• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

【金正日死去】「中国の古い友人」たちが次々死んでいく=ネット民の反応

2011年12月19日

2011年12月19日、北朝鮮の金正日総書記の死が発表された。中国政府、メディア、ネット民の反応をご紹介する。


20111219_北朝鮮_金正日_死去_1
*嘆き悲しむ北朝鮮の人々。 朝鮮中央通信社による配信。
網易新聞の報道。

■中国政府とメディアの反応

まずは中国政府の反応から。中国外交部の馬朝旭報道官は以下のようにコメントしている。

外交部・馬朝旭報道官による北朝鮮最高指導者・金正日死去に関する談話

北朝鮮最高指導者・金正日同志の不幸な逝去に驚いた。我々は深い哀悼の意を表明すると同時に、北朝鮮人民に対して真摯な慰問の意を示す。金正日同志は北朝鮮の偉大な指導者であり、中国人民の親密な友人であった。北朝鮮の社会主義事業の発展、中朝の隣国友好協力関係の推進に重要な貢献をした。

北朝鮮人民は必ずや悲痛を力へと変え、心を一つに団結し、北朝鮮社会主義事業を今後も前進させていくと、我々は信じている。中朝はともに努力し、中朝両党、両国、両国人民の伝統的な友好をより堅固に発展させ、朝鮮半島と本地域の平和安定に積極的な貢献をなしていく。


中国メディアだが、大手ポータルサイトは特集ページを組んで大々的に報道。とはいえ、生年や経歴を紹介するなどの紹介が中心で、「金正日の死」が与える影響についてはほとんど報じられていない。一つだけ「A株市場の株価に与える影響は限定的」という記事があったが。「論評は避けよ」という検閲命令が出ていても、株絡みならば論評できるということらしい。

20111219_写真_中国_北朝鮮_金正日
*画像はポータルサイト・網易の「金正日死去」特集ページ


20111219_北朝鮮_金正日_死去_2

20111219_北朝鮮_金正日_死去_3
*上記画像2枚。嘆き悲しむ北朝鮮の人々。 朝鮮中央通信社による配信。網易新聞の報道。


■中国ネット民の反応

中国ネット民だが、さすがに注目度は高い。新浪微博のホットトピックランキングではトップ(19日午後6時現在)。558万件超の書き込みを集めていた。もっとも17日に試験が終わった大学英語試験ネタは717万件の書き込みを集めているが。こちらは2日間で700万件なので、今日明日にも金正日死去が抜きそうだ。

さて、ネット民の声を拾い読みしてみよう。

財経網
【韓国聯合ニュース電:金正日、過労のため17日に列車内で突然死】金正日は1942年生まれ。北朝鮮労働党総書記、国防委員会委員長、北朝鮮人民軍最高司令官。北朝鮮の前指導者・金日成の長男。金日成は生前、次のように金正日を評していた。「金正日同志は文武両道の本物の人民指導者だ」「我が国に金正日同志のような哲学者、理論家がいることを、私は誇りに思う。」

以下、コメント拾い読み。

また一人、強硬派が減ったな。


絶対に政変があるぜ。息子は何歳だよ。あの若さでトップになるのは自然界のルールにそぐわない。ま、封建制度だからな。


息子が改革してくれるといいな。北朝鮮人民が幸せな生活をできるようにさ。



理論家って……(;´_`;)


封建主義。


寂しい社会主義。


本当に過労死?糖尿病じゃね?糖尿病はどういう生活でかかるのか、みんなわかるよね!


中国はまた一人、古なじみを失ってしまった。


バカな書き込みは死者への不敬じゃないかな。成熟した中国本土の国民としては、朝鮮半島情勢の行方に関心を持つべきだろう。


年老いた独裁者が死んだ。若い独裁者が生まれた。


疑いようのない事実だが、「中国人民の古い友人」は今世紀最強の呪いの言葉だな。今後は各国指導者はこんなふうな会話を繰り広げると思うぜ。「ねえねえ、君って中国人民の古い友人なんだって?」「バカなことを言うな!おまえこそ古い友人だろ!おまえの一家郎党全員が中国人民の古い友人だ!」


三国志みたいだな。孔明は精魂込めて後継者を育てたが、劉備の息子・劉禅は大役を全うすることができず、その後の大混乱を招いた。北朝鮮の歴史もあるいは……。

*太字強調はChinanews。

ざっと読んだ感じでは、「最高指導者世襲っておかしくね?(中国でもやってない)」「カダフィに続いてまた一人、中国の(独裁)友人が消えてしまった」という感想が多数を占めている印象だ。上記翻訳を見てもらってもわかるとおり、かなり手厳しい批判もあるがコメントは削除されていない。

北朝鮮にかこつけて我が中国を批判するコメントを消しまくれという状況ではないようだ。まあ、ビッグニュースであることに違いはないが、ある意味予想されていた驚きといったたぐいのものかもしれない。

さて、余談だが、日本政府の藤村修官房長官が「哀悼の意」を表明したとのこと(MSN産経)。まあ、普通の外交辞令なのだが、網易のポータルサイトにしっかりと記事が上がっていた。一つ上の記事は「オーストラリア:各国政府は冷静に対応するべきと呼びかけ」、一つ下の記事は「米国:同盟国の安全のために今後も力を尽くすと約束」。なんか日本だけがのんきというか、北朝鮮のお友達に見える構成になっているのだが、嫌がらせだろうか。

20111219_北朝鮮_金正日_死去_4

20111219_北朝鮮_金正日_死去_5

20111219_北朝鮮_金正日_死去_6
*上記画像3枚。嘆き悲しむ北朝鮮の人々。 朝鮮中央通信社による配信。網易新聞の報道。

関連記事:
北朝鮮政府「チョコパイは資本主義の象徴」と警戒=韓国から月600万個が流入
李克強副総理が北朝鮮訪問へ=中国外交部の「異例」会見の意味を考える(水彩画)
<北朝鮮砲撃>中国人は「嫌韓」?それとも「嫌北」?いいえ、両方です=ネット民の声を聞く―金ブリ浪人のススメ
【まとめ】<北朝鮮砲撃>「中国ならどうにかしてくれる!」各国の期待を中国が斜め上の方向に打ち返すまで
砲撃の狙いは金儲け?!北朝鮮砲撃で盛り上がる中国ネット掲示板をのぞいてみた
「将軍様、幸せな生活をありがとう」北朝鮮美人女子大生の独白と中国ネット民の反応―政治学で読む中国
<大陸浪人のススメ>中国の国境貿易商人「今月初めに北朝鮮に行ってきたけど質問ある?」


トップページへ

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ