックURL

コメント一覧

    • 1. 通りすがり
    • 2011年12月08日 18:06
    • 1 いつもアップル社がしていることをされただけでは
    • 2. ンゴ
    • 2011年12月08日 19:24
    • Appleが言い掛かりをつけながらやってきた事をそのまま反されただけだな。(笑)
    • 3. loco
    • 2011年12月10日 15:28
    • 中国では何も売らなきゃいいぢゃん。
      ただそれだけ。
    • 4. まき
    • 2011年12月12日 07:23
    • 中国は小狡く意地汚い
    • 5. ハナクソ
    • 2015年01月10日 22:05
    • たかが商標に思うだろうが現実問題世界の各国に名の知れた最新システムが中国にも導入してくれると云うのにアップルが考え方一つで、中国で販売するのは止めようとしたら中国人はそれを得る事が出来なくなる恐れがあったと云う事に誰ま気付いていないが、良く反日だから日本製品を買わないと云う中国本当にそれでいいのですか、時代から孤立してしまうのに
      例えば日本のトイレットペーパーは水に溶ける。
      当たり前だが中国ではゴミ箱に捨てるらしいが日本からトイレットペーパーを多くが買えば日本の企業が中国に生産工場を作る事になるだろうにもったいない
      日本の企業と中国が協力し合うなら水洗トイレというシステム自体技術提携だって可能になるのに、もったいない事だ

コメント欄を開く

ページのトップへ