• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

低血圧だと朝が弱い?!ロシア人が不思議に思う日本人の常識(タチアナ)

2012年12月05日

■朝、だれだって起きづらい!■


夏に出ていた今年の冬の予報は「非常に寒い」とのことでした。しかし、ニジニ・ノヴゴロドはつい最近まで気温がプラスのままでした。これからどうなるかわかりませんけれども、今年は冬の到来が遅いことだけは確かです。

ちなみに、ロシア人たちは晩秋の中途半端な天気が苦手みたいで、「どうせなら早く本格的な冬になってほしい」と、周りのみんながずっと雪を楽しみにしていました。そして、その願いが叶い、最近雪がよく降るようになりました。しかし、雪が降ったら降ったで大変です。今日も朝から吹雪で、ニジニ・ノヴゴロドのあっちこっちが渋滞です……。


さて、前回の記事「外国人には理解不能!「すいません」の謝罪から会話が始まる日本語」に引き続き、今回もロシア人が何となくぴんと来ない日本語のちょっとした会話を取り上げます。ついこの前うちの駐在員の会話の中でも出た「低血圧」の話です。

会話のパターンとしては下記の通りです。

「低血圧だ」という話になった→「(低血圧の人は)朝が弱い」というセリフが出る。

 日本でよく耳にする会話の流れですが、実は、ロシア人はこの発想に対して違和感を抱きます。

「朝、誰だって起きるのがつらいんじゃないの」

と、日本語ができるうちの会社の女の子もこの前言っていましたけれども、どうも彼女にとっても、この会話は不思議に聞こえるようです。言うまでもなく、ちょっと考えれば「低血圧」と「朝の起きづらさ」の関係が何となくわかります。

しかし、「寝るのが遅い」や「冬、朝になっても暗い」など、朝起きづらい理由は他にもいっぱい考えられるから、朝が苦手なのは何もかも低血圧の人に限ったことではないと、この会話を聞いたロシア人たちは思ってしまいます。実際、健康優良児のタチアナでも朝が弱いです(ただの寝不足です)。だから、低血圧の話のたびに日本でわざわざ「朝の起きづらさ」の話が持ち出されるのは毎回不思議に思えてなりません。

それにしても、どうして日本では普通に耳にするこの会話はロシアでは何となく成り立たないのだろうか?ロシア人はみんな高血圧だから、低血圧の人があまり市民権がないのか?(←ロシア人は高血圧かどうかわかりませんけど…)それとも、ロシア人で朝が弱い人が多いから、低血圧の人だけ特別に同情してもらっていると「私だって・・・」といやな気分になるのか?理由はさっぱりわかりません。

逆に、日本人は低血圧と朝の弱さをどうしてそんなに結びたがるのでしょうか?皆さんおわかりでしたら、ぜひ教えてください。

関連記事:
ロシア人的にはかなり不思議=学歴や会社名で個人の才能が評価される日本社会(タチアナ)
不思議なスイカ爆発事件=ナゾの“膨張剤”は日本でも普通に使われていた―中国
「道が綺麗すぎる」「歩行者が信号しか見ない」中国人が不思議がる日本の道路―中国オタ事情
中国大手メディアの不思議報道=6年前の日本「女体盛り」記事を今さら転載
昼飯文化の極地、それが日本のお弁当だ!絶賛記事と中国ネット民の反応

*本記事はブログ「ロシア駐在日記」の2012年12月5日付記事を、許可を得て転載したものです。   


トップページへ

トラックバックURL

コメント一覧

    • 1. あ
    • 2012年12月05日 19:38
    • うーむ…自分は98/45の低血圧だけど、目覚めはいいし朝も強いよ。
    • 2. まさ
    • 2012年12月05日 19:56
    • 低血圧で朝弱いとか言ってるやつはただのヘタレ
    • 3. 名無し
    • 2012年12月05日 19:56
    • 私は129の178ですが 目覚め即起きカツ丼たべれる。
    • 4. あ
    • 2012年12月05日 20:49
    • 低血圧を遠回しにアピールしてくるのは、イライラする。
    • 5. アンダーソン
    • 2012年12月05日 20:57
    • 朝から酒飲んでます
    • 6. 名無し
    • 2012年12月06日 08:49
    • 点滴常習者の友人いわく、低血圧の貧血持ちは、朝めまい酷くてなかなか起きられないんだそうな。

      それを利用した、病弱アピールがウザイだけで、本当に貧血で朝起きられない人はまれ。英国貴族の貧血=病弱=可愛い文化への憧れでしよう。

コメント欄を開く

ページのトップへ