• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

中越戦争、熱いメディアと冷淡な教科書=ベトナムの「歴史教科書問題」(いまじゅん)

2014年02月18日

■叫ぶメディアと黙る教科書…中越戦争35周年とベトナムの「歴史教科書問題」■
 


20140217_写真_ベトナム_中越戦争_1
*16日TuoiTre紙一面。幼い兄弟をおぶって戦火を逃げる少女。

■ベトナム人の心に影落とす中越戦争

2014年2月17日、1979年に中越戦争が勃発から35周年の記念日です。

中越戦争ですが、日本では鄧小平がベトナムを「懲罰する」と称して始めた戦争だと知られています。戦争は約1か月と限定的ではありましたが、戦後、ベトナム北部各省は中国に対する「国防」が最優先事項となり、経済発展に必要な投資が滞るなど大きな影響がありました。

フランスやアメリカと戦ったベトナム戦争とは違う形で尾を引く戦いであり、現在に至ってもベトナム人の心に大きな影を落としています。35周年の記念日を迎えた今、ベトナムでこの戦争がどう語られているか、そして何が語られていないかについて取り上げます。


■叫ぶメディア:政府の代わりに中越戦争の意義訴える

「中国に対して警戒心たっぷり」「中国嫌い」などと良く言われるベトナム、中国の「侵略」を「撃退」したこういった記念日はさぞ広く祝われているのだろうと思われるかもしれませんが、ことはそう簡単でもありません。

基本的に中越戦争はセンシティブな問題として扱われています。16日日曜日に反中デモがあったというニュースがありましたが、あくまで小規模な範囲の中で許されているものです。

しかし、ベトナムのメディアはかなり飛ばしています。比較的ストレートな物言いで知られるTuoiTre紙の16日紙面には、戦火を逃げる幼い姉妹の写真を大きく掲載。同戦争の後世への伝え方、教科書での扱いに関する歴史家へのインタビュー記事を載せました。

記念日当日の17日の紙面はなぜか大人しかったのですが、一方でネットメディアは今日もガチで中越戦争を扱う記事が多数。防衛戦の意義を訴えたり、参加した人々のインタビューを掲載したり。公式行事で顕彰しない政府に対する不満が透けてみえるような報道っぷりです。

ベトナムエクスプレスなどは中国軍が侵入したベトナム北部国境6箇所のポイントを地図上に表し、各ポイントでの戦況を解説するページまで作っています。ビジュアル的にもかなりのわかり易さです。


■黙る教科書:ベトナムの歴史教科書は中越戦争をどう語っているか?

メディアとは対照的なのが学校の歴史教科書。政府公式見解という意味合いもあるため大変微妙です。本屋に行ってベトナムの歴史教科書をチェックしてみました。現代史まできちんと網羅しているのは「12年生」、つまり高校3年生の教科書ですが、中越戦争に関しては全く触れられていません。中越戦争に関しては僅か1パラグラフだけで、その戦後への影響に比べると記述は非常に少ないものです。
 
中越戦争のみならず、ベトナム戦争戦勝後の記述は現代における国家建設、経済発展がほとんどで、外交マターはほとんど触れられていないのです。メディアがこれほど取り上げているにもかかわらず、中越戦争は公式にはベトナムの学校では教えられていない公式には学校ではほとんど扱われない話なのです。

ただもうちょっとマニアックに見ていくと、同じ棚に12年生用歴史教科書の「詳細版」がありました。普通の教科書がいわゆる「必修」という位置づけに対し、詳細版はより深く知りたい学生向けの自習用「参考書」という位置づけです。こちらにはわずか1パラグラフですが、以下のように中越戦争についての記述がありました。

「カンボジアにおけるポルポト政権の反ベトナム政策に対し、一部の中国指導者は支持を示した。彼らは国境地域を煽動する、いわゆる「華僑迫害」(*)問題の濫用、支援の停止、(中国人)専門家の帰国など、ベトナムを困難に陥れ両国の友好関係に傷をつけるような行動を取った。更に深刻なのは、1979年2月17日、中国は32師団を投入し、ベトナム北部国境をモンカイからフォントーまで1千キロを超える国境線で攻撃を仕掛けてきた。祖国を守るため、我が軍隊、特に国境6省の辺境防衛軍は勇敢に戦った。同年3月18日までに中国はその軍隊を引き上げた。」
(*)ベトナム戦争後、中越関係悪化に伴い、ベトナム政府が国内華人に対し締め付けを強めた問題)


■戦争の事実を隠さないで欲しい……歴史学者

歴史学者のDương Trung QuốcはVNexpressのインタビューに次のように答えています。

中越戦争は「侵略戦争に抵抗した歴史であり誇り」で、「抗仏、抗米のベトナム戦争を展示したホーチミン市の戦争証跡博物館は国内外の観光客を呼んでいるのに、なぜ1979年の中国との戦争は例外になるのか?」と疑念を呈しました。そして「歴史学者は教科書が戦争の歴史事実を隠さないようにしてほしいと願っているし、それと同時に民族間、国家間の敵対心をやたらに刺激して欲しくないとも思っている」と語っています。

上記の必修教科書と「参考版」教科書じゃないですが、ベトナム政府の方針も有り「載せたいが載せられないもっと書きたいが書けない」という微妙なバランスが読み取れるようで、また「どう載せていいか結論がでない」という苦悩も垣間見れて、非常に考えさせられます。

(ちなみにですが、彼の名前の「Trung Quốc」は正にベトナム語で「中国」という意味。恐らく60歳前後の彼が生まれた頃には、子供に「中国」と名を付けられるほど、親密な関係の頃もあったわけですね。)

20140217_写真_ベトナム_中越戦争_2
*ベトナム側の中越国境にて、両国友好を描いたもの。このように共に歴史を語るにはまだ時間がかかりそう…。


■中国からの圧力なのか、愛国主義コントロールの問題か?

この戦争をどう扱うか、特に歴史教科書でどう扱うかは、当然中国との外交問題にも配慮しているでしょう。35周年に関しても「中国が記念行事を行わないようベトナムに圧力をかけている」という噂も流れました。

BBC Vietnameseではオレゴン大学にいるベトナム人研究者の意見として「圧力の有無はわからないが、ベトナム政府が中国に配慮して、或いは自国の中国に対する民族主義が高まり過ぎないように抑えているのは確か」と語っています。

中国からのプレッシャーというのは想像されるところですが、民族主義の高まりが制御できなくなるのではとの懸念は興味深い。愛国主義を認めつつも、過剰な高まりを警戒して時に反日デモを抑えにかかる中国政府を想起させます。

周りのベトナム人に聞くと、皆が知っているこの中国との戦いの歴史。結局教科書ではほとんど触れられていなくてもには載っていなくても、先生たちが自らの体験談などで教えてくれたと言います。ましてや、近年の中越間の領土問題などをきっかけに、ネットを少し紐解けば当然この時期の戦争にも行き当たり、その事実を隠すことはできないはず。

それでも教科書にはまだ多くを書けないという状況には、隣国間のパワーバランス、そして今もリアルに存在する中国との領土問題など、この歴史上の事実と現実とのあまりの距離の近さが強く関係しているのでしょう。

昨年末には西沙、南沙諸島の問題は教科書で取り上げるべきとズン首相が指示したとの報道もありましたが、中越戦争に関しては明言されていません。この戦争がベトナム歴史教科書で詳述される日はいつになるのでしょうか。

*2014年2月18日追記:
記事内容を一部訂正しました。当初、中越戦争に関する記述は一切ないと記述していましたが、再度確認したところ、1パラグラフだけですが簡単な説明があったためです。またタイトルも原題「中越戦争は教科書に載っていない……ベトナムの「歴史教科書問題」(いまじゅん)」から改題しました。

記事中でも取り上げていますが、ベトナムメディアに歴史教科書に掲載されていないとの報道があったこともあり見落としました。ただしベトナム政府が積極的に取り上げようとしないこと、国を守る防衛戦として積極的な顕彰をしないことは確かで、教科書の記述もごくごく冷淡なものにとどまっていることは確かであり、メディアとの軋轢、中国の圧力と民族主義の高まりを恐れるベトナム政府の思惑という大筋は間違いないと考えております。

ご迷惑をおかけしたことおわび申し上げます。 
 
関連記事:
中越関係に突然のきな臭さ、関係悪化を招いた3つの伏線と2つの地雷(いまじゅん)
【中国農業コラム】「中国人は恨み深い民族だ」=ベトナム人が語る中国人像
【中越対立】ベトナムが「突っ張る」理由=国内事情から読み解く―北京で考えたこと
中国VSベトナム、サイバー戦争が開戦=政府関係サイトがすでに陥落
【南シナ海問題】ベトナム人が語る中越関係=尖閣諸島から南沙諸島へ―北京で考えたこと
【南シナ海問題】ベトナムの若者が抱く複雑な中国観―北京で考えたこと

*本記事はブログ「ハノイで考えたこと」の2014年2月17日付記事を、許可を得て転載したものです。

トラックバックURL

トラックバック一覧

  1. 1. 中国人民解放軍の内幕 2/3~後回しにされ続けた中国海軍

    • [投資一族のブログ]
    • 2014年09月10日 21:11
    • 1950年朝鮮戦争、中国軍の死者数は米軍のおよそ10倍。アメリカ軍の空軍力のすさまじさ。まずは空軍力の強化。 中国は経済や軍事技術の分野で、兄貴分・ソ連に大きく依存してきたが、その関係が急速に悪化し、1959年にソ連は、中ソ新技術協定の破棄を中国側に通告。 1989年天

コメント一覧

    • 1. あじ
    • 2014年02月18日 15:12
    • 中国の教科書では中国が勝ったことになっている戦争でしたっけ?
      実際は負けた事を中国国民に知られるのが怖いとか?
    • 2. ななし
    • 2014年02月18日 18:41
    • 「朝鮮戦争で自国民を数十万人もを虐殺しておきながらそれを隠して日本を批判する李承晩政権を現代にまで引き継ぐ」教科書もある訳で。
    • 3. Chinanews
    • 2014年02月24日 00:31
    • >あじさん
      遅レスすいません。
      教科書というか、中国では1989年当時に勝利を宣言して撤退しているという……。対ベトナム自衛反撃戦争というすごい名前もありますしね。

      とはいえ、甚大な被害を被ったことなどはすでにメディアにのせていいみたいなんですが、教科書的にはまだ公的立場を変えていないかもしれません。
    • 4. k
    • 2014年10月02日 13:22
    • ベトナムは全然言ったくない、、、結果まだ分からないか?

コメント欄を開く

ページのトップへ