• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

【反日デモ】私たちは愛国と敵を倒すことしか習わなかった=ある中国人女性の言葉(ucci-h)

2012年09月23日

■中国の反日暴動に対するタイにいる一中国女性の見方■

*本記事はブログ「チェンマイUpdate」の2012年9月23日付記事を、許可を得て転載したものです。



hong10
hong10 / Amber ZW

日本政府による尖閣諸島買収を受け、中国各地で反日デモが起きた。9月15日、16日の両日にはデモが暴動化した例が多数報じられている。

中国国民の怒りが政府によっても抑えられないところまできたとの見方もあるが、その後不思議とぴたりと収まった。また尖閣諸島に漁船1000隻が向かったとの話もあるが、地方政府から金が出ているとも伝えられている。

総合すると、反日デモは中国の政府のコントロール化にあると見てよいのだろう。反日という材料が反政府に転化・拡大するようならただちに抑制されることになる。

さて、今回の反日デモについて、中国の知識人はどう見ているのだろうか。私が住むタイの新聞に、バンコクでジャーナリストをやっている中国女性ツァン・チーさんのコメントが掲載された。中国の教育事情もわかるすばらしい内容なので、紹介したい。


■中国人女性ジャーナリストが語る反日デモ

中国の反日デモが多くの都市に広がった日のこと。バンコクでの買い物の帰りに、中国版ツイッターである「新浪微博」を携帯で見ていると、日本製品ボイコットの呼びかけを見かけた。寿司など日本製品をたくさん買った自分の買い物袋を見て、「私は愛国者なのかしら」と少し罪の意識を感じた。

もちろん、これはばかげた感情なのだが、自分は、中国の広い国土、音楽のように美しい中国の言葉が大好きだし、世界第2位の経済大国になったことを誇らしく思っている。

私たちがディアオユー(釣魚)島(尖閣諸島)を失いそうだと知った今、中国の歴史書にもはっきりと中国固有の領土と記されてきた土地を失いそうなことに対し、攻撃された感じと不安がとまらない(尖閣諸島は、1895年日清戦争後、日本にとられたと教えられているようだ)。

しかし、領土問題は政府同士が交渉すべきビジネスだから、政府間交渉に任せるべきで、国民がデモすべきことではないだろう。私にもっとも衝撃を与えたのは、人々が愛国心を表すそのやり方である。日本の店舗やレストランを暴力的に破壊するそのやり方である。私には、信じられず、恥ずかしく、憤慨すべき、悲しい事態だった。

そして気がついた。国を愛するように教えられては来たが、いかにいい方法で愛すべきかは全然教えられてこなかったと。デモ自体が悪いと言っているのではない。デモを悪用し、ばかげた振る舞いに転嫁することが悪いのだ。

中国では、愛国教育には事欠かない。70年代、80年代生まれの私たちには多すぎるくらいだった。小学校に入り、教わる歌は愛国歌ばかりである。「母国への頌歌」、「共産党なしには新中国はなかった」、「太陽は紅く、毛主席は最愛の人」などである。

学校で見る映画は、革命映画ばかりである。その中で悪者は、哀れであほで邪悪な、いつも日本人か地主である。ヒーローは、赤軍兵士、共産党メンバー、農民、労働者同胞となる。こういった独善的な刷り込みは大学までも続くので、大学の必修授業である、マルクス・レーニン主義のイデオロギーと共産党の主義・政策を教える「政治講義」を私はさぼったほどだ。

こういったものが多く教えられる一方で、市民としての権利をいかに要求し、使うかといったことは一切教えられてこなかった。前向きな姿勢で、合理的・平和的・合法的なやり方で、いかに価値や力を獲得すべきかも教えられていない。我慢して、交渉して、妥協する方法についても教えられない。他人の利益を尊重することも教えられていない。教えられたのはただただ「敵を倒せ!」ということだけだ。

従って、こういうデモが起こると、島の争いにはなんら貢献することなく、自国の経済をも損なうような暴力を生み出す。私たちは、感情的になり、暴力行為に移り、さらにネガティブな感情を増やし、結局ルールや社会正義を傷つけ、愛国とは関係ないところに収まる。

市民教育のないところに悲劇ははじまる。


■感想

という内容。中国という国が、国民に考えさせないドグマティックな教育を与え、生活の不満のはけ口を反日暴力など外に向けているとしたら、いつかどこかで行き詰まりそうだ。

関連記事:
【反日デモ】毛沢東を知らない若き毛沢東信者、毛沢東を罵る老人を殴る―中国
【反日デモ】ボクが経験した反日=日本大使館の前を歩いてみた―中国
【尖閣問題】“国有化”が中国を怒らしたわけ=人民戦争発動のロジックを考えた
【反日デモ】反日デモの終わらせ方=デモの黒幕は周永康と予想してみた(水彩画)
【中国斜め読み】反日デモ、笑える写真をピックアップ=腐女子も絶句?!ジャッキー・チェンがイケメンと熱いキス(ujc)
【反日デモ】「中国政府は抑制に転じた」の間違い=反日モードはそう簡単には終わらない
【反日デモ】「もうすぐ日本と開戦!」デマが引き起こした食塩買い占め騒ぎ―中国
【反日デモ】「暴力では解決できない」デモ隊に引き裂かれた少女のメッセージ―中国
【中国斜め読み】反日デモの発起人は交通警察隊長?!デモにまぎれて汚職官僚批判ほか(ujc)
今日の反日デモと気になるポイント=深圳が大変なことに―中国
【反日デモ】中国共産党は暴動をやめさせるのか?メディアから読み解く今後の展開(水彩画)


*本記事はブログ「チェンマイUpdate」の2012年9月23日付記事を、許可を得て転載したものです。 

コメント一覧

    • 1. yutakarlson
    • 2012年09月24日 10:50
    • 【新聞に喝!】これは反日「デモ」なのか?―【私の論評】新聞は、物事の背景を見ることができないばかりか、言葉遣いまでおかしくなっている!!

      こんにちは。日本の新聞では、尖閣テロリズム問題を含む中国の反日テロリズムを尖閣問題、中国反日デモなどという言葉で報道しています。これは、言葉の遣いからして、全くの間違いです。さらに、「いじめ」に関しても、これは、多くの事例で、「いじめ」の範疇などとっくに超えており、「学校犯罪」という言葉を遣うべきです。これらは、言葉遣い一つの間違いでも、本当に大事な背景を見逃してしまうことになりかねないという良い事例だと思います。このようなこと、探せば他にもいくらでもあります。これは、新聞に限らず、テレビや、ラジオなどのマスメディアをはじめとして、あらゆる組織で、あることかもしれません。私たちは、言葉の本来の意味を意識して、意図して意識して、コミュニケーションを図っていく必要がありそうです。そう思うのは私だけでしょうか?あなたは、どうお考えになりますか?詳細は、是非私のブログを御覧になってください。
    • 2.  
    • 2012年09月30日 17:23
    • その通りだと思いますがあえてやってることですから突っ込まないんですよ
    • 3. 奈々氏
    • 2012年10月04日 02:18
    • バカなのかな中国って
      それともそういう気質の人が多い国なんですか?
      悲しい国だよね
      逆に今政府方針が変わっても
      子供が子供に教えるわけだからあと何世代も愚かな国民っていうイメージが続きそう
      戦争をとめるために戦争をする
      中国の暴走をとめるためには避けられないことかもしれません
    • 4. 日本人
    • 2012年10月17日 13:51
    • 愛国心。それは大事だよ、でもね、よその民も大切に思えないなら愛国なんて言えないよ。軍艦隊まで出してきて、暇なのか、金があるのか、昔交わした約束を守れない国に島ひとつ預けるわけないじゃないの。南京大虐殺を日本のせいにしてきて非道よね。大虐殺した頃と何も考え方変わってないじゃないの。軍国主義から脱却して共に幸せ目指しましょうよ。捏造重ねてるから悩むのよね。
    • 5. 日本人。
    • 2012年10月18日 09:11
    • 世界中で中国人がしてる事ご存知ですか?アフリカ、チベット、フィリピン等。それで愛国心があると言えますか?それで常任理事国?経済第2位?喜んだって良いですよ。でも、私達は同じ人間なのよ、違う国、部族でもお互いに尊重しあって生きていかないとでしょ!人の命を何だと思ってるの?捏造で重ねた中国歴史…、時代は流れたが、人の本質は変わらないわ。今世界中にしてる事が中国の真実よ。南京大虐殺、中国国民皆殺しを聞いた日本兵は助けようとしたが、中国国民共に虐殺された。 非道いわね。
    • 6. 反日教育は…
    • 2013年05月01日 19:56
    • 暴力は憎しみを生み
      憎しみは暴力を生む
      中国は今侵略と弾圧をしてそれが国の為という教育を受けてますよね。それが可哀相でならない。経済は他国の協力を得て世界2位に経済力が上がれば軍事力を上げて他国へ侵略と…あなたの国は歴史がある国なのに私が知っている黄布賊と変わらない。いつかは滅ぼされるでしょう。民度が2000年変わってない。社会保障やテクノロジーなど経済国になったのだから使い道を間違えているような気がします。
    • 7. 日本人
    • 2013年09月10日 20:56
    • 反日は何の益もなさない。あるのは不信感と滅亡だけ。

コメント欄を開く

ページのトップへ