• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

観客をうならせる衝撃のラスト!本格派エロティック・スリラー『パッション』―タイ映画(asianet)

2011年12月12日

『パッション / The Passion』

*当記事はブログ「タイ映画つれづれなるままに」の許可を得て転載したものです。


20111211_タイ映画_passion_パッション
*2006年制作 日本未公開

サルンヨー・ウォンクラチャンによる、自作自演の本格的スリラー作品。物語は映画館(シネマ・コンプレックス)内で展開する。強姦シーンを撮影したビデオ・テープとそれと引き換えに支払われた現金を巡って繰り広げられる、猟奇的な殺し合い。そして、錯綜する男と女の愛と性が……というストーリー。


■タイ映画らしからぬ好脚本、観客をうならせる衝撃のラスト


作品の冒頭で、映画館の客席に座っている女性プレーオ(ボンコット ・コンマーライ)が、刃物で自殺をしようとする。そして、彼女をレイプしようとする異常者の映画館主(サルンヨー・ウォンクラチャン)。それに、映画館で働く掃除婦(プラーントーン・チャンタム)につきまとっていい寄る男。

しかし、彼女は映画館内で働くヤク中?の男を好いている。そして、トイレ内で男に強姦されるプレーオとそれを天井裏からビデオで撮影する男。これらの一見何の関係もなさそうな人物たちの関連性が、物語が進むにつれて明らかになってくるのがすごい。アメリカや日本の映画では決して珍しいストーリー展開ではないのだが、この手のものは脚本力が弱いタイ映画ではとても珍しい。ラストでは、観客をそうだったのかとうならせてくれる。


■主演2人の魅力あふれる演技


コメディー的要素がなく、しかもここまで猟奇的なスリラーは、タイ映画では観た覚えがない。この作品のムードを盛り上げているのは、何といってもスランユー・ウォンクラチャーンとボンコット ・コンマーライの主演男女優二人である。特にサルンヨー・ウォンクラチャーンの異常さは、観ている者にものすごい恐怖感というか猟奇性を与える。ただ、監督もしているせいか、ボンコット ・コンマーライとの直接のからみは意外に少ない。

主演女優のボンコット ・コンマーライは、タイを代表するグラマーなセクシー女優だ。日本でもDVD化されている「マッハ! エンジェル MACH! ANGELS(Dangerous Flowers)」<2006年>、「トム・ヤム・クン(Tom Yum Goong)」<2005年>、「ラスト・ウォリアー(Kunpan: Legend of the War Lord)」<2002年>に出演しているので、ご存知の方もいるであろう。今回、彼女のアクションシーンは多い。男を殴りつけたかと思えば投げ飛ばされという感じで、どこまで本人がやっているかは分からないがかなりの奮闘ぶりだ。髪の毛を短く切った姿もなかなか魅力的である。

マッハ!エンジェル [DVD] 

そして、肝心の彼女のセクシー・シーンだが、裸は出てこない。しかし、ずぶ濡れのパンツ姿はかなり色っぽい。そして、下着姿で宙刷りで逆さになるシーンがあるのだが、かなりグラマラスなだけあってバストの迫力はすごいものがある。気の強い掃除婦役のプラーントーン・チャンタムも好演している。

全画面キャプチャ 20111212 01236
*右画像はแกลเลอรี่ รูปภาพ นิตยสาร FHM เตรียมจัดฉลองครบรอบ 5 ปีより。他画像多数。



■まさに傑作!なのに……大コケ


かなり評価できる作品だと思うのだが、興行的には22万5000ドル(約1760万円)と大きくこけている。タイでは受けない内容なのであろうか?ポスターもすごい。タイでこんなエロティックなものを掲示できるのかと思われるような内容だ。

監督のサルンヨー・ウォンクラチャンは、俳優として日本でもDVD化されている「マッハ!参!!!(Ong-Bak 3)」<2010年>、「マッハ! エンジェル くノ一 Mission(The Vanquisher)」<2009年>、「マッハ!弐(Ong-Bak 2)」<2008年>、「THE KING 序章 ~アユタヤの若き英雄~(King Naresuan Episode1)」<2007年>、「レベル・サーティーン(13 Beloved)」<2006年>や「カワオ・アット・バーン・プレーン(Kawao At Bangpleng)」<1994年>などに出演している。たぶん、映画を監督したのは本作が初めて。原題は「残忍な愛情」という意味。



関連記事:
東南アジア映画に出演する日本AV女優=製作側の目論見は宣伝効果(asianet)
【タイ映画評】忍者なのに銃撃戦?!CIAの侍スパイ?!『マッハ! エンジェル くノ一 Mission』
制作費30億円!都をセットで再現!すべてが桁外れの歴史超大作=『THE KING 序章 ~アユタヤの若き英雄~」―タイ映画評
男に与えられた13の試練=奇妙奇天烈な死のゲーム『レベル・サーティーン』―タイ映画評

*当記事はブログ「タイ映画つれづれなるままに」の許可を得て転載したものです。


トップページへ

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ