• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

反日モードもAV女優人気には勝てず?!小澤マリア中国進出をあの環球時報が報道―中国

2012年10月13日

未曾有の超氷河期モードとなった日中関係。しかし中国で吹き荒れる反日モードもAV女優人気には勝てないらしい。


人気AV女優小澤マリア、中国芸能界に本格参入
人民網日本語版、2012年10月12日

蒼井そらに続き、日本の人気AV女優が中国大陸部に進出する。10日付PR ニュースワイヤ報道によると、ハーフの人気AV女優・小澤マリアが、近く活動の拠点を中国に移し、中国の芸能界に本格的に参入する計画を発表した。彼女はすでに、北京の芸能事務所と契約を取り交わし、中国のオンラインゲーム企業のイメージキャラクターを務めることが決まっている。環球時報が伝えた。

小澤の中国市場進出計画は、かなり前から動き出していた。中国の芸能事務所との契約が今回成立したことで、今回の本格参入となった。中国の芸能事務所のバックアップにより、一連の作品が年内に発表される予定。また、オンラインゲーム会社が制作した最新ショートフィルム「魔の形態」も公開された。中国色豊かなこのショートフィルムで、小澤は一人で中国文化の「7人の悪魔」を演じ、変わらないセクシーな魅力をアピールしている。また、小澤が主演する青春コメディも近く公開される予定という。中国の大衆、特に多くの「おタク」からの絶大な支持を得ていることから、小澤はオンラインゲーム業界を中心に活躍の場を広げる計画だ。中国版ツイッター「新浪微博」にアカウントを開設、人気は急上昇、すでにフォロワーは100万人を上回った。

日中関係超氷河期時代の真っ只中に中国進出を発表とはなんともすごい。あの蒼井そらもツイッターで今は中国での仕事がなかなかできないと愚痴っている中での快挙。しかもそのニュースが日本たたきの急先鋒、環球網まで報道、人民網中国語版にまで転載されているではないか!!!反日モードもAV女優人気には勝てないのか、それとも反日もアクセス稼ぎも同じぐらい大事なのか。

というだけの小ネタなのだが、わざわざ取り上げたのは記事の一部分が激しく気になったため。人民網日本語版の訳ではこの面白さが反映されていないのでPRニュースワイヤ(ちなみにここはメディアではなく、プレスリリースを流す会社)のプレスリリースを一部翻訳したい。

小澤マリアはずっと中国語学習に積極的に取り組んでおり、中国文化も理解している。今回、突然撮影されたトレンディ大作はまさに中国文化における「魔の七種の形態」をモチーフにしたもので、陰魔、天魔、死魔、罪魔、行魔、業魔、心魔の7役を演じ、これまでのセクシー路線を続けている。

私が無学なだけなのかもしれないが、中国文化における魔の七種の形態ってはじめて聞いたのですが……。

20121013_写真_中国_小澤マリア_

7人いるけど全部、淫魔に見えるのですが……。つーか右下のメガネのお姉さんも中国伝統の魔の七形態なのか。

20121013_写真_中国_小澤マリア_2

20121013_写真_中国_小澤マリア_3

とりあえず普通の肌が魔、白黒っぽくなると神になると理解。「神はあなたにあげられない。魔はすべてをあなたに与える」がキャッチコピー。

本当に中国で本格活動するのか、たんなるネトゲの話題作りなのかはよくわからないが、個人的には中国伝統の魔の七形態が気になって仕方ない。なんか元ネタがあるのか、あるいはそのネトゲの中での設定なのか、誰か謎解きよろしく!

関連記事:
解読「蒼井そらの中国人気」=反「反低俗」とネット精神の象徴から一般的人気へ―中国紙
WEB2.0時代の反日デモ=「蒼井そらスローガン」が有効な武器となるわけ―中国
「中国旅行したい!」「尖閣行け」蒼井そらの中国マイクロブログが微妙炎上した件
日本人AV女優が中国侵略の罪を体で謝罪?!報道は完全なデマだった!
「日本の元AV女優が尖閣を中国領土と認めた」環球網の煽り記事が思わぬ失敗をしている件


トップページへ

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ