• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

ベトナム人嫁をグルーポン系サイトで共同購入?!中国公安部も怒った光棍節の大騒ぎ

2013年11月12日

■ベトナム人嫁をグルーポン系サイトで共同購入?!中国公安部も怒った光棍節の大騒ぎ■

áo dài 2
áo dài 2 / Tùng Lycan

光棍節快楽!(メリー!光棍節)

11月11日は独身者のお祭り、光棍節。1990年代に南京の大学生の間で広まったと言われ、2000年代半ばからは中国全土でよく知られるようになった、ネット発の記念日です。光棍とは「樹皮を向いて作られた棍棒」のことで子孫を残せないので独身者を意味します。「1」を棍棒に見立てると11月11日は棍棒が4本並んでいるように見えるので、この日になったのだとか。
(光棍節の由来については「独身者集まれ!大盛り上がりの“光棍節”」日経ビジネスオンライン、2009年11月20日が詳しい)


■今年もバーゲンが絶好調

さて光棍節といえば、毎年話題となるのがネットの安売りです。まあ旧正月、バレンタイン、児童節、七夕、クリスマスなどともなくイベントごとがあるたびに安売りというのが中国ネットのパターンなのですが、その中でも光棍節は最大級のバーゲンシーズンとして定着しました。11月11日がピークなのですが、10月ごろから安売りのお知らせはばんばん流れていました。

今年もセールスは絶好調で、中国最大のEC企業アリババグループの電子決済サービス・アリペイ(支付宝)は11月11日の決済額が350億元(約5700億円)を突破したとのこと。昨年の191億元(約3110億円)から83%の増加です(ロイター中国)。

ちなみに光棍節以外でもECは好調。米調査機関Forrester Researchは、中国のEC市場は今年2900億ドル(約28兆8000億円)に達し、2600億ドル(約25兆8000億円)の米国と逆転すると予想しています(中国新聞網)。


■ベトナム人妻をグルーポン!

昨年は「知らないうちに自分のネットショップの商品が値引きされていた……(゚´Д`゚)」という強制バーゲンが話題となりました(関連記事)。

今年2013年の話題となったのは「ベトナム人花嫁を共同購入!」というネタです。日本だとあまり話をきかなくなった共同購入サイト、いわゆるグルーポン系サイトですが、中国では一時の狂乱ぶりはおさまり事業者数は激減したものの、ある程度定着した感があります。

その共同購入サイトの一つで「無料でベトナムにお見合い旅行にいける抽選イベント」が実施されましたところ、1万人以上の参加者を集めてしまいました。で、メディアが報道、公安部が「誘拐にあたる可能性もある」と警告する騒ぎに(21世紀網)。ちなみに旅行費は無料でもお見合い仲介・翻訳料金、お見合い成功時の仲介料はとられるというのがパターンなようです。

中国では男女の性別比が著しく偏って男が多くなっているほか、「マンションと車を持っていない男とは結婚しない!とかハードル高いし、性格きついし、中国の女子マジ怖い」という意識も広がっています。一方、ベトナム人女子はかわいい、やさしい、言うこときく、むだ遣いしない、マジ天使ということになっています。

というわけで、「農村に密入国のベトナム人女性が売られる、女性も子どもも戸籍がない黑孩子に」というのは以前からよくある話でしたが、最近では都市部の住民向けに「合法的」な結婚を斡旋すると称する業者が増えているようです。

このニュースを受けて、北京青年報がベトナム人との結婚仲介業者は詐欺が多いとの記事を出しているのですが、実例としてあげられている賀さんの話がなかなか香ばしいのでご紹介。


・1人目
ベトナムでお見合い。相手が決まってホテルでチューしたら、「DVされた」と相手に言われて破談になりました。料金戻らず。

・2人目
追加料金払って2回目のお見合い旅行。1カ月以上も滞在してじっくり探す。なおそのために仕事はやめたとのこと。ついに見つけた理想の女性と結婚した。ところが同居して20日が過ぎた後、妻は「父が病気したので帰国したい」と大騒ぎ。仕方なく帰国させると音信不通に。



■余談:アフターサービス充実の結婚仲介業

21世紀網が引用している広告ポスター。これは台湾の業者のようですが、あまりにすごい保証内容で以前話題になったものです。

20131111_写真_中国_光棍節_

ベトナム人のお嫁さんを紹介
20万台湾ドルでOK!
四大保証!
(1)処女を保証!
(2)3カ月以内の中国入国を保証!
(3)追加料金はありません!
(4)1年以内に逃げられたら、もう1人サービスします!

1年保証の充実のアフターサービスがひどすぎます。

関連記事:
モテなくても楽しけりゃいーじゃん!喪男・喪女の記念日「光棍節」を祝おう 
独身者のお祭り・光棍節のバーゲンセールがむごい!中国IT企業のブラックぶりをご紹介
今日は100年に1度の「スーパー独身者の祭り」=欲望渦巻く中国の記念日
【南シナ海問題】ベトナムの若者が抱く複雑な中国観―北京で考えたこと
「中国男との結婚が日本でブーム」大手ウェブメディアが3年前のコピペ記事で煽っている件


トップページへ

トラックバックURL

コメント欄を開く

ページのトップへ