• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

「日本にもニセモノはあったんだ!」佐村河内守氏のゴーストライター疑惑に関する中国人の反応(迷路人)

2014年02月08日

■ニセモノ大国の人々は佐村河内事件をどう見たか? 中国ネット民の反応■
 


現在、世情を騒がせている「全聾」の天才作曲家・佐村河内守氏のゴーストライター事件。既に週刊誌やテレビで盛んに報じられているので多くの説明は要るまいが、ここで気になるのは海外の反応だ。

世界に冠たるニセモノ大国・中国のネット民たちは事件をどう見たか。新浪微博(Sina weibo)の娯楽アカウント「@新浪娯楽」に寄せられた声を以下に紹介するとしよう。


――――――――――――――――――――――

20140208_写真_中国_河内守_


@新浪娯楽 2月6日 16:04
【“日本のベートーベン”ゴーストライター雇用を認める】
日本の作曲家・佐村河内守氏は聴力を失ってもなお創作を続け、“日本のベートーベン”の称号を得るに至っている。だが5日、同氏はその大多数の代表的作品はゴーストライターによるものと認めた。


--湖北省武漢♀ (2月6日 16:05)
これはひどい。


--オーストラリア華僑♀ (2月6日 16:06)
リーガル・ハイでやれ。

※『リーガル・ハイ』第二話で似たエピソードがある。指摘する中国ネット民多数。リーガル・ハイ公式サイト


--広東省スワトウ♀ (2月6日 16:07)
ちゃんと本人が認めたのはえらくない?


--広東省中山♂ (2月6日 16:12)
日本製品にもニセモノがあるのか……。


--不明♀  (2月6日 16:18)
日本も韓国も民度変わらないなあw


--河北省石家荘♀ (2月6日 16:19)
世の中ニセモノばっかりだよ。やれやれ。


--広東省シンセン♂  (2月6日 16:20)
いや、けどさ。昔は情報が乏しかったわけだし、ぶっちゃけ本家のベートーベンもゴースト使ってたかもしれんだろ。ただ当時はマスコミが騒がなかっただけで。


--山東省♂ (2月6日 16:20)
この人はわれわれ中国人から悪さを学んでしまったのであろうか。


--不明♂  (2月6日 16:32)
どうでもいいけど、芸術家ってなんでこういう髪型にするんだろな。


--広東省シンセン♀  (2月6日 17:16)
やっぱりリーガル・ハイの話に似てるよね。

--広西チワン族自治区北海♀ (2月6日 17:32)
コナンでもこの手の話って多くない?


--不明♂ (2月6日 17:37)
縁の下でずっとゴーストやってた奴を尊敬する。真のヒーローは君だ。


--雲南省昆明♀ (2月6日 17:38)
日本人は息をするように嘘をつく。


--江蘇省淮安♂  (2月6日 17:40)
むしろ本人が認めたのは偉いだろ?


--湖北省荆州♀ (2月6日 18:26)
中国の韓寒(注.若手人気作家)は、
どれだけ突っ込まれてもゴースト認めなくて、ドヤ顔だったりするわけじゃん?
カネのためには尊厳とかないんだろう。
同じゴースト事件でも、これが中国と日本の違い。


※韓寒氏のゴースト疑惑について参考記事⇒新春の話題を総なめ? 若手カリスマ作家韓寒の代筆疑惑をめぐる「仁義なき戦い」


--北京♂ (2月6日 19:11)
うちの国の場合だと永遠にゴースト認めないからなあ……。


--上海♀ (2月6日 19:35)
韓寒よりは全然マシ。


--広東省広州♀ (2月6日 19:57)
みんな、韓寒のことばかり言うのやめようよ。……
郭敬明の方が妥当なとこでしょ?


※郭敬明は韓寒と同じく中国の若手人気作家。著作の多数に日本のマンガや同人ゲーのパクリ疑惑がある ⇒参考記事


<↓別のアカウント「@新浪体育」の同話題の記事から>
--浙江省舟山♂ (2月7日 11:50)
ぶっちゃけ、毛沢東の著作もゴーストが書いてるわけだが。


――――――――――――――――――――――

上記では重複するコメントは省いているが、中国人の反応を要約すると

・『リーガル・ハイ』っぽい
・中国の韓寒と比べて佐村河内はゴーストを認めただけエライ
・日本にもニセモノはあったんだ
・本文読んでないけど日本の話題はうざいので氏ぬべきである。
の4種類にまとめられそうだ。

特にリーガル・ハイを挙げる声は多い。中国人はどんだけリーガル・ハイ好きなんだと思わせる一連の反応であった。

ところで「認めたからエライ」の反応が多いのは、ある意味で中国ならではなのかもしれない。日本の場合、こうした事態の際にはとりあえず謝罪するくのが正しい広報戦術として定着しているわけだが、中国の場合は、極力粘って(どれだけ無理筋でも)言い訳を主張するのが鉄板の対応。なので、疑惑の当事者がすんなり謝る姿は新鮮に映るらしい。

ほか、「日本にもニセモノがあったんかい!」という反応の裏側にある、ぼんやりした信頼感も素晴らしい。日本でもエッチなビデオのパッケージ詐欺とか、ウソとニセモノはあふれているんだよ、と伝えてあげたい気持ちでいっぱいになる。

関連記事: 
「中国の村上春樹」はパクリ疑惑の帝王=イケメン中国人ラノベ作家・郭敬明をご紹介
中国イケメン・ラノベ作家の愛国声明が話題に=胎動する「カッコワルクナイ愛国」
ニセモノ天国・中国で本物のフィギュアを買うにはどうすればいいの?中国人オタクの議論(百元)
日本製粉ミルクの空き缶を高値買い取り=ニセモノ作りに利用か―中国
ウィスパーやソフィ、女性用ナプキンのニセモノ製造企業を摘発=生産能力過剰という中国の病
【至高の偽物】「血燕の巣」は地球上に存在しない?!驚愕のニセモノ術―中国

執筆者:安田峰俊(やすだみねとし)
1982年滋賀県生まれ。ノンフィクション作家。多摩大学経営情報学部講師。2008年~2012年まで「迷路人」のハンドルネームで中国のネット掲示板翻訳ブログ『大陸浪人のススメ』を運営、2010年に中国のネット事情に取材した『中国人の本音』(講談社)で書籍デビュー。ほか『独裁者の教養』(星海社新書)、『中国・電脳大国の嘘』(文藝春秋)など。近著に『和僑』(角川書店)。アマゾン著者サイト

forrow me on twitter

トップページへ

トラックバックURL

トラックバック一覧

  1. 1. ここは酷いはまゆう大橋ですね

    • [障害報告@webry]
    • 2014年02月15日 01:30
    • 中日新聞:はまゆう大橋 利用予測の2割:静岡(CHUNICHI Web) http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20140209/CK2014020902000165.html 長大な道路計画で川の所だけ先行開通して その橋は当分の間はあんま使われないってのはままあるな いちばんの最たる例は名港ト

コメント一覧

    • 1. 三十にして勃たず
    • 2014年02月08日 21:59
    • ぶっちゃけ、日本に帰化して嫌中本や嫌韓本を多数出版している元中国人や元韓国人のあの方々も、書いているのはゴーストライターであることを確信しています。

      日本語とその構成が滑らか過ぎる。

      まあでもゴーストライターがいなかったら、面白いネタはあるけど読むに耐える文章は書けない人ばかりになって、日本の書籍文化は崩壊すると思いますけどね。

      今後希少価値を持つのは、ネタ元ではなく、もちろんリライトしかできない人でもなく、プロデューサーができる人でしょう、今回の詐欺師の件はともかく。
    • 2. takurou
    • 2014年02月08日 22:06
    • いや・・・あのね、パクリじゃないんだよ・・。
    • 3. もう一つのウソとの関連もありそう
    • 2014年02月08日 23:00
    • 「代作」というウソは内部の関係者ががっちり証拠を揃えて告発しないと赤の他人には白黒を判定しにくいものだ
      そういうウソの質を考えると、謝るのがずいぶん早かった感がたしかにあるな(というか話題になったときにはすでに謝っていた)

      ただこの人には「耳が聞こえない」という比較的他人にバレやすいウソをついている疑惑もあるから、その辺の事情があるから早々の幕引きを計る展開になりやすかったのかな、と思う

コメント欄を開く

ページのトップへ