• お問い合わせ
  • RSSを購読
  • TwitterでFollow

【小ネタ】「新学期だるい、よーしこうなったら学校を……」に新ネタ=怪しい儲け話が本当だった件―中国

2014年02月20日

■【小ネタ】「新学期だるい、よーしこうなったら学校を……」に新ネタ=怪しい儲け話が本当だった件―中国■


20140220_写真_中国_PS_

■定番の新学期阻止ネタに新技

「夏休みも終わりなのに宿題が終わってないよ~」

学校を燃やして新学期阻止。

っていうのはギャグマンガでよくあるパターンなような気がしますが、中国の高校生が新技を開発したようです。2014年2月20日、華西都市報が伝えました。

その新技とは上述の写真。「校長先生が東莞市で買春して逮捕された」とのテレビニュースの場面をコラージュで作成。ネットにばらまくというもの。まあ本当に新学期が遅れると思っていたというよりは、ちょっとしたイタズラ心を発揮したというところだったようですが、事態は思わぬ展開に発展します。

というのも現在、「性の都」東莞市では取り締まり大キャンペーンが大々的に推進されている最中で誰が捕まってもおかしくありません。加えて昨年には「校長先生、女子児童6人をホテルに連れ込む事件」が起き、その後教員によるその手の不祥事が次々と発覚しています。

あってもおかしくない、と思うには十分な状況だったわけです。かくしてSNSを通じてコラージュ画像は激しく拡散され大変な騒ぎとなっています。

イタズラした生徒はこんな大事になるとはと反省しているとのこと。学校側は「ちょっと内向的ですが普通の子なのですが……」とコメントしつつ、騒ぎが収まってから「教育と対処」をするとのこと。怖い。


■うまい儲け話が本当だった?!

さて、このニュースを伝える華西都市報記事なのですが、最後に「中年男子が画像加工でおじいさんに変身、偽証明書で保険金3万元をだまし取る」という関連記事を載せています。画像加工つながりということなんですが、正直こっちの事件のほうがよっぽど面白い。

南充市で働く出稼ぎ農民の劉さん。ある友人がこんなステキな話を持ちかけてきました。「うちの会社は従業員に年金を買ってあげているんだけど、枠が二つあいているんや。あと2年払えば満期になって60歳から年金がもらえるようになるんやで。」

劉さんはこの儲け話に乗っかることに。しかし彼はまだ37歳という若さ。年金がもらえるのはまだまだ先です。そこで思いついたのがニセモノになりすますこと。故郷の村に住む58歳の親戚を騙して戸籍簿を入手。それと画像加工で、シワと白髪をくっつけて老人になりすました自分の写真を使って身分証明書を作成。うまいこと年金をもらうことに成功します。

2014年初頭、その親戚が自分の年金をもらおうとしたところで問題が発覚し御用となりました。なお偽身分証を作ったりでかかったお金は6万元弱。逮捕までにもらった年金は3万元で差し引き3万元弱の赤字となったそうです。なお支給額は月800元だったそうで、あと3年は逃げないと元本が回収できなかった計算になります。残念。

このニュース面白いのは、「2年掛け金払っただけで年金もらえる」というどう考えても詐欺っぽい儲け話が本当だった、というところでしょう。途中退社した人の年金かけ分を劉さんに付け替えたとか、ブラックな臭いがぷんぷんするのですが、記事ではそこに一切触れられず。画像加工とかそこはどうでもいいでしょ。

関連記事:
合成エロ写真恐喝組織撲滅の人民戦争が始まった=フォトショップ・マフィアという地場産業―中国
【尖閣・小ネタ】保釣人士の英雄的行為をアモイ商報がフォトショップしちゃった件
空飛ぶアンゴラ人が出現?!大企業ウェブサイトがダメ合成写真掲載で炎上―中国
【写真】またまた出現!空中浮遊する中国官僚―河南省
【中国斜め読み】反日デモ、笑える写真をピックアップ=腐女子も絶句?!ジャッキー・チェンがイケメンと熱いキス(ujc)


トップページへ

コメント欄を開く

ページのトップへ