• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

【動画】こんな楽しいお葬式ってありなの?死者送る台湾の美少女マーチングバンドが話題に

2013年12月08日

■こんな楽しいお葬式ってありなの?死者送る台湾の美少女マーチングバンドが話題に■


葬儀を盛り上げる台湾の美少女マーチングバンドがちょっとした話題となっているようです。

マーチングバンドで死者送るミニスカ美少女チームが話題―台湾
レコードチャイナ、2013年12月8日

2013年12月5日、中国新聞社によると、台湾で話題になっているアイドル風のミニスカ制服美少女チームがマーチングバンドの演奏で死者を送ってくれる葬儀を3日夜、英紙デイリー・メールが1面で大きく報道した。同美少女チームは台湾雲林県の「園榕生命礼儀社」の「秀娟楽団」。台湾メディアの報道によると、同楽団が棺桶の周りでマーチングバンドを演奏する様子を映した6分の動画がネット上で次々に転送され、話題に火が付いた。英国のネットユーザーからも「台湾の光」だと称賛する声が寄せられている。 

同楽団は郭淑娟(グオ・シュージュエン)団長(37)が結成して約6年になり、メンバーは16歳から30過ぎの女性15人。半数が90年代生まれで、主婦もいれば、今年から夜間高校の学生になったメンバーもいる。 

同社の責任者・呉俊栄(ウー・ジュンロン)さんは取材に対して、「同楽団と提携して数年になる。遺族が楽団の演奏を望む場合、郭団長に連絡する。ネット上で話題になっている動画も私が撮影したもの。雲林市は海に面しており、市民はにぎやかなことが好き。遺族はお金を払って楽団を呼び、演奏をしてもらうのはとても光栄なことで、にぎやかに死者を送ることができると考えている。少しずつ現地の伝統になり、今では当たり前のようになっている。中には楽団のメンバーが多いほうがいいと望む人もいる」と紹介している。 

こちらが話題となっている動画。確かにいい感じです。



中国本土だと、お葬式にアコーディオンやラッパを持った楽団がやってきて盛り上げてくれるというのはごく当たり前の風習。社会主義体制の影響なのかななどと勝手に考えていたのですが、台湾でもこの手の盛り上げはありなのかとちょっと驚きました。

日本でもお通夜は楽しく盛り上げなければ、などと言ったりしますが、これにはちょっと勝てないですね。

関連記事:
台湾鯛をおとしめた韓国の報道を許すな!台湾で抗議活動、韓流スターボイコットの呼びかけも
日本統治期台湾から日本占拠期台湾へ=日治と日拠、台湾版新しい歴史教科書
「台湾ナンバーワン歌手は日本人の末裔?」芸能人のウソ情報を500回RTされると懲役3年か、中国共産党のネット規制が驚きの展開に
台湾人初のテニス四大大会優勝と“日本人記者の悪意ある質問”(水彩画)
【漁船銃撃事件】デマ、捏造報道まで飛び出した台湾の反フィリピン世論の“盛り上がり”(メモ)


トップページへ

トラックバックURL

コメント一覧

    • 1. 名無しさん
    • 2013年12月08日 21:06
    • くっそワロタw
    • 2. 名無しちゃん
    • 2013年12月09日 08:04
    • アップで撮影するにはきびしい人もいるw
    • 3. 名無し君
    • 2013年12月09日 08:05
    • 曲のタイトルや意味がわかればもっとよかった
    • 4. しちやん
    • 2013年12月09日 22:28
    • 伍佰の「你是我的花朵」がこんなところで聞けるとは。。。

コメント欄を開く

ページのトップへ