• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

【写真】まるで廃虚、畑の真ん中に横たわる「世界最大のコンクリート船」=撤去をめぐり議論―中国

2012年03月19日

畑のど真ん中に取り残された巨大な貨物船という異様な光景。世界最大のコンクリート船・古田号を撤去するべきか、あるいは保存するべきか、議論が起こっている。2012年3月18日、聯合早報が伝えた。


20120319_写真_中国_コンクリート船
*画像は河南商報の報道。

福建省福州市馬尾経済開発区、畑のど真ん中に一隻の大きな船が鎮座している。38年前からこの地に居座る船の名前は古田号。世界最大のコンクリート船だ。

1974年進水の古田号は全長105メートル、排水量5700屯。福州と上海、青島、大連など沿海部の各都市とをつなぐ大型貨物船として期待された。ところが完成してから自重が重すぎて燃料を馬鹿食い、遠洋航海は無理と判明してしまった。結局、数回航海に出ただけで放置され、道路建設に伴い陸上の「邪魔者」という存在に変わり果ててしまった。

現在、この土地を開発するために古田号を解体、撤去しようという話が持ち上がっているが、これまで船を見守ってきた元船乗りは「(コンクリート船という)一時代の造船技術を代表する船。保存して観光地にするべきだ」と話している。他にも博物館に寄贈するべき、あるいはこの船を愛国主義教育基地にするべきとの声も上がっているという。

新浪網国際在線河南商報などが写真を掲載しているが、 畑のど真ん中にあるというシチュエーションの面白さ、38年間野ざらしにされた廃虚的渋さはなかなかのもの。日本のコンクリート船・武智丸も今は防波堤兼遺跡になっているというが(ウィキペディア)、この「世界最大のコンクリート船」も保存する道を探って欲しい。

関連記事:
【写真】チャン・ツィイーのヌード像で話題作り?!重慶市観光地がネットで「炎上」
海外旅行気分を満喫できる北京の旅行村!中国語を話すと「罰」も―中国
チベット仏教を食い物にするニセ僧侶、中国各地に出没―チベットNOW



トップページへ

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ