• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

漢民族のウイグル人蔑視を素直に伝える、マンガ『中国のヤバい正体』がかなり残念だった件

2013年11月01日

■漢民族のウイグル人蔑視を素直に伝える、マンガ『中国のヤバい正体』がかなり残念だった件■

中国のヤバい正体 (フリンジブックス)

■マンガ『中国のやばい正体』のやばい正体


「中国人漫画家、命懸けの告発」的な触れ込みで一部で話題のマンガ『中国のヤバい正体』がかなり残念な内容だった。

アマゾンのレビューを見ると、「こんなこと書いても大丈夫かよ」と心配している人がいるが、心配ご無用。食品安全問題をはじめ、同書がとりあげているネタのほとんどが中国メディアで報じられて明らかになったこと。日本でもレコードチャイナ、サーチナなどのニュースメディアで報じられたネタが大半だ。正直、情報を得るためならばそうしたサイトを読んだほうが手っ取り早い。本書の“売り”は中国人が書いたという以上のものはないと思われる。

しかも著者は中国人であっても中国問題のプロパーではなく、メディアの誤報やネットが針小棒大に曲解した情報を鵜呑みにしている。

例えば「中国のマクドナルドはたった45日間で成長したブロイラーを使っているっ!危ない。その業者が摘発された!」という話。45日で成長するブロイラーは日本など他国でも出回っている。そうした飼育方法を問題視するのはいいが、何も中国だけの問題ではない。なお業者が摘発されたのは抗生物質の不正利用だった。

そしてあまりの無知っぷりに爆笑させられたのは、以下の部分。

「山西省などの貧困地域では……洞窟で暮らす人たちがいる!もはや国家にとってはゴミ屑です!」

それは洞窟じゃなくて、ヤオトンと呼ばれる伝統的住居です。

Cave homes in the wall / 城墙里的窑洞
Cave homes in the wall / 城墙里的窑洞 / caitriana



■あふれかえるウイグル人蔑視

そんな残念感あふれる本書だが、ぜひ一読をお勧めした部分もある。それは漢民族のウイグル人に対する蔑視を素直に伝えている部分だ。主人公と友人が街を歩いているとウイグル人の切糕売りに出くわすというシーンでのこと。一部セリフを紹介する。
(切糕とそれにまつわる事件についてはこちらの記事を参照のこと)

主人公「あ、ウイグル族人(原文ママ)……ヤバい、目をそらさなきゃ」

友人「あいつら一人っ子政策が適用されてないんだよな。あんな民族たくさん増やすなよな」

主人公「おい、気をつけろ。あいつら羊殺しの刃物持ってるから刺されるぞ」

説明「日本人は漢族がウイグル族人(原文ママ)を虐待していると思うかもしれない。でも現実の民衆レベルの生活では逆。僕ら民衆はウイグル族人(原文ママ)を恐れていた。

ウイグル族人(原文ママ)は盗み、ひったくり、殺人などやりたい放題。政府も彼らに引け目があるからか、彼らの犯罪はろくに取り締まらない。路上の無許可商売も黙認状態だ。

ぼったくりも日常茶飯事。客が拒否したら無理やり支払わせる。

ウイグル地区内では2009年に192人が死亡するウイグル騒乱が勃発。それ以降も頻繁に暴動を起こしている。ただ国内メディアではあまり報道されていない。」

あふれる蔑視にくらくらする。しかも政府はウイグル人を守っている、犯罪も取り締まらない。暴動を報じないのもウイグル人を守るためというわけだ。


■天安門車両突入事件、蔑視を強める“燃料”に

このあふれんばかりの蔑視については記事「「卵」と「卵」のいがみ合い=民族差別に出口はあるのか?」で私の考えは書いた。2009年の衝突の発端となった、広東省の玩具工場での衝突事件をとりあげたものだ。

中国政府による出稼ぎ奨励策により数百人のウイグル人が広東省の玩具工場で働いていた。しかし蔑視は解消するどころか高まるばかりで、「ウイグル人が漢民族女性に性的暴行をした」などの噂が広がり、衝突へと発展したのだった。

先日、天安門車両突入事件が起きた。当局発表によると容疑者はウイグル人で、独立派によるテロという見方を示唆している。おそらく、この事件もまたウイグル人蔑視の一つの口実となるのだろう。
(参考記事:「北京でウイグル族に偏見 広がり懸念」NHK NEWS WEB)

関連記事:
<ウルムチ騒乱>「卵」と「卵」のいがみ合い=民族差別に出口はあるのか?
少女が殺された?コルラ市の殺人事件で広がるウイグル人への憎悪―中国
チベット・ウイグルのネット世論を観測せよ=ITで進化する中国の監視社会
茶番ハイジャック事件の超茶番的その後=英雄にマンションと高級車をプレゼント―中国
「もともとペットと人の関係だった」チベット事件が暴いた偽りの愛情―チベットNOW


トップページへ

トラックバックURL

コメント一覧

    • 1. Chongov
    • 2013年11月02日 05:10
    • 私もウイグル族は怖いを思うです。平和を愛するチベット人と違うんです、目には殺意が多い。

      日本人の在日朝鮮人への評価と同じレベルだろう。
    • 2. pleco
    • 2013年11月02日 22:26
    • 私はよく新疆にいきます。
      ウイグル人やカザフ人の友人も多いです。
      上海の露天串焼き屋として暮らすウイグル人の友人は漢民族の中に溶け込んで暮らしています。
      どうしたらこんな偏った考えの本が出版できてしまうのでしょうか。苦々しい思いのほかありません。
      確かにくるみケーキ売りの連中がきな臭いことも分かりますが、本書の内容を素直に受け取るamazonレビューを見て私も頭を殴られたような気持ちです。

      そもそも、中国は本書のように滅茶苦茶な国では無いのに、日本では中国を極端に描写するケースが多いのが非常に残念です。これは中国側の日本描写もそうですね。
      まだまだ日本も中国も、そんなしょうもない嘘でお金儲けできてしまう世の中なんですね。

      ウルムチは先日のテロの影響もなく、今のところ平和だそうです。大変痛ましい事件だっただけに影響が恐ろしいです。
    • 3. あ
    • 2013年11月02日 22:31
    • 低学歴がネットで情報を得るとどの国でも似たようななもんが
      できあがんだね
    • 4. chongov
    • 2013年11月03日 07:11
    • >plecoさんへ

      もちろんです。
      中日関係の悪化による両国右翼の相互批判は、誤解や敵意しか作れない。それは誠に悲しいことです。

      中国≠悪
      日本≠悪

      一方、韓国は知れば知るほど嫌い国です。
    • 5. Chinanews
    • 2013年11月04日 08:30
    • >Chongovさん
      この本のウイグル人がらみの記述で私が言いたかったのは、中国政府に批判的な人々も、ことウイグル人バッシングに関してはむき出しのヘイトを見せることが多いという中国の現状です。最近は日本でも在日韓国人を対象としたヘイトスピーチが多いので似ているように見えるかもしれませんが、しかし現実生活で、「あいつらはどろぼうばかりだ」などと他人に忠告するようなことは考えられないと思います。このマンガの著者は「親切」にも日本人にまで忠告しているわけで、ちょっとびっくりします。
    • 6. Chinanews
    • 2013年11月04日 08:38
    • >plecoさん
      先日の週刊文春の「猛毒米」報道など、中国絡みの報道で表現がエスカレートしているのは気になります。一方、中国側はというとネット掲示板などではとんでもない日本ヘイトが飛び出すことも多いのですが、中国メディア自体が独自の意見として日本を罵るという事例はあまり多くないようです。皮肉ですが、検閲が歯止めになっている部分が大きいのではないか、と。香港のような「自由」なメディア環境になると、もっと過熱するでしょうね。

      今回の事件ですが、対ウイグル人政策になんらかの調整が加えられることは必至でしょうね。負のスパイラルにならないことを祈っています。



    • 7. key
    • 2013年11月06日 14:00
    • 中華人民共和国におけるウイグル人と、日本における在日朝鮮人は、とても同一視できるものではないでしょう
      一方は、元々住んでいた自分たちの土地を侵略され、現在進行形でリアルな民族浄化や虐殺を受けている被害者
      もう一方は、他国に不法に入国したにもかかわらず被害者を装って権利を要求し、その国にいるどの民族よりも高い凶悪犯罪率を持つ加害者
      事情を知らない人がうわべだけ見れば同じように映るかもしれませんが、本質的に全く異なるものです
    • 8. さる
    • 2013年11月09日 11:08
    • Chongovさん、在日問題における日本人の感覚とは全く違うように感じます。ネットでは極端な言論があるにしろ、日本のリアル社会で在日朝鮮人は犯罪者だとか、怖いと言って民族そのものをまとめて叩く日本人がいれば、その人は「まとも」な人ではないと日本社会では思われます。
      関連記事やコメント類を読む限りでは、スペインやハンガリーにおけるロマの扱われ方の方に近いように思われます。
    • 9. a
    • 2013年12月04日 00:45
    • 中国は滅茶苦茶な国では無いのに、日本では中国を極端に描写するケースが多い、

      と言われても実際に中国関連のニュースは毎日のように想像を絶するような内容のものが飛び込んでくるんで
      誰も騙されないです

      世界中で映像が流された天安門事件も無かったことにされてる国で、
      ただ中国人というだけで「本当の中国を見て知っている」と言われても信用は皆無です。
      中国国内で起こった世界的大事件すらまったく知らないんですから。
    • 10. 774
    • 2014年10月09日 04:42
    • 遠まわしに・・・このサイトって
      中国を正当化するサイトっぽい(笑)

コメント欄を開く

ページのトップへ