• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

Wechatの海外ユーザーが7000万人に、CMにメッシを起用しLINE追撃(osschina)

2013年07月04日

■微信(WeChat)の海外ユーザーが7,000万人を突破 新たなイメージキャラクターにはメッシを起用■


2013年7月3日、テンセントの2013年度パートナー大会が開催されました。急成長を続けるモバイルコミュニケーションサービス、中国版LINEとも言われる「微信(WeChat)」に関する重要な発表もいくつか行われましたが、今回はその中から海外展開についてご紹介します。Tech QQ,  WeChat公式ページTech Webを参照しました。

微信(WeChat)の海外ユーザーは今年4月に4,000万人、そして5月には5,000万人を突破していましたが、今回のイベントでは海外ユーザーは既に7,000万人を超えたと発表されました。なお全ユーザー数は4億人超。ちなみにLINEのユーザー数は5月1日時点で1億5000万人、うち1億500万人が日本以外のユーザーです。ユーザー数だけだとWechatの圧勝ですが、自国以外の展開ではむしろLINEがやや有利という展開でしょうか。

そしてまた更に海外展開を加速すべく新イメーキャラクターとしてサッカー選手のリオネル・メッシを起用したことも発表しました。

20130704_写真_中国_wechat_1

既に wechat.com 内に専用ページも設けられています。


TV CMも準備されており、本日から15カ国での放送を開始したそうです。
スペイン語トルコ語インドネシア語のバージョンも用意されています。 

もちろんメッシのWeChat公式アカウントも既に開設されています。

20130704_写真_中国_wechat_2

さて、微信(WeChat)のライバルであるLINEは既に海外ユーザーが1億人を超え、230以上の国で利用されています。微信(WeChat)が正式進出したインド市場にもLINEは進出。微信(WeChat)のお膝元中国での連携パートナー”360”が自社スタッフに対し、LINE(中国語名は“连我”)以外の利用を禁じる通知を出したというニュースもありました。KakaoTalkWhatsAppなど別のプレイヤーも加え、モバイルコミュニケーションアプリのシェア争いはますます激化することになりそうです。

関連記事:
中国発のモバイルコミュニケーション・アプリ「Wechat」がインド進出、インド映画風の歌うCMを公開(osschina)
中国でも死につつあるケータイメール=中国版LINEことWechatの影響(osschina)
LINE類似サービス・WeChatに有料化の噂=日本の先をゆく中国のOTT問題(osschina)
中国版LINE、Wechatが海外ユーザー5000万人を突破=各国テレビCMまとめ(osschina)
あらゆる海外のサービスを内製化or模倣する中国=インフォグラフィック「ソーシャルメディア構造図2013」が便利(osschina)

*本記事はブログ「中国ソーシャルメディア雑記」の2013年7月4日付記事を、許可を得て転載したものです。


トップページへ

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ