• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

ベトナムメディアから見た「英雄」レコンビンがJリーグ移籍をあきらめた理由(いまじゅん)

2014年01月08日

■レコンビンはなぜ日本に行かなかったか?ベトナム側から見た移籍交渉の背景■


「東南アジア初のJリーガー」レコンビン。

2013年7月にJ2のコンサドーレ札幌に年末までの契約で加入。公式試合11試合に出場し4得点をあげる活躍を見せました。「東南アジア初のJリーガー」という色眼鏡を跳ね返すのに十分な活躍ですし、Jリーグの東南アジア展開の切り札としても期待されていました。2014年以降も日本でプレーして欲しいと熱望されてきましたが、7日、コンサドーレ札幌は獲得交渉断念を正式発表しました。

レコンビンとその残留交渉については日本メディアでも相当報道がありましたが、ベトナム側ではどのように報じられてきたのでしょうか?


■ベトナムでは年末時点で「日本移籍断念」と報道

ベトナムメディアは12月28日の時点で「レコンビンはソンラム・ゲアンに残留と正式決定」との速報がありました。その前々日、26日にベトナムのサッカー誌ウェブサイトでレコンビンのインタビューが掲載されていましたが、「札幌が(移籍金として)提示した24万ドルは、ソンラム・ゲアン・クラブとの契約でも来年日本でのプレーを許す条件を満たしてる。後は自分の決断次第」と発言。札幌行き決断とも取れそうなコメントをしていたので、日本移籍断念という結論には驚きました。

コンサドーレはそれから10日ほどが過ぎた1月7日に交渉断念を正式発表したのですが、年末年始だったからか、あるいは「小野伸二6月加入!」という代わりのビッグニュースとともに発表したかたったためなのかもしれません。


■日本に行けなかった理由とは?熱いサポーター、チーム事情、家族の問題

20140108_写真_ベトナム_レコンビン_1
*あまり人気がないベトナム国内リーグですが、タインホアやゲアン、ハイフォンといった地方チームには熱いサポーターが多い。Vリーグ観戦記はこちらからどうぞ。

日本では「レコンビンは日本でのプレーを希望しているが、クラブがそれを許さない」と報じられたこともあり、ベトナムでの所属クラブがいわば“悪者”扱いされていた印象もありましたが、ベトナム側の報道から見るとどうなのでしょうか?熱いサポーター、チーム事情、レコンビンの家族の問題という3点が挙げられます。

「ベトナムの英雄という触れ込みのレコンビンですが、実は2012年には代表メンバーから外れる、所属クラブ・ハノイFCのオーナーが逮捕されチームが消滅という苦境に立たされていました。「いよいよレコンビン時代も終わりか」というムードもあったのですが、2013年にSongLamNgheAn(ソンラム・ゲアン)に加盟して再び上昇基調に。

Vリーグ(ベトナムリーグ)そのものはあまり人気はないのですが、その中でもソンラム・ゲアンは熱狂的なサポーターが多いクラブとして有名。ベトナムの「浦和レッズ」とでもいうべき存在です。2013シーズン最終盤では優勝争いのライバルが負けるよう、わざわざ「逆応援」に出向いたサポーターもいたほど。

レコンビンはゲアンに所属するやいなや大活躍。ゲアン省出身の地元選手であり、2013年シーズンは13得点を挙げて得点王ランキング2位につけました。シーズン終盤での移籍がなければ得点王を取っていた可能性は相当高いでしょう。というわけで、レコンビン残留を求めるサポーターの圧力は相当大きかったでしょうし、そもそもコンサドーレへの短期移籍についても「優勝争いほっぽりだして行くなよ」と思っていた人も多いでしょう。

またソンラム・ゲアンのチーム事情としても、主力選手が次々と抜けるなか、来年度の戦力の見通しが立たない危機に立たされています。今シーズンのVリーグは1月11日開幕ともう目前です。来週の年末にも地元サッカー紙で「毎年優良外国人を獲得するソンラム・ゲアンだが、今年はまだ補強がない」と報道されていました。こ「レコンビン残留が最大の補強」という状況。Huu Thang監督が「レコンビン売るならオレも辞める」と発言したほどで、移籍金で合意したとしてもチーム事情的にはとても放出できる状況ではなかったのでしょう。

また家族の問題もありそうです。レコンビン自身、「家族と離れるのは辛い」と繰り返し発言しています。彼の奥さんは人気歌手のThuyTienさん。お仕事もあるだけに単身赴任は仕方がないところです。


■今夏に日本再チャレンジか?

もっともこれで終わりではないのではないでしょうか。

レコンビン自身が日本行きに未練を残す発言を繰り返しています。Vリーグは1月11日に開幕、8月24日に閉幕します。その後ならばソンラム・ゲアンが手放す可能性は十分ありそうですし、コンサドーレ札幌も移籍金なしのフリー獲得できるのではないでしょうか。

「英雄」レコンビンがラストシーズンでしっかりとベトナムでの貢献を果たし、その上で日本に再チャレンジ。となれば一番いいのではというのが筆者の偽らざる気持ちです。

関連記事:
安倍首相参拝に対するベトナム人の反応=「ファシスト日本」と歴史的バランス感覚(いまじゅん)
習近平の汚職対策はすばらしい!社会主義仲間・ベトナムの評価(いまじゅん)
50万ドル横領で死刑、厳罰は一罰百戒のいけにえなのか?―ベトナム(いまじゅん)
ベトナム人嫁をグルーポン系サイトで共同購入?!中国公安部も怒った光棍節の大騒ぎ
中国軍艦がベトナム漁船に発砲=尖閣対立の裏で深まる南シナ海問題
【南シナ海問題】ベトナム人が語る中越関係=尖閣諸島から南沙諸島へ―北京で考えたこと
【中国農業コラム】「中国人は恨み深い民族だ」=ベトナム人が語る中国人像
なぜか日本では報じられないベトナムのHmong族暴動=最大5000人が参加か―北京で考えたこと
【中越対立】ベトナムが「突っ張る」理由=国内事情から読み解く―北京で考えたこと

*本記事はブログ「ハノイで考えたこと」の2013年12月27日付記事を、許可を得て転載したものです。

トラックバックURL

コメント一覧

    • 1. 名無し
    • 2014年01月09日 17:06
    • 成功しただけにまた日本でプレーして欲しいですね
      特にプレーオフがかかった最終戦、ビンをスタメンで出しておけば…
      という書き込みは散見されました
    • 2. いまじゅん
    • 2014年01月11日 19:56
    • 名無しさん>

      作者です。最終戦のレコンビンのフリーキックは本当に惜しかったですよねえ。あれが入ってプレーオフに入っていたらこの展開はどうなっていたことか・・・。

コメント欄を開く

ページのトップへ