• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

【小ネタ】“あの”刀削麺ロボが日本上陸、勇姿を見るために錦糸町に走った

2013年09月16日

■“あの”刀削麺ロボが日本上陸、勇姿を見るために錦糸町に走った■


ごくごく一部で爆発的話題となっている刀削麺ロボを見に行ってきました。


■刀削麺ロボの誕生と発展

刀削麺ロボが世界(のごく一部の物好き)に知られるようになったのは2010年のこと。CCTVの発明紹介番組で紹介されたことがきっかけです。

20130916_写真_中国_刀削麺_
*[我爱发明]机甲厨神(2010.10.31)。

某ウルトラマンにくりそつのデザインを含め、ちょっぴり話題になりました。

その後、刀削麺ロボはメーカーで改良の末、量産化されたばかりか、模倣するメーカーも登場するなどちょっとした人気産業(?)に。中国の街を歩いていてもなかなか刀削麺ロボは見つけられないのですが、ネットではロボを売りつける広告をちょくちょくみかけるという不思議な状況になっています。

20130916_写真_中国_刀削麺_2
*量産が進む刀削麺ロボ。

20130916_写真_中国_刀削麺_3
*猪八戒タイプ、一休さんタイプも。好機匯致富機械厰公式サイトより。


■東京で刀削麺ロボに会える

そんな刀削麺ロボがついに日本上陸を果たしました。導入したのは「刀削麺荘 唐家 錦糸町店」。

あの刀削麺ロボが生で見られる、しかも日本で!

とすっかり盛り上がった私は刀削麺フェチの友人2人と食べに行ってきました。なお私はどちらかというと刀削麺があまり好きではないという……。でもロボは好きです。

JR錦糸町駅から徒歩5分ほどにある小さなお店、その厨房の奥に彼はいました。

20130916_写真_中国_刀削麺_4

お店の方に話をうかがうと、元はウルトラマンタイプだったそうなのですが、さすがに日本では無理だろうということでコックさんデザインに変更したそうです。ただ色は変えても胸のカラータイマーは残ったまま。

刀削麺を削るという目的からすると不必要なほどでかいロボはなんと重さ80キロ。わざわざ輸入したという熱意だけで目に熱いものがこみあげます。当初は秋葉原店に導入する予定だったそうですが、厨房に入らなかったために錦糸町店でのデビューとなったのだとか。

なお日本到着時点でセンサー(麺の厚みをはかるものでしょうか)がぶっ壊れており、秋葉原に部品を買いにダッシュしたというエピソードも泣かせます。



こちらが刀削麺ロボの勇姿をとらえた動画。一定のリズムで削り続ける姿がなんとも頼もしい。ただ麺が飛びすぎて鍋に入らないこともあるようで、シェフさんがつきっきりでした。1杯分の刀削麺を削り終えた後にストップするのも手動です。

20130916_写真_中国_刀削麺_5

20130916_写真_中国_刀削麺_6


こちらが完成品の刀削麺。シメの刀削麺を食べる時点ですでにべろべろだったために写真もイマイチな上に何を注文したかもちゃんと覚えていないという……。たぶん、担々刀削麺と冷やし棒棒鶏のせ刀削麺だったような気がします。

味は普通。

一緒に行った刀削麺フェチの友人2人は当初、「機械にうまい刀削麺が削れるはずがない」「人間が削るがゆえの厚みの違い、それこそが刀削麺の神髄よ。均質に削ったロボ刀削麺がうまいはずがなかろう」と仰っていましたが、食べると「意外と普通」「普通の刀削麺やった」とトーンダウンしていたことをご報告します。


■メカが変える中華料理の世界……になったらいいなぁ

というわけで普通においしくいただける刀削麺のお店。家の近くにあったなら嬉しいな、と思った次第。刀削麺荘 唐家さんは現在、フランチャイズオーナーを募集中で全国100店舗を目指しているそうで。全国に100台の刀削麺ロボが駐屯してくれたらなんとすばらしい世界だろう……と期待に胸が高鳴ります。

なおロボではないのですが、中華料理メカというジャンルでいいますと、上野・千里香の自動羊肉串焼き器もなかなかのものです。



無煙ロースターという大発明が焼き肉界を変えたように、未来の中華料理界もメカが変えてくれるのではないか。別に変えなくてもいいけど、楽しいからもっと面白いメカが登場して欲しい。そう願ってやまないのです。

関連記事:
【動画】ハイテク刀削麺ロボ「機甲厨神」現る!ってどうみてもウルト○マンやないかっ!!―中国
「ボクは日本で猫耳やビエンビエン麺を食べたいのだ」日本の中華麺的貧困を憂う
【中国ちょっといい話】1杯の刀削麺=「プラスのエネルギー」を伝えよう
中国の名作コピペ「1杯の牛肉拉麺がもたらした思考」=MBAが挑むラーメン屋マネジメント
日本の拉麺って「拉」してないから拉麺じゃなくね?中国ネット民が語る日中拉麺の違い(百元)


トップページへ

トラックバックURL

コメント一覧

    • 1. 百元籠羊
    • 2013年09月18日 23:11
    • レポお疲れ様です!
      刀削麺好きの人間としてはとても有難い情報でした。

      それにしても刀削麺ロボ、案外悪くないみたいですね。
      正直慣れないお兄ちゃんが作るペラペラで一定しないのを食べさせられるくらいならロボの方がいいかなーなどとも思ってしまいます。
    • 2. Chinanews
    • 2013年09月19日 16:48
    • >百元籠羊さん
      コメントありがとうございます。

      刀削麺があんまり好きではないボクにはいまいちぴんと来ないのですが、東京もダメ刀削麺が多いんでしょうか。店舗数だけはやたらと増えましたもんね。。。少なくともロボはバー○ヤンよりは上と友人が評しておりましたw

コメント欄を開く

ページのトップへ