• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

「中国軍人も同じ人間」=亡命チベット仏教リーダーが説く『愛と慈悲の心』(tonbani)

2011年12月28日

■カルマパ「中国の軍人も同じ人間である」と■

*当記事は2011年12月26日付ブログ「チベットNOW@ルンタ」の許可を得て転載したものです。


20111114_チベット_焼身自殺_カルマパ
*カルマパ・ラマ。


カルマパがミラレパの詩歌を唱える(歌う)というビデオ。残念ながらどの詩歌か同定できず、意味はお伝えできない。まずは、その声だけを味わってほしい。

以下、25日付けRFAチベット語版より



カルマパは中国の軍人も同じ人間であると述べられた。

17世カルマパ・ウゲン・ティンレー・ドルジェ師は先週土曜日(2011年12月24日)、デリーでカルマ・カギュ派立宗900年祭を取り仕切られた。これは1世カルマパであるドゥスン・ケンパが1110年に宗派を創設して900年経った(実際には今年で901年)ということを記念する儀式であった。

20111110_カルマパ・ラマ_亡命チベット仏教_写真

この時のスピーチでカルマパは「愛と慈悲の心」を説く話の中、2000年初頭に中国(チベット)からインドへ亡命するために、秘密裏にネパール国境を越えたときの話をされた。

「馬に乗り国境を越えるとき、自分も従者も中国の軍隊に見つかるのではないかと非常に怖れ、彼らをまるでお化けか悪霊のように思っていた。しかし、その内、私は彼らも同じ人間に違いないと思う事ができるようになり、怖れを克服する事ができるようになった」

「我々がもしも仏教を行じることで、(害を及ぼす)他人を敵と思わず愛と慈悲を起こし、見方を変えことが出来るならば、自他ともに大きな利がある。人間同士の利害の対立も必ずや少なくすることができる」

と語られたそうだ。

関連記事:
「チベットの大義のため、他の建設的方法を」焼身抗議中止を訴える声明全文(tonbani)
亡命チベット仏教リーダー、焼身抗議の中止を要請―チベット(tonbani)
「中国指導者の頭の中には常識を司る部分が欠けている」法王記者会見―チベット(tonbani)(2011年11月9日)
「絶望的状況が焼身自殺の原因」ダライ・ラマ法王、仙台で語る―チベット(tonbani)(2011年11月6日)
越境チベット人20人拘束=ネパール経由のインド亡命困難に―チベットNOW
腕だけで山を越え亡命した僧侶=巡礼の旅で見つめた失われゆく祖国―チベット(tonbani)
【閲覧注意】炎に包まれながらも合掌を崩さず=尼僧パルデン・チュツォの葬儀に1万人(tonbani)

*当記事は2011年12月26日付ブログ「チベットNOW@ルンタ」の許可を得て転載したものです。


トップページへ

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ