• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

バス火災からいかに脱出するか?中国が生み出した画期的解決策

2013年06月17日

■バス火災からいかに脱出するか?中国が生み出した画期的解決策■
 


2013年6月7日、アモイ市で、BRT(バス高速輸送システム)放火事件が起きた。47人が死亡する大惨事が人々の注目を集めている。役所のミスで年金がもらえず絶望したという容疑者への同情、あるいは迅速な解決のために容疑者がでっちあげられたのではないかとの疑義については、福島香織さんが記事「厦門バス放火事件は「貧困テロ」か?」がとりあげている。

もう一方で問題となっているのが、バス火災の安全対策だ。事件を受け、ローテクとハイテク、二つの画期的な解決策が登場したようだ。


■セキュリティレンガと自動ガラス粉砕機

一番いいのは入り口から下りることだが、中国の路線バスといえば、通勤ラッシュの山手線クラスに混んでいることもざら。順番に逃げていたのではとても間に合わない。

となると、窓を壊してあちらこちらから同時に脱出するしかない。そこで必要になるのが車載用セキュリティハンマーだ。日本の車にも備え付けられているアレである。中国にも設置が義務づけられているのだが、実際には“ない”ことが多い。というのも乗客が盗んで持って帰ってしまうのである。

鄭州市路線バスのセキュリティハンマー、紛失量が急増=北京豪雨の影響か(大河網、2012年8月1日)
2012年7月21日に北京で豪雨。車に閉じ込められて死亡した事故が注目を集めたことからか、うちにも一つ欲しいわね、とお持ち帰りになる乗客が急増。

武漢市路線バス、セキュリティハンマーがネジ止めされていた=意味ないじゃんと市民がツッコミ(武漢晩報、2012年9月27日)
ならば盗めないように!とセキュリティーハンマーをネジ止め。火災があった時に使えるよう、となりにドライバーもつるしておいてほしい。間に合わないと思うけど。ちなみに武漢市では2009年に3万個のセキュリティーハンマーを導入、1年後に1万6000個が消えていたという。

ハンマーを設置すれば盗まれる。盗まれないようにしたら事故が起きた時に困る。中国のバス会社は大変なジレンマに悩まされている。しかもアモイの事件を受け、事故対策はまったなしだ。さあ、どうするか。そして、今、湖北省襄陽市が画期的解決案を提案している。それがこちら。

20130617_写真_中国_バス_

ハンマー並みに破壊力があるし、重くて盗むやつはいないだろうし、盗まれても替わりは安いし、メリットだらけ。問題はバスの車内にレンガが置いてある不自然さと、あまりに面白すぎるということぐらいだろうか(荊楚網)。

ちなみにもうちょっとスマートな解決法としては「自動ガラス粉砕機」なるものがあるのだとか(CRI)。これは運転手がボタンを押すと、窓ガラスにひびが入り、簡単に手で崩せるようになるというハイテクシステム。放火事件が起きたアモイではBRTの全車両に配備する計画だ。

低コストかつローテクのセキュリティレンガと、高コストかつハイテクの自動ガラス粉砕機。どちらが優れた解決策なのか。ちゃんと動くという保障があれば後者に軍配をあげたいところだが、中国のメンテナンスのやる気のなさを考えると、火事になってボタンを乱打してもびくともしないというのは十二分にありそうな話。やはりここは信頼性のあるセキュリティーレンガを全中国的に導入して欲しい。

関連記事:
ディープ旅行の代名詞、悪名と悪臭の寝台バスがあと5年で消滅か―中国
「外」交部は「援」交部に堕した!スクールバス寄贈問題で炎上―中国(水彩画)
ど忘れ運転手のうっかりミス、二階建てバスで低いトンネルに突撃する事故―湖北省
故宮の獣、恐怖の最終バス、赤いチョッキ……北京にもあった都市伝説―北京文芸日記
超混雑の中国路線バスは女性と痴漢の戦場だった……重慶市政府、痴漢対策ハンドブックを発表
超超超・定員オーバーは当たり前?!園児20人死亡のスクールバス事故(凜)


トップページへ

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ