• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

【おやすみの一曲】『夜明け晩餐/透明雑誌』台湾-台北

2011年12月06日

『夜明け晩餐/透明雑誌』





【LIVE】




EIGHTBEATER/NUMBER GIRL





IGGY POP FANCLUB/NUMBER GIRL




[ototoy] 特集: 透明雑誌来日記念インタビュー&ライブ・レポート

歓声の中、透明雑誌が鳴らした1曲目は「夜明け晩餐」。まさにNUMBER GIRLの「EIGHT BEATER」だ。惜しげもなくNUMBER GIRLへのリスペクトを表したこの曲は、『シブヤ~』の幕開けと全く一緒である。それを皮切りに、フロアの盛り上がりは加速していく。4曲目「ANORAK」が鳴った瞬間、それまでの会場の温度がさらに上がり、ダイブで人が飛び交う。

台湾のナンバガ「透明雑誌」、青春の破壊音つめた初作『僕たちのソウルミュージック』(CINRA.NET、2011年6月16日)

Pixies、Weezer、Sonic Youth、Superchunk、Cap'n Jazzなどアメリカのオルタナティブロックバンドをはじめ、日本ではナンバーガールからの影響を公言しており、ストレートでエッジの効いたサウンドは台 湾の音楽シーンでも異色の存在感を放っている。

台湾版ナンバーガール!? 話題の4人組バンド、透明雑誌が日本デビュー(TOWER RECORDS ONLINE、2011年6月9日)

本人たちも当然公言してますが、2002年に惜しまれながら解散した博多出身の4人組オルタナ・ロックバンド『NUMBER GIRL』に強い影響を受けたとのこと。(フロントマンであったボーカル向井秀徳は現在『ZAZEN BOYZ』で活躍中。)自分もラストライブツアーの野音に行きましたし、当時けっこうな熱を上げて聴いていたので、この透明雑誌を初めて耳にした時は驚きました。耳慣れた曲に突然北京語が乗っかってきたので(笑)

「影響も何もアートディレクションから何から完パクリやないかっ!!これリスペクト言わんぞっ!!」


とか、野暮なことは絶対に言わないで下さい。好きなんです。NUMBER GIRLが好きなんですっ!!(笑)ルックスは本家よりもっと爽やかサワデーな、なんかこうちょっと『BUMP OF CHIKEN』みたいな感じ。女子に大人気な理由もうなづけます。


20121206_透明少女_僕たちのソウルミュージックOMOIDE IN MY HEAD 1 ~BEST&B-SIDES~20111206_NUMBERGIRL_透明少女

*当楽曲収録アルバム『僕たちのソウルミュージック』。下はNUMBER GIRLの『OMOIDE IN MY HEAD 1 ~BEST&B-SIDES~』と、シングル『透明少女』。いずれもジャケクリックでamazonページへ。

oyasumi

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ