• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

中国モバイルIM市場の65%を支配するテンセント、老舗QQがなお一番人気(osschina)

2013年07月25日

■易観国際: 中国モバイルIM市場は65%強をテンセント社が支配 シェアトップは依然QQ■


CNNICのレポートでもここ数回高い利用率を誇り、最近では微信(WeChat)の急成長や前回お伝えしたとおりその他各社も類似製品、サービスを展開するなど人気の高い中国IM(チャット)市場ですが、その市場シェアレポートが易観国際から公開されました。

20130725_写真_中国_インスタントメッセージ_1

こちらは、2013年第1四半期時点のモバイルIMツール累計ユーザー数のシェアなのですが、トップには中国で長らくIMツールの王者として君臨し続けているQQのモバイル版がついており、38.07%のシェアを占めています。 
その後は微信(WeChat)が27.97%で続き、以下中国移動(チャイナ・モバイル)が提供している飛信(Feixin)が18.37%、中国電信(チャイナ・テレコム)が提供している翼聊が4.98%とキャリア系のチャットツールが続き、その後はMS中国提供のMSNが3.80%、アリババが提供する旺旺が2.38%、最近中国携帯電話業界で最も話題を集めていると言っても良い小米(Xiaomi)が提供するチャットツール米聊(Miliao)が1.43%で続き、その他が3.00%となっています。

次はアクティブユーザーのシェアです。

20130725_写真_中国_インスタントメッセージ_2

順位としては旺旺とMSNが入れ替わっているくらいですが、面白いのはQQと微信(WeChat)の差が累計ユーザーの10.1%からこのアクティブユーザーでは19.16%に差が広がっていることです。

当ブログでも最近は圧倒的に微信(WeChat)を紹介する機会のほうが多く、QQはあまり紹介する機会がないですし、実際に中国のニュースサイトなどでも同様な傾向があるのですが、まだまだQQは根強く利用されているのだろう、ということが推測できます。 

実データでなく感覚的ではありますが、中国ではビジネスの場でもQQを利用することが非常に多いですし、80后(80年代生まれ)前半お及びそれ以前の世代のモバイルインターネットユーザーは今でもQQの方を好んで利用している気がしますし、私が住んでいるような地方都市と言われる地域ではQQの利用率の方がまだまだ高い気はしていました。

この辺は年代別や地域別のデータなども出てくると面白いですね。きっと様々な傾向が見て取れるはずです。また、いずれにしてもQQと微信(WeChat)で累計ユーザーもアクティブユーザーも65%超を占めているテンセントはやはり同市場で無類の強さを誇っていますね。

さて、 中国IM市場は微信(WeChat)ユーザー数がまもなく5億人に達しようとしてたり、類似製品、サービスが続々と出てきたり、BtoB製品なども出てきたりとまだまだ賑わいを見せそうですが、このモバイルIM市場において微信(WeChat)がQQ超えを果たすのか、はたまた全くのニューフェースが登場してくるのかなど興味はつきません。

関連記事:
ゾンビフォロワーにバグ利用ソフトウェア=ユーザー3億人突破の微信(Wechat)のグレーゾーンビジネスが話題に(osschina)
Wechatの海外ユーザーが7000万人に、CMにメッシを起用しLINE追撃(osschina)
LINE類似サービス・WeChatに有料化の噂=日本の先をゆく中国のOTT問題(osschina)
テンセント社が業績発表、QQの月間アクティブユーザー数は8億人超、Wechatは2億人(osschina)
騰訊微博、英語対応を強化=QQ、weiboともに海外進出への動き―中国微博情報

*本記事はブログ「中国ソーシャルメディア雑記」の2013年7月25日付記事を、許可を得て転載したものです。


トップページへ

コメント欄を開く

ページのトップへ