• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

ロシア社会に溶け込む日本の子どもたち=モスクワの日本人学校に行ってみた(タチアナ)

2012年03月01日

■日本人学校に行ってきました!■

*本記事はブログ「ロシア駐在日記」の2012年3月1日付記事を許可を得て転載したものです。


■ピカピカの2年生?!

日本にいれば今頃小学校1年生になっているはずのゆうき。しかし、ニジニ・ノヴゴロドは日本人が10人しかいないので、日本人学校どころか日本の補習校もありません。かといって、現地の学校は基本的に満7歳からの入学なので、ゆうきがここの小学校に入るのが後半年も先のことになります。

しかし、いずれ帰国し日本の小学校に転入することになりますから、国語などの勉強はおろそかにはできません。そのようなことで日本大使館からいただいた教科書にそって、ゆうきはパパと毎晩勉強しています。この授業のことを私たちは「ゆうくん学校」と呼んでいます。「僕の小学校はなぜか台所にあるんだよね~」とこの前ゆうきが独り言を言っていました。

日本に帰ったときは1年生がすでに終わっているので、ゆうきはいきなり2年生、場合によっては3年生になります。この前そういう話をしたら、ゆうきはびっくり。「ピカピカの1年生は???」と信じられない様子でした。ちゃんと説明したつもりでいたのですが、どうもうまく伝わってなかったようです。「ゆうきの場合は『ピカピカの2年生♪~』」と家族で盛り上がってしまいました。


■モスクワの日本人学校

20120301_写真_ロシア_日本人学校1

しかし、せっかく日本の小学校と同じ教科書で勉強しているので、日本人の1年生の様子をぜひ見せてやりたい。少しでも学校の雰囲気を味わえば、ゆうきにとっていい刺激になると思って、モスクワにある日本人学校に見学に行ってみようと思いました。幸い、校長先生が快く引き受けてくださり、この計画を実現できました。当日は朝早くロシアの新幹線「サプサン号」に乗って、お昼ちょっとすぎに小学校にお邪魔しました。

20120301_写真_ロシア_日本人学校2

子供たちがちょうど外で遊んでいたので、ゆうきもさっそく仲間に入れていただきました。「前ならえ」もできなかったし、「鬼ごっこ」のルールも忘れていたみたいですけど、みんなにサポートしていただきとても楽しく過ごすことができました。

20120301_写真_ロシア_日本人学校3

そういう気配りをはじめ学校の雰囲気はとても日本的で、なつかしかったです。しかし、モスクワにある学校なので、現地の要素も取り入れられています。例えば、我々がお邪魔した日はロシアの「祖国防衛者の日」の前日だったけれども、日本人学校の子供たちもこの習慣を取り入れ、授業でお父さんたちのためにプレゼントを作っていました。


■モスクワのすばらしさを自ら学び、体験することに喜びをもつ子供たち


海外にある学校だから「日本文化を守ろう」という姿勢が強いのかなと私は勝手に想像していたのですが、そういう閉鎖的な雰囲気はまったくありませんでした。いただいた学校要領の中に「目指す子供像」についてこういう言葉もありました。

校長先生方もまさにそういう雰囲気で、ロシアでの仕事をとても楽しんでいらっしゃる様子でした。先生の話を聞いてて私はとてもうれしくなりました。

20120301_写真_ロシア_日本人学校4

実は、日本で暮らしている間、日本の生活に馴染めなくて日本の悪口ばかり言っている外国人を私はイヤというほど見てきました。そういう気持ちで暮らしていると毎日つらくてしようがないはずだと思います。それに、何より非常にもったいないです。慣れなくて不便なことがあっても、母国との違いを前向きに受け止めようとする人の方がより楽しく過ごせるし、最終的には収穫がより多いと思います。

そういうことを今まで何回も考えたことがありますので、日本人学校の考え方に心から共感できました。先生方のそういう姿勢を子供たちもきっと受け継ぐと思います。私としても、ロシアで過ごした時間が自分の人生の中でプラスになるように、子供一人ひとりにぜひ頑張ってほしいと思います。

ゆうきの場合も、「ニジニ・ノヴゴロドは日本人学校がなくてかわいそう」と考えるんじゃなくて、ロシア文化にどっぷりつかるいいチャンスだと考え、どんどん色々吸収してほしいと思います。そういう話をしながら、私たちはニジニ・ノヴゴロドに戻りました。

関連記事:
読み書き、演劇、格闘技=日本より1年半遅い入学前、息子に習わせていること―ロシア駐在日記
荒れ狂う反日感情は恐怖でしたか?日本人留学生に聞いてみた―中国人民は日中対立をどう見ているのか?<3>
中国人オタク新入社員の日系企業奮闘記

*本記事はブログ「ロシア駐在日記」の2012年3月1日付記事を許可を得て転載したものです。

トップページへ

コメント欄を開く

ページのトップへ