• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

「iPhoneを持っていたから」即逮捕されたチベット人=スマホがチベット本土と亡命政府をつなぐツールに(tonbani)

2012年10月30日

■iPhoneを持ってるだけで、連行、逮捕の対象に■

Fake iPhone
Fake iPhone / John.Karakatsanis


世界中で今、爆発的に売れてるiPhone、だがチベットではこれを持ってるだけで逮捕の原因となるという話。

■リンゴ印の携帯

Tibet Timesによれば、10月23日、チベット自治区ナクチュ地区ソク県で1人の僧侶がリンゴ印の携帯を持っていたとして連行、逮捕されたという。チベット語ではapple製品のことをཀུ་ཤུ་རྟགས་ཅན་(クシュ・タクチェン、リンゴ印)と呼ぶ。リンゴ印の携帯とはiPhoneのことである。

僧侶の名はタシ・ノルブ(བཀྲ་ཤིས་ནོར་བུ་)、19歳。ソク県の隣のシン県にあるウーセル・ドゥプデ・オゲン・ダムチュ・リン(འོད་གསལ་སྒྲུབ་སྡེ་ཨོ་རྒྱན་དམ་ཆོས་གླིང་)というニンマ派の古刹僧院に所属していた。

この地方一帯(ソク県、シン県、ディル県)は08年以降、厳しい弾圧が続いていることで有名である。特に最近、共産党十八大会を控え、さらに厳しい警戒の下にあるという。至る所に検問所が設けられ、身体検査が行われ、特にリンゴ印の携帯を持っていることが見つかれば、連行され、wechat等を通じ外国と連絡を取った経歴がないかどうかをチェックされるという。


■チベット語入力ソフトがプレインストールされているiOS

僧タシ・ノルブの逮捕だが、iPhoneを持っていたことだけを理由に逮捕されたのか、それともiPhoneで外国と連絡を取ったことが判明したのかは、記事にははっきりと書かれていない。

ちなみにiPhoneにはチベット語がプレインストールされており、複雑な操作をすることなく、チベット語の読み書きが可能だ。もちろん写真や映像も送ることもできる。中国にはニセiPhoneが流通しているが、その多くはアンドロイドOS。チベット語入力は可能だが、ソフトのダウンロード・インストールが必要でややハードルが高い。

本物iPhoneか、ニセiPhoneかはともかくとして、チベット本土の焼身抗議の知らせ、写真など亡命政府に送られた情報の多くはiPhone経由だった可能性が高い。それだけに当局もリンゴ印の携帯を警戒しているというわけだ。

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ